SQL Server 2005 で特定のデータベース保守操作や通常のトランザクション操作を実行する後に、クエリ パフォーマンスの低下が発生する可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 917828 - 対象製品
# をバグ: 329155 (SQLBUDT)
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2005 で特定のデータベース保守操作や通常のトランザクション操作を実行した後にクエリのパフォーマンスが低下を発生あります。 たとえばが低下する突然クエリのパフォーマンス データベースのバックアップを復元した後。

SQL Server 2005 Service Pack 2 で始まる、わかります、SQL Server エラー ログで次のようなメッセージこの問題が発生した場合。
2006 年 10 月 15 日 06:03:29.330 spid59 SQL しましたフラッシュ cachestore の 4 件いくつかのためオブジェクト プランの cachestore (プラン キャッシュの一部) データベースの保守や操作を再構成します。
2006 年 10 月 15 日 06:03:29.420 spid59 SQL しましたフラッシュ cachestore の 4 件一部ため 'SQL 計画' の cachestore (プラン キャッシュの一部) データベースの保守や操作を再構成します。
2006 年 10 月 15 日 06:03:29.420 spid59 SQL しましたフラッシュ cachestore の 4 件のいくつかのための '境界ツリー' cachestore (プラン キャッシュの一部) データベースの保守または操作を再構成します。
ただし、DBCC FREEPROCCACHE コマンドまたは DBCC FREESYSTEMCACHE コマンドで、プロシージャ キャッシュをフラッシュを実行することができます。 これらのコマンドのいずれかを実行して、プロシージャ キャッシュをフラッシュは、SQL Server エラー ログで次のようなメッセージがわかりますは。
2006-12-14 11:37:03.57 spid53 の SQL Server で 1 件の cachestore 'DBCC FREEPROCCACHE ' または ' DBCC FREESYSTEMCACHE' の操作のために SQL 計画の cachestore (プラン キャッシュの一部) のフラッシュが発生しました。
2006-12-14 11:37:03.57 spid53 の SQL Server で 1 件の cachestore 'DBCC FREEPROCCACHE ' または ' DBCC FREESYSTEMCACHE ' の操作のための ' 境界ツリー' cachestore (プラン キャッシュの一部) のフラッシュが発生しました。
したがってがこの資料に記載されている問題で原因に問題が発生するかどうかを判断する SQL Server エラー ログを調べることができます。

メモ この現象は、Microsoft SQL Server 2008 では発生しません。

原因

この問題は特定のデータベース保守操作や通常のトランザクション操作全体のプロシージャ キャッシュを消去ために発生します。

状況

これは仕様によるものです。

詳細

特定のデータベース レベルの操作は、次のシナリオで実行するとき、全体のプロシージャ キャッシュはクリアされます。
  • データベースが、このデータベースのオプションを ON に設定します。 ユーザー接続はなし参照または、データベースを使用して、バックグラウンド タスクしようを閉じるし、データベースを自動的にシャットダウンとします。
  • データベースが既定のオプションをに対して複数のクエリを実行します。 次に、データベースが削除されます。
  • ソース データベースのデータベース スナップショットは破棄されます。

    メモ データベース スナップショットはだけ Microsoft SQL Server 2005 の Enterprise Edition で使用できます。
  • データベース状態を変更するにはオフラインまたはオンラインにします。
  • データベースのトランザクション ログ正常に再構築します。
  • データベース バックアップを復元します。
  • DBCC CHECKDB ステートメントを実行するとします。

    メモ これは SQL Server 2005 SP2 より前バージョンの SQL Server 2005 でのみ該当します。 SQL Server 2005 SP2 またはそれ以降のバージョンをインストールした後、DBCC CHECKDB ステートメントを実行すると、全体のプロシージャ キャッシュはフラッシュされません。
  • データベースをデタッチします。
  • 次のオプションのいずれか、ALTER DATABASE ステートメント実行時に指定します。
    • オフライン
    • オンライン
    • ファイル グループの既定を変更します。
    • MODIFY_NAME
    • ファイル グループの READ_WRITE を変更します。
    • 照合します。
    • ファイル グループの READ_ONLY を変更します。
    • READ_ONLY
    • READ_WRITE
  • 次のサーバー オプションのいずれかが RECONFIGURE ステートメントによって変更された場合、全体のプロシージャ キャッシュがオフします。
    • データベースの組み合わせ所有権を越える
    • インデックス作成メモリ (KB)
    • リモート クエリ タイムアウト (秒)
    • ユーザー オプション
    • 最大テキスト repl サイズ (B)
    • 並列処理のコストしきい値
    • 並列処理の最大の次数
    • クエリ (KB) 単位の最小メモリ
    • query wait (%s)
    • 最小サーバー メモリ (MB)
    • 最大サーバー メモリ (MB)
    • クエリ ガバナー コスト制限
    メモ 実際の値が変更されない場合するか、max server memory のサーバー オプションの新しい値を 0 に設定した場合、プロシージャ キャッシュは消去できません。
この問題が発生するわかります次の値の変更のパフォーマンス モニターを使用して SQL Server 2005 のパフォーマンス カウンターからデータを収集する場合。
  • パフォーマンス オブジェクト: プロセス
    カウンター: % Processor Time
    インスタンス: sqlservr

    このカウンターの値が増加 CPU 活動のための増加します。 基本的に、この問題が発生した場合に、全体のプロシージャ キャッシュが消去します。 したがって、後続の要求はキャッシュされる新しい計画を生成する必要があります。 この現象が CPU の利用状況を少し大きくなります。
  • パフォーマンス オブジェクト: SQLServer:Plan のキャッシュ
    カウンター: キャッシュ オブジェクト数
    インスタンス: _ の総数

    パフォーマンス オブジェクト: SQLServer:Plan のキャッシュ
    カウンター: キャッシュ ページ
    インスタンス: _ の総数

    これらのカウンターの値が突然低下します。

    メモ パフォーマンス オブジェクトには、SQL Server 2005 の名前付きインスタンス、MSSQL $ InstanceName の名前は: プラン キャッシュします。
  • パフォーマンス オブジェクト: SQLServer:SQL の統計情報
    カウンター: 1 秒間に SQLCompilations

    このカウンターの値が、このインシデント後が大幅に増加します。

    メモ パフォーマンス オブジェクトには、SQL Server 2005 の名前付きインスタンス、MSSQL $ InstanceName の名前は: SQL の統計情報。
SP:CacheRemove イベントを使用して、SQL プロファイラー トレースをキャプチャする場合にこのイベントはこの問題が発生すると次 TextData 列値と組み合わせて生成されますがわかります。
全体のプロシージャ キャッシュのフラッシュ

プロパティ

文書番号: 917828 - 最終更新日: 2009年2月17日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005engine kbmt KB917828 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:917828
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com