Windows Vista または Windows Server 2008 の証明書サービス Web 登録ページを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 922706 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Xenroll という名前の ActiveX コントロールを Windows Server 2003 証明書サービス Web 登録の機能に依存します。この ActiveX コントロールは、Microsoft Windows 2000 およびそれ以降のバージョンの Windows で利用可能です。ただし、Xenroll Windows vista と Windows Server 2008 で廃止されました。サンプル証明書の登録 Web ページを元に含まれているリリース版の Microsoft Windows Server 2003、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) を使用して Windows Server 2003 Service Pack 2 で (SP2) は、Windows Vista と Windows Server 2008 の Web ベースの証明書の登録処理を実行する方法の変更を処理するものではありません。

はじめに

この資料では Windows Vista または Windows Server 2008 の証明書サービス Web 登録ページを使用する方法について説明します。

詳細

証明書サービスは、次のオペレーティング システムを実行しているコンピューターで利用できます。
  • Microsoft Windows Server 2003 の Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 の Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition
  • Windows サーバー 2008
証明書サービスを実行して、公開キー テクノロジを使用するソフトウェア セキュリティ システムで使用するための証明書を管理するのには、カスタマイズ可能なサービスを提供します。Windows 証明書サービスには証明機関 (CA) の Web ページが含まれます。これらの Web ページ内の証明機関の一般的なユーザー タスクの多くを実行するには、単純なユーザー インターフェイスを提供します。これらの Web 登録ページを使用すると、証明機関に接続する Web ブラウザーを使用できます。Web ブラウザーを使用して証明書を要求する一般的なタスクを実行するのには、ことができます証明書を送信する、証明機関証明書の要求を PKCS #10 ファイルを使用して要求しいいます。

証明書の登録 Web ページは、クライアント コンピューターが証明機関に直接接続できなくシナリオで特に便利です。このシナリオでは、クライアント コンピューターのドメインまたは別の Active Directory ディレクトリ サービス フォレストでの認証機関の場所のメンバーできない環境が発生する可能性があります。

証明書の登録 Web ページは、オリジナル リリース版の Windows Server 2003、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)、および Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)、オプションのコンポーネントとして含まれているです。これらの Web ページには、Xenroll の ActiveX コントロールを基にスクリプトが含まれます。証明書の登録 Web サイトにアクセスすると、クライアント コンピューターが自動的にダウンロードおよび、Xenroll の正しいバージョンが既にインストールされていない場合は、Xenroll の正しいバージョンがインストールされます。

Windows Vista と Windows Server 2008 は、Xenroll を使用しないでください。代わりに、Windows Vista と Windows Server 2008 のコンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクトのデュアル インターフェイスを使用します。この COM オブジェクトのセットは、CertEnroll として知られています。Windows vista と Windows Server 2008 では、Xenroll が無効です。したがって、Xenroll を手動でインストールしようとした場合、インストールは成功です。

Windows Server 2008 には、Web ベースの証明書の登録処理をサンプル Web ページを更新が含まれます。CertEnroll コンポーネントに Windows Vista と共に動作するこれらの Web ページが更新されます。さらに、これらの Web ページと共に Xenroll 動作します。

Windows Server 2008 の証明書の登録 Web ページ

Windows Server 2008 には、Web ベースの証明書の登録処理をサンプル Web ページを更新が含まれます。CertEnroll コンポーネントに Windows Vista と共に動作するこれらの Web ページが更新されます。さらに、これらの Web ページと共に Xenroll 動作します。

証明書の登録 Web ページには、Windows Server 2008 クライアントのオペレーティング システムを検出し、適切なコントロールを使用して設計されます。クライアント コンピューターが Windows Server 2003 または Microsoft Windows XP を実行している場合は、Xenroll を使用して、証明書の登録 Web ページ。クライアント コンピューターで Windows Vista または Windows Server 2008 が実行されている場合は、証明書の登録 Web ページ CertEnroll を使用します。

メモ Windows Vista の証明書登録クライアント コンポーネントは、以前のバージョンの Windows 上で拡張されています。以前に Web ページを使用してアクセスされた機能の一部は、クライアント コンポーネントに今すぐ含まです。したがって、この機能は、更新された証明書の登録 Web ページから削除されています。削除された機能は次のとおりです。
  • 代理登録します。 操作

    登録エージェントは別のユーザーに代わって証明書を登録するのにはこの機能を使用します。
  • コンピューター証明書の登録

    コンピューター証明書を要求するのには管理者権限が必要です。Windows Vista では、Microsoft Internet Explorer の管理権限を実行するのには使用しません。そのため、Windows Server 2008 の証明書の登録ページからコンピューター証明書がコンピューターのストアに格納するためのオプションが削除されました。
  • Xenroll の .cab ファイル

    クライアント コンピューターにインストールされて Xenroll の以前のバージョンがある場合、クライアント、Xenroll の最新バージョンにアップグレードするように指示されず。
  • ロケールで、Web ページの全体の範囲

    Windows Server 2008 がリリースされるまで特定のローカライズされた証明書の登録 Web ページが利用できる場合があります。

Windows Server 2003 および Windows Server 2003 SP1 の証明書の登録 Web ページ

Windows Server 2003 および Windows Server 2003 SP1 の証明書の登録 Web ページに Windows Vista と Windows Server 2008 の証明書登録の変更を検出するためのコードを含んでいません。したがって、これらの Web ページは、常に Xenroll を使用してください。したがって、Windows Vista または Windows Server 2008 からは、Web ベースの証明書の登録処理を実行しようとすると、証明書の登録処理は成功です。

このシナリオでは、Web ブラウザー ウィンドウに次のメッセージが表示されます。
ActiveX コントロールをダウンロードしています。

Windows Server 2003 SP2 の証明書の登録 Web ページ

Windows vista と Windows Server 2008 の証明書登録の変更を検出する Windows Server 2003 SP2 の証明書の登録 Web ページが更新されました。ただし、異なるリリース日 Windows Server 2003 SP2 は、Windows Vista、および Windows Server 2008 のため、Windows Server 2003 SP2 の証明書の登録 Web ページ認識しません、CertEnroll インタ フェース。そのため、Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターを使用して、証明書の登録 Web サイトを参照してくださいする場合は、Web ページを更新する必要があることを示すメッセージが表示されます。

相互運用性テーブル

次の表は、さまざまなバージョンの証明書の登録 Web ページと、さまざまな Windows ベースのクライアント コンピューター間での相互運用性を示しています。
元に戻す全体を表示する
Windows Server 2003 および Windows Server 2003 SP1Windows Server 2003 SP2Windows Server 2008
Windows Vista より前のバージョンのクライアント コンピューターサポートされています。サポートされています。サポートに機能を制限します。
Windows Vista ベースのクライアント コンピューター「ダウンロードの ActiveX コントロール」メッセージと失敗Web ページを更新する必要があることを示すメッセージと共に失敗サポートされています。
重要更新済みの Web ページをインストールする前に、%systemroot%\System32\Certsrv フォルダーをバックアップすることをお勧めします。インストール プロセスの更新および削除するファイルは、カスタマイズと追加機能が失われる可能性がありますこのフォルダーにされます。バックアップ処理が完了したら、更新プログラム パッケージのダウンロード ページ、インストール手順を実行します。

プロパティ

文書番号: 922706 - 最終更新日: 2012年12月30日 - リビジョン: 16.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008
キーワード:?
kbhowto kbenv kbinfo kbmt KB922706 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:922706
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com