Windows Update Web サイト、Microsoft Update Web サイト、または WSUS を使用して更新プログラムをインストールときにエラー 0x80240020が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910341 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows Update Web サイト、Microsoft Update Web サイト、または Microsoft Windows Server Updates Services (WSUS) サーバーから更新プログラムをダウンロードする際に表示されることがあるエラー メッセージのトラブルシューティングを行う方法について説明します。 「解決方法」には、Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows Server 2003、および Microsoft Windows XP でこの問題のトラブルシューティングを行う手順が記載されています。 この資料には「回避策」も記載されています。 「解決方法」の手順を実行しても問題が解決されない場合は、「回避策」の手順を実行できます。

現象

Microsoft Windows Update Web サイト、Microsoft Update Web サイト、または Windows Server Updates Services (WSUS) サーバーから更新プログラムをダウンロードしてインストールする際に、次のいずれか、または両方のエラー メッセージが表示されることがあります。
0x800704DD
0x80240020

原因

この問題は、自動更新サービスがログオン ユーザーの権限を借用できないために、更新プログラムのダウンロードおよびインストールを完了できない場合に発生します。

解決方法

Windows 2000 を実行しているコンピュータの場合、この問題を解決するには「方法 A」の手順を実行します。 Windows Server 2000 または Windows XP を実行しているコンピュータの場合、この問題を解決するには「方法 B」の手順を実行します。

方法 A : Windows 2000

手順 1 : ローカルの Administrators グループのメンバであるユーザーとしてログオンして Microsoft Internet Explorer を実行する

  1. ローカルの Administrators グループのメンバであるユーザーとしてログオンします。
  2. [Internet Explorer] アイコンを Shift キーを押しながら右クリックし、[別のユーザーとして実行] をクリックし、ローカルの Administrators グループのメンバであるユーザーとしてプログラムを実行します。
  3. Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスするか、WSUS サーバーに接続します。

手順 2 : Microsoft ネットワーク用クライアントがインストールされていることを確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。ncpa.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. ネットワーク アダプタに関連付けられているローカル エリア接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [チェック マークがオンになっているコンポーネントがこの接続で使用されています] ボックスの一覧に [Microsoft ネットワーク用クライアント] が表示されていることを確認します。 [Microsoft ネットワーク用クライアント] の横に表示されているチェック ボックスがオンになっていることを確認します。 [チェック マークがオンになっているコンポーネントがこの接続で使用されています] ボックスの一覧に [Microsoft ネットワーク用クライアント] が表示されていない場合は、以下の手順を実行します。
    1. [インストール] をクリックし、[クライアント] をクリックして、[追加] をクリックします。
    2. [Microsoft ネットワーク用クライアント] をクリックし、[OK] をクリックして、[はい] をクリックします。

手順 3 : バックグラウンド インテリジェント転送サービスおよびシステム イベント通知サービスが開始されていることを確認する

: Windows 2000 では、バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) はシステム イベント通知サービス (SENS) に依存しています。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [名前] ボックスの一覧の [System Event Notification] をダブルクリックします。
  3. [スタートアップの種類] ボックスの一覧の [自動] をクリックします。
  4. [開始] をクリックし、サービスが開始するのを待ってから、[OK] をクリックします。
  5. バックグラウンド インテリジェント転送サービスに対しても、上記の手順 2. 〜 4. を繰り返します。

手順 4 : Windows 2000 Server のコンソール セッションにログオンする

: この手順は Windows 2000 Server にのみ適用されます。

: Windows 2000 では、バックグラウンド インテリジェント転送サービスはターミナル サービス セッションをサポートしていません。 バックグラウンド インテリジェント転送サービスがダウンロード ジョブの送信に使用できるのは、コンピュータの資格情報のみです。 ファイアウォールまたはプロキシでユーザーレベルの認証が必要な場合、ダウンロード ジョブは失敗します。
  1. コンピュータにローカルからログオンします。 ターミナル サービス セッションは使用しないでください。
  2. Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスするか、WSUS サーバーに接続します。

手順 5 : 以下のレジストリ エントリが存在することを確認する

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを編集する際には十分に注意してください。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、 問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。 バックアップおよび復元方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のサブキーを展開します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\Notify\SensLogn
  3. 以下のレジストリ エントリが存在することを確認します。
    元に戻す全体を表示する
    名前データの種類データの値
    AsynchronousDWORD00000001
    DLLName文字列WlNotify.dll
    ImpersonateDWORD00000001
    Lock文字列SensLockEvent
    Logoff文字列SensLogoffEvent
    Logon文字列SensLogonEvent
    MaxWaitDWORD00000258
    SafeDWORD00000001
    Shutdown文字列SensShutdownEvent
    StartScreenSaver文字列SensStartScreenSaverEvent
    StartShell文字列SensStartShellEvent
    Startup文字列SensStartupEvent
    StopScreenSaver文字列SensStopScreenSaverEvent
    Unlock文字列SensUnlockEvent
  4. 必要に応じて、レジストリ エントリを変更または追加します。

    たとえば、Shutdown レジストリ エントリの値を変更するには、以下の方法を使用します。
    1. [Shutdown] を右クリックし、[変更] をクリックします。
    2. [値のデータ] ボックスに SensShutdownEvent と入力して既存の値を上書きし、[OK] をクリックします。
    新しいレジストリ エントリを追加するには、以下の方法を使用します。
    1. 左側のウィンドウで、[SensLogn] をクリックします。
    2. [編集] をクリックし、[新規] をポイントし、追加する値の種類をクリックします。 たとえば、[DWORD 値] をクリックします。
    3. Impersonate と入力し、Enter キーを押します。
    4. [Impersonate] を右クリックし、[変更] をクリックします。
    5. [値のデータ] ボックスに 1 と入力し、[OK] をクリックします。
  5. レジストリを変更した場合は、コンピュータを再起動します。 その後、更新プログラムを再度ダウンロードしてインストールします。

方法 B : Windows Server 2003 および Windows XP

手順 1 : ローカルの Administrators グループのメンバであるユーザーとしてログオンして Internet Explorer を実行する

  1. ローカルの Administrators グループのメンバであるユーザーとしてログオンします。
  2. [Internet Explorer] アイコンを右クリックし、[別のユーザーとして実行] をクリックし、ローカルの Administrators グループのメンバであるユーザーとしてプログラムを実行します。
  3. Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスするか、WSUS サーバーに接続します。

手順 2 : 以下のレジストリ エントリが存在することを確認する

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを編集する際には十分に注意してください。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、 問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。 バックアップおよび復元方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを展開します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\Notify\SensLogn
  3. 以下のレジストリ エントリが存在することを確認します。
    元に戻す全体を表示する
    名前データの種類データの値
    AsynchronousDWORD00000001
    Disconnect文字列SensDisconnectEvent
    DLLName文字列WlNotify.dll
    ImpersonateDWORD00000001
    Lock文字列SensLockEvent
    Logoff文字列SensLogoffEvent
    Logon文字列SensLogonEvent
    MaxWaitDWORD00000258
    PostShell文字列SensPostShellEvent
    Reconnect文字列SensReconnectEvent
    SafeDWORD00000001
    Shutdown文字列SensShutdownEvent
    StartScreenSaver文字列SensStartScreenSaverEvent
    StartShell文字列SensStartShellEvent
    Startup文字列SensStartupEvent
    StopScreenSaver文字列SensStopScreenSaverEvent
    Unlock文字列SensUnlockEvent
  4. 必要に応じて、レジストリ エントリを変更または追加します。

    たとえば、Shutdown レジストリ エントリの値を変更するには、以下の方法を使用します。
    1. [Shutdown] を右クリックし、[修正] をクリックします。
    2. [値のデータ] ボックスに SensShutdownEvent と入力して既存の値を上書きし、[OK] をクリックします。
    新しいレジストリ エントリを追加するには、以下の方法を使用します。
    1. 左側のウィンドウで、[SensLogn] をクリックします。
    2. [編集] をクリックし、[新規] をポイントして、追加する値の種類をクリックします。 たとえば、[DWORD 値] をクリックします。
    3. Impersonate と入力し、Enter キーを押します。
    4. [Impersonate] を右クリックし、[修正] をクリックします。
    5. [値のデータ] ボックスに 1 と入力し、[OK] をクリックします。
  5. レジストリを変更した場合は、コンピュータを再起動します。 その後、更新プログラムを再度ダウンロードしてインストールします。
: 手順 3. の表にあるレジストリ サブキーおよび値は、Windows Server 2003 および Windows XP にのみ適用されます。 これらのレジストリ サブキーおよび値を、Windows Server 2003 ベースまたは Windows XP ベースのコンピュータから Windows 2000 ベースのコンピュータにインポートすることはできません。

回避策

この問題を回避するには、更新プログラムをダウンロードしてインストールするように自動更新を構成します。 これを行うには、以下の手順を実行します。

Windows 2000

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [自動更新] をダブルクリックします。
  3. [更新を自動的にダウンロードして、指定したスケジュールでインストールする] をクリックします。
  4. 更新プログラムをダウンロードしてインストールする曜日と時刻をクリックして選択し、[OK] をクリックします。

Windows XP

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [自動更新] をダブルクリックします。
  3. [自動 (推奨)] をクリックします。
  4. 更新プログラムをダウンロードしてインストールする曜日と時刻をクリックして選択し、[OK] をクリックします。

Windows Server 2003

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントします。
  2. [自動更新] をクリックします。
  3. 以下のチェック ボックスをオンにします。
    [コンピュータを常に最新の状態に保つ
    ほかの更新を適用する前に、Windows Update ソフトウェアが自動的に更新されることがあります。]
  4. [更新を自動的にダウンロードして、指定したスケジュールでインストールする] をクリックします。
  5. 更新プログラムをダウンロードしてインストールする曜日と時刻をクリックして選択し、[OK] をクリックします。
自動更新をスケジュールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
327838 Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 で自動更新をスケジュールする方法

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
902093 Windowsupdate.log ファイルの解釈

プロパティ

文書番号: 910341 - 最終更新日: 2009年5月21日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Update
  • Microsoft Windows Update
キーワード:?
kbtshoot kbprb KB910341
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com