累積的なセキュリティ更新プログラム 911567 (MS06-016) をインストールした後に Windows アドレス帳または Outlook Express を開くと、エラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 917288 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

セキュリティ情報 MS06-016 に記載されている累積的なセキュリティ更新プログラム 911567 をインストールした後に、Microsoft Outlook Express または Windows アドレス帳を開くと、エラー メッセージが表示されることがあります。

現象

セキュリティ情報 MS06-016 に記載されている Outlook Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム 911567 をインストールした後に、Outlook Express または Windows アドレス帳を開くと、以下の現象が発生することがあります。
  • 以下のようなエラー メッセージが表示される。
    アドレス帳を開けません。アドレス帳が正しくインストールされていない可能性があります。
  • Outlook Express または Windows アドレス帳を再インストールする必要があることを通知するエラー メッセージが表示される。
  • Outlook Express を開いたときに電子メールの受信はできるが、送信や返信ができない。

原因

ほとんどの場合、これらの現象はアドレス帳の破損が原因で発生します。古いバージョンの Outlook Express で作成したアドレス帳は、長期間経過すると破損することがあります。以前のバージョンの Outlook Express では破損が検出されず、アドレス帳の機能には影響しませんでした。累積的なセキュリティ更新プログラム 911567 をインストールした後は、各アドレス帳のファイルが破損していないかどうかが Outlook Express により検査されます。Outlook Express により破損が検出されると、エラー メッセージが表示されます。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. 累積的なセキュリティ更新プログラム 911567 をアンインストールします。この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。システム管理者は、Spuninst.exe ユーティリティを使用してこのセキュリティ更新プログラムを削除することもできます。

    ソフトウェア更新プログラムのアンインストール方法の詳細については、以下の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa373600.aspx
  2. 次のフォルダにある .wab ファイルをコピーします。
    C:\Documents and Settings\<user>\Application Data\Microsoft\Address Book\<user.wab>
    次のフォルダに、コピーしたファイルを貼り付けます。
    C:\Documents and Settings\<user>\Desktop\backup.wab
    : ここに記載されている <user> は、Microsoft Windows のユーザー名を示します。デスクトップに、<user>.wab ファイルが存在しないことを確認してください。
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  4. コマンド プロンプトで次の行を入力し、Enter キーを押します。
    Del "C:\Documents and Settings\<user>\Application Data\Microsoft\Address Book\<user>.wab"
  5. Outlook Express を起動します。
  6. [ツール] メニューの [アドレス帳] をクリックします。アドレス帳に連絡先が登録されていないことを確認します。
  7. [ファイル] メニューの [インポート] をポイントし、[アドレス帳] をクリックします。
  8. 次のフォルダにある backup.wab ファイルをインポートします。
    C:\Documents and Settings\<user>\Desktop
  9. Outlook Express 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。そのためには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://www.update.microsoft.com/windowsupdate/v6/default.aspx?ln=ja-jp
: .wab ファイルが複数存在する場合、現在ログオンしているユーザー名を変更します。ユーザー名が既定のユーザー名の場合、ファイルの名前は Default.wab です。

この変更を行った後、古い .wab ファイルに含まれているすべての連絡先を新しく作成したプロファイルにインポートします。.wab ファイルに含まれているすべての連絡先が新しいプロファイルにインポートされます。インポート中にはフォルダは認識されません。そのため、すべての連絡先がプロファイルにインポートされます。 共有グループが含まれている場合は、そのグループもプロファイルにインポートされます。

: この解決方法は、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) を実行しているコンピュータ上の Outlook Express 5.5 Service Pack 2 (SP2) には使用できません。 マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

: セキュリティ更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/current.aspx

プロパティ

文書番号: 917288 - 最終更新日: 2008年8月14日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 2000 Service Pack 1
    • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbresolve kbprb KB917288
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com