BitLocker ドライブ準備ツールの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 933246
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

BitLocker ドライブ準備ツールが利用可能です。行うことができます。このツールを使用して BitLocker ドライブはコンピューターを準備するのには暗号化します。

この資料では、このツールを入手する方法について説明します。これ記事も、ツールの操作方法の概要を提供します。この概要システム要件およびコマンド ライン パラメーターが含まれています。最後に、この記事で使用時に発生する一般的な問題について説明します、ツールです。

詳細

BitLocker ドライブ準備ツールの入手方法

究極の Windows Vista、および Windows Vista の究極 Service Pack 1

Windows Vista の究極を使用している場合は、これらの手順を実行します。このツールを入手してください。
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    、タイプWindows の更新プログラム で、 検索を開始します。 ボックスで、ENTER キーを押します。
  2. クリックしてください。 更新プログラムの確認.
  3. クリックしてください。 ビューの利用可能なエキストラ.
  4. オンにし、 BitLocker と EFS拡張機能 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください インストール.

Windows Vista のエンタープライズおよび Windows Server 2008 の x 86 ベースの Systems(KB933246)

次に、Windows Vista エンタープライズまたは x86 ベースのシステム用の Windows Server 2008 を使用している場合を参照してください。マイクロソフト Web サイトにツールを入手するのには:
ドキュメントですか。FamilyId = の b9b5378e-0851年-44e3 ・ ba33 ・ a7df1c75c2f3

Windows Vista のエンタープライズおよび Windows Server 2008 の x64 ベースのシステム (KB933246)

Windows Vista を使用している場合 エンタープライズ または、次の Windows Server 2008 x 64 ベースのシステムを参照してください。マイクロソフト Web サイトにツールを入手するのには:
ドキュメントですか。FamilyId = の 876543bf-2336年-4324 ・ 9f67 ・ 3f351b136ded
このツールをインストールすると、ツールに項目を追加、[スタート] メニュー。BitLocker ドライブ準備ツールを起動するには、いずれかを使用して、次のメソッド。
  • クリックしてください。 開始、ポイント すべてプログラムをクリックして アクセサリをクリックして システムツールをクリックして BitLocker、し、をダブルクリックBitLocker ドライブ準備ツール.
  • クリックしてください。 開始、タイプBitLocker で、 検索を開始します。 テキスト ボックスでは、し BitLocker ドライブ準備ツール で、プログラム リストです。
ツールによるドライブの準備が完了したら、再起動する必要があります。コンピューターです。[セキュリティ] 項目コントロール パネルを使用することができます。BitLocker。

BitLocker ドライブ暗号化用にハード_ディスクを準備する方法

するにはドライブを暗号化し、ブートの整合性を確認するには、BitLocker には、少なくとも 2 つ必要パーティション。これら 2 つのパーティションを構成します。 スプリット ロード 構成します。メインは、スプリット ロード構成を分離します。オペレーティング システム パーティションをアクティブなシステム パーティションから、コンピューターを起動します。

BitLocker ドライブ準備ツールの自動化、次のプロセスが BitLocker 用に準備します。
  • BitLocker は、2 つ目のボリュームを作成必要があります。
  • 新しいボリュームには、ブート ファイルの移行
  • ボリュームのアクティブ化
ツールが完了したらを変更するのには、コンピューターを再起動する必要があります。システム ボリュームを新しく作成されたボリューム。コンピューターを再起動すると、BitLocker は、ドライブが正しく構成されます。する必要があります。トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) は、BitLocker をオンにする前に初期化します。

システム要件

新しいパーティションを作成または未割り当て領域を結合します。既存のパーティションをターゲット ・ システムが次の要件を満たす必要があります。
  • 正規のバージョンの Windows Vista 究極、Windows Vista企業は Windows Vista の究極 Service Pack 1、Windows Vista のエンタープライズService Pack 1 または Windows Server 2008 をインストールする必要があります。
  • アクティブ パーティションにブート構成データが含まれている必要があります。ファイルを起動します。
  • ターゲット パーティションは、次の要件を満たす必要があります。
    • パーティションの単純なディスク上にある必要があります。ベーシック記憶域用に初期化します。
    • パーティションがプライマリ パーティションでなければなりません。拡張ドライブと論理ドライブはサポートされていません。
    • NTFS のファイルを使用して、パーティションをフォーマットする必要があります。システムです。
    • パーティションを圧縮する必要がありますされません。
    • パーティションのクラスター サイズが 4 未満でなければなりませんKB または 4 KB と等しい。
    • ソフトウェアは、ソフトウェアにまたがるパーティションを使用しません。ミラーリング、またはソフトウェア RAID 詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
      314343Windows xp のダイナミック記憶域とベーシック記憶域
      メモ このツールは正しくハードウェア RAID で動作します。構成します。
    • スプリット ・ オペレーションの 10% 以上を1.5 では、パーティションのサイズが減少した後アクティブ パーティション空き領域のままする必要があります。ギガバイト (GB)。
    • マージ操作は、パーティションの全容量少なくとも 1.5 GB であります。また、パーティションは、少なくとも 800 MB の空きが必要ディスクの空き領域。
  • BitLocker ドライブ準備ツールを実行する前に、Windows Server 2008 ベースのコンピューターの場合、BitLocker ドライブまずインストールする必要があります。暗号化オプションのコンポーネントです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして コントロールパネル、し、をダブルクリック [プログラムと機能.
    2. [プログラムと機能、下にあります。 タスクをクリックして Windows の機能のオン/オフ.場合は、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします。 続行.または、管理者の資格情報を提供します。
    3. で、 [機能の概要 フィールドをクリックしてください AddFeatures、し、 BitLocker ドライブ暗号化.
    4. クリックしてください。 次へをクリックして インストールをクリックして 閉じる、し [はい] コンピューターを再起動します。
次の表は、対象のシステムの要件を示しています。
元に戻す画像を拡大する
対象のシステムの要件

操作方法の概要

ターゲット システムの構成

Windows Vista の BitLocker ドライブ準備ツールをサポートします。究極の Windows Vista のエンタープライズ]、[Windows Vista 究極 Service Pack 1、Windows Vista のエンタープライズ Service Pack 1 と Windows Server 2008。このツールスプリット ロード構成を正常に作成と、アクティブ状態、システム状態およびブート状態がすべて同じシンプル ボリュームには割り当てられます。

既定の操作の手順

BitLocker ドライブ準備ツールを起動すると、それを試みます順序で、以下の方法を使用してスプリット ロード構成を作成します。基本設定:
  • 種類 0x7 の未割り当て領域を結合します Windows の回復。(WinRE) パーティション
  • 未割り当て領域から新しいパーティションを作成します。
  • 既存のパーティションを分割します。

    メモ このツールは、現在アクティブなパーティションに分割しようとします。この場合は操作は失敗、ツールの最大の利用可能なパーティションに分割します。
  • 未割り当て領域と適切な最小値を結合します。パーティション
処理の優先順位
演算子の優先順序は次の表を示しますBitLocker ドライブ準備ツールを次に示します。
元に戻す画像を拡大する
処理の優先順位

コマンド ライン パラメーター

BitLocker ドライブ準備ツールの簡単なセットを使用します。コマンド ライン パラメーター。これらのパラメーターが企業との統合を確認します。展開ツールより柔軟性の高いです。マイクロソフトにはエンタープライズ展開ツールが含まれてSystems Management Server (SMS) および Microsoft ビジネス デスクトップの展開(BDD)。パラメーターは、展開オプションをカスタマイズも提供します。次に、パラメーター テーブルを示します。パラメーターは大文字小文字が区別されません。
元に戻す全体を表示する
パラメーター説明メモ
[-?][/?]ヘルプ - 簡単な説明が用意されています、このツールの目的とパラメーター
[の driveinfo]ドライブ文字、合計を表示します。サイズ、最大空き領域、およびパーティション特性のみ有効なパーティションの一覧が表示されます。特性は、WinRE はのみ記載されています、オペレーティング システム、および未割り当てパーティション。
[・ ターゲット {0}-cn ドライブの未割り当て: {-cn 縮小マージ}}]対象パーティションに必要な操作を示します: を作成します。ディスクの未割り当て領域から新しいパーティションを作成するのには、対象のパーティションを分割します。新しいパーティションを未割り当ての差し込み印刷領域がターゲットパーティションマージできません未割り当て、オペレーティング システムとの間隔パーティション。未割り当て領域がリストにない場合は 4 つプライマリまたは拡張パーティションが既に存在します。
[-newdriveletter] ドライブ文字をヲします]。ドライブを示します新しく作成したパーティションの文字A、B、および C の文字は、除外します。文字が指定されていない場合は、最初の使用可能なドライブ文字の後ろ適用されます。
[・ サイズ-cn SizeInMegabytes]サイズを指定します。新しいパーティションのメガバイト最小サイズは 1500 MB です。以上新しいパーティションと、対象パーティションの 10% がないことが必要作成します。
[の非表示]ユーザーを回避する確認テキストを表示しません。相互作用
[の再起動]すぐにシステムの再起動後操作が完了します。関係なく、開いているファイルをすぐに再起動します。または、他のユーザーのログオンします。

事例 1

ターゲット ・ システムに 1 つのパーティションがあります。コンピューターを準備するのにはBitLocker では、オペレーティング システムのパーティションを分割したいです。目的は、次の条件を満たしています。
  • 新しいパーティションのサイズは 1500 MB です。
  • 新しいパーティションのドライブ文字を X を使用します。
  • 操作中に、確認のダイアログ ボックスではないです。表示されます。
  • 操作すると、システムを再起動します。完了します。
これらの設定を使用するには、次のコマンドでのコマンドを実行します。プロンプトします。
BdeHdCfg.exe-ターゲット c: 圧縮・ newdriveletter の x:-サイズ 1500年-静かに再起動

事例 2

ターゲット ・ システムに 2 つ以上のパーティションがあります。準備するのにはコンピューターでは、BitLocker は、既存の未割り当て領域を結合します。パーティション。True を設定するのには、次の条件をします。
  • 操作中に、確認のダイアログ ボックスではないです。表示されます。
  • 操作すると、システムを再起動します。完了します。
これらの設定を使用するには、次のコマンドでのコマンドを実行します。プロンプトします。
BdeHdCfg.exe-ターゲット d: をマージする - 静かに再起動

一般的な問題

使用すると、次のエラー メッセージが表示されます、BitLocker ドライブ準備ツール:
[E_BDECFG_NO_CANDIDATES]
BitLocker ドライブ準備ツールリンク先のシステム ドライブが見つかりませんでした。手動で準備する必要があります、BitLocker をドライブします。
次のいずれかでこのエラーが発生する可能性があります。シナリオ。

状況 1: 十分な空きディスク領域がありません。

少なくとも 10%、アクティブ パーティションの空き後存続する必要があります。パーティション サイズが 1.5 ギガバイト (GB) で削減されます。このエラーを解決するのにはファイルを別のパーティションに移動するかファイルを削除します。

シナリオ 2: パーティションに移動できないファイルが含まれています

BitLocker ドライブ準備ツールにパーティションのサイズを変更可能性があります。BitLocker では、ハード ディスクを準備します。場合によっては、一部の移動できないファイル可能性があります。ツールから、最適化を行うと、パーティションのサイズを変更するようにします。これらのファイル可能性があります。次のいずれかを次のとおりです。
  • ページファイル
  • 休止状態ファイル (Hiberfil.sys)
  • レジストリ
  • NTFS メタデータ ファイル。これらのファイルは、次のようなファイルや他の人。
    • $ mftmirr
    • セキュリティで保護された $
    • $ ボリューム
オペレーティング システムを新たにある場合でもこの問題が発生する可能性があります。インストールされています。

このエラーを回避するには、次のいずれかを使用してください。方法:
  • 休止状態オプションとハード ディスクを一時的に無効にします。ページングします。その後、Windows プレインストール環境を使用してを削除するのにはHiberfil.sys ファイルおよび Pagefile.sys ファイル。Windows では、コンピューターを再起動します。Vista。その後、BitLocker ドライブ準備ツールを再度実行します。
  • Windows Vista を再インストールします。

BitLocker を実行すると、エラー メッセージのいずれかが表示されます。ドライブ準備ツールは、Windows server2008 ベースサーバー


使用すると、BitLocker ドライブ準備ツールでは、Windows Server 2008 ベースのサーバーの場合、次のエラーのいずれかの表示されます。メッセージ:
BitLocker ドライブ準備ツールをことはできません。このバージョンの Windows で使用します。Windows をアップグレードします。

BitLocker ドライブの実行中に予期しないエラーが発生しました。準備するツールです。手動で、ドライブを準備する必要があります。BitLocker。
メモ BitLocker ドライブ準備ツールは、MSU からインストールする場合パッケージは、このトピックの最初のエラー メッセージのみが表示されます。ただし、その以前のリリースからのバイナリ ファイルをコピーすることは、BitLocker ドライブ準備ツールです。次に、2 番目のエラーが表示されます。メッセージです。

この問題を解決するには、BitLocker ドライブをインストールします。暗号化オプションのコンポーネントです。これを行うには、これら手順を実行します。「システム要件」のセクションで説明します。

IBM のノート ブック コンピューターで BitLocker ドライブ暗号化を有効にしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

BitLocker ドライブ暗号化は、IBM を有効にしようとするとWindows Vista を実行しているポータブル コンピューターを以下表示されます。エラー メッセージ:
ディスク領域不足のドライブの BitLockerドライブの暗号化に暗号化します。ディスク保守ツールを使用してディスクを修復するにはもう一度やり直してください。
この問題を解決するには、以下を実行します手順説明します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更する場合は、ただし、深刻な問題が発生可能性があります、レジストリが正しくします。そのため、この手順を実行することを確認します。慎重にします。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリを復元する、次の資料をクリックする方法について数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
322756 Windows でレジストリを復元する方法
  1. クリックしてください。 開始
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    、タイプレジストリ エディター で、 検索を開始します。 ボックスで、をクリックして、 レジストリ エディター で、 プログラムリストです。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory の管理
  3. [PagingFiles] レジストリ エントリのデータ型を確認してください。IfREG_SZ データ型では、次の手順を実行します。
    1. [PagingFiles] レジストリ値のデータを確認します。エントリです。
    2. 次のレジストリ サブキーをバックアップします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory の管理
    3. 右クリックします。 PagingFiles、し、クリックしてください。 削除.
    4. クリックしてください。 [はい] いるときは、メッセージが表示します。
    5. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し 複数行文字列値.
    6. 種類 PagingFiles、し、キーを押します。入力します。
    7. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    8. で、 [値のデータ ボックスで、値を入力します。手順 3 では、説明し、クリックしてデータ [OK].
    9. レジストリ エディターを終了します。
  4. コンピューターを再起動します。
ポータブル コンピューターのセキュリティの詳細については、Windows Vista を実行している次の Lenovo の Web サイトを参照してください。
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?sitestyle=lenovo&lndocid=MIGR-67210
は、この資料で説明するサードパーティ製品が他社はマイクロソフトと関連のあります。マイクロソフト、黙示の保証がありませんまたはそれ以外の場合は、パフォーマンスや信頼性これらのについて製品。マイクロソフト技術を見つけられるように、サード ・ パーティ製の連絡先情報を提供します。サポートします。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはありません。このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証します。

プロパティ

文書番号: 933246 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbqfe atdownload kbexpertisebeginner kbmt KB933246 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:933246
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com