システム ファイル チェッカーは、ユーザーが Windows のシステム ファイルの破損をスキャンし、破損しているファイルを回復できるようにする Windows のユーティリティです。この資料では、システム ファイル チェッカー ツール (SFC.exe) を実行して、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 または Windows Vista の不足または破損しているシステム ファイルを修復する方法について説明します。Windows リソース保護 (WRP) ファイルが存在しない場合や、破損している場合には、Windows が正常に動作しないことがあります。たとえば、Windows の一部の機能が正しく動作しなかったり、Windows がクラッシュしたりすることがあります。

システム ファイル チェッカー ツール (SFC.exe) を実行する

これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。これを行うには、お使いのオペレーティング システムに応じて次の手順を実行します。
    Windows 8.1 または Windows 8
    元に戻す画像を拡大する
    画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントして、[検索] をクリックします。[検索] ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、[コマンド プロンプト] を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    この手順のスクリーンショット
    元に戻す画像を拡大する
    Windows 7 または Windows Vista
    元に戻す画像を拡大する
    これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「コマンド プロンプト」または「cmd」と入力します。[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を求めるダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    この手順のスクリーン ショット
    元に戻す画像を拡大する
  2. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    sfc /scannow
    元に戻す画像を拡大する
    この手順のスクリーン ショット


    sfc /scannow コマンドにより、保護されたすべてのシステム ファイルがスキャンされ、破損したファイルが、%WinDir%\System32\dllcache の圧縮フォルダーにあるキャッシュ コピーに置き換えられます。
    %WinDir% の部分は、C:\Windows などの、Windows オペレーティング システムのフォルダーです。

    注: 検証が 100% 完了するまでは、このコマンド プロンプト ウィンドウを閉じないでください。この処理が完了した後、スキャンの結果が表示されます。
  3. この処理が完了した後、次のいずれかのメッセージが表示されることがあります。
    • Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

      これは、不足または破損しているシステム ファイルがないことを意味します。
    • Windows リソース保護は要求された操作を実行できませんでした。

      この問題を解決するには、システム ファイル チェッカーのスキャンをセーフ モードで実行し、%WinDir%\WinSxS\Temp の下に PendingDeletes フォルダーと PendingRenames フォルダーが存在することを確認します。
    • Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかり、それらは正常に修復されました。詳細は、CBS.Log %WinDir%\Logs\CBS\CBS.log に含まれています。

      システム ファイルのスキャンと回復に関する詳細情報を表示するには、「システム ファイル チェッカーの処理の詳細を表示する方法」を参照してください。
    • Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした。詳細は、CBS.Log %WinDir%\Logs\CBS\CBS.log に含まれています。

      破損したファイルを手動で修復するには、システム ファイル チェッカーの処理の詳細を表示して破損したファイルを確認し、破損したファイルを、正常なコピーであることが判明しているファイルに手動で置換します。

詳細

システム ファイル チェッカーの処理の詳細を表示する方法

CBS.Log ファイルに含まれる詳細を表示するには、Findstr コマンドを使用して Sfcdetails.txt ファイルに情報をコピーし、Sfcdetails.txt の詳細を表示する方法があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 上記の手順 1. に記載されている手順で、管理者特権を持つコマンド プロンプトを開きます。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    findstr /c:"[SR]" %windir%\Logs\CBS\CBS.log >"%userprofile%\Desktop\sfcdetails.txt"
    注: この Sfcdetails.txt ファイルには、コンピューターでシステム ファイル チェッカー ツールを実行するたびに詳細情報が記録されます。これには、システム ファイル チェッカー ツールで修復されなかったファイルに関する情報が含まれています。日付と時刻をチェックして、前回システム ファイル チェッカー ツールを実行したときに見つかった問題を確認します。
  3. デスクトップから Sfcdetails.txt ファイルを開きます。
  4. Sfcdetails.txt ファイルの形式は以下のとおりです。
    Date/Time SFC 詳細
    修復できなかったファイルに関するエントリが含まれているログ ファイルの例を以下に示します。
    2007-01-12 12:10:42, Info                  CSI    00000008 [SR] Cannot repair member file [l:34{17}]"Accessibility.dll" of Accessibility, Version = 6.0.6000.16386, pA = PROCESSOR_ARCHITECTURE_MSIL (8), Culture neutral, VersionScope neutral, PublicKeyToken = {l:8 b:b03f5f7f11d50a3a}, Type neutral, TypeName neutral, PublicKey neutral in the store, file is missing

破損したシステム ファイルを、正常なコピーであることが判明しているファイルに手動で置き換える方法

どのシステム ファイルが破損していて、Sfcdetails.txt ファイルの詳細情報では修復できないことを確認した後、破損したファイルの場所を確認し、破損したファイルを、正常なコピーであることが判明しているファイルに手動で置き換えます。これを行うには、次の手順を実行します。

注: お使いのコンピューターと同じバージョンの Windows を搭載している別のコンピューターから、正常なコピーであることが判明しているシステム ファイルを取得できる場合があります。コピーするシステム ファイルが正常なコピーであることを確認するには、そのコンピューター上でシステム ファイル チェッカーの処理を実行します。
  1. 破損したシステム ファイルの管理者所有権を取得します。これを行うには、管理者特権を持つコマンド プロンプトで、次のコマンドをコピーして貼り付け (または入力し)、Enter キーを押します。
    takeown /f パスおよびファイル名
    注: パスおよびファイル名 は破損したファイルのパスおよびファイル名です。たとえば、「takeown /f C:\windows\system32\jscript.dll」と入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    この手順のスクリーンショット
  2. 破損したシステム ファイルに管理者のフル アクセスを付与します。これを行うには、次のコマンドをコピーして貼り付け (または入力し)、Enter キーを押します。
    icacls パスおよびファイル名 /GRANT ADMINISTRATORS:F
    注: パスおよびファイル名 は破損したファイルのパスおよびファイル名です。たとえば、「icacls C:\windows\system32\jscript.dll /grant administrators:F」と入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    この手順のスクリーンショット
  3. 破損したシステム ファイルを、正常なコピーであることが判明しているファイルに置き換えます。これを行うには、次のコマンドをコピーして貼り付け (または入力し)、Enter キーを押します。
    Copy ソース ファイル コピー先
    注: ソース ファイル はコンピューター上の正常なコピーであることが判明しているファイルのパスとファイル名で、コピー先 は破損したファイルのパスとファイル名です。たとえば、「copy E:\temp\jscript.dll C:\windows\system32\jscript.dll」と入力します。

この資料について

文書番号: 929833
最終更新日: 2014年1月31日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?