PowerPoint ファイルに含まれるオブジェクトを修復する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 933960 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Office PowerPoint 2003 および PowerPoint 2007 にて、ファイルに含まれるオブジェクトが正しく表示されない場合に行う対処方法について記載しています。

詳細

描画オブジェクトの表示を修復する場合

描画オブジェクトとは、テキスト ボックスやオートシェイプ、ワードアートなどの図形を指します。 オートシェイプやテキスト ボックスは、一度スライドに挿入した後でも、設定されている塗りつぶしの色や線の色を保持したまま、別の形状に変更することができます。

オートシェイプやテキスト ボックスの表示に問題が生じている場合、オートシェイプの種類を変更することで、 図形オブジェクトに含まれる不要な情報がリセットされ正しい情報が認識される可能性があります。

: [図形線画] ツール バーが表示されていない場合は、メニュー バー の [表示] をクリックし、[ツール バー] をポイントします。次に、[図形描画] をクリックします。

PowerPoint 2007

  1. PowerPoint 2007 を起動し、描画オブジェクトを含むファイルを開きます。
  2. 対象となるオブジェクトをクリックします。

    : 複数のオブジェクトを対象にする場合は、Ctrl キーを押しながら複数のオブジェクトをクリックするか、Ctrl + A で、すべてのオブジェクトを選択します。
  3. [図形描画ツール] バーの [書式] タブの [図形の挿入] で、[図形の編集] ボタンの横にある矢印をクリックします。
  4. [図形の変更] をポイントして、表示されるオートシェイプの種類の一覧から 任意の形を選択します。   たとえば、四角形 を選択します。

    : オートシェイプの既定値として設定された、[図の枠線] や [図形の塗りつぶし] の設定を変更する場合は、[図形のスタイル] グループの各ボタンを使用します。

PowerPoint 2003

  1. PowerPoint 2003 を起動し、描画オブジェクトを含むファイルを開きます。
  2. 対象となる描画オブジェクトをクリックします。

    : 複数のオブジェクトを対象にする場合は、Ctrl キーを押しながら複数のオブジェクトをクリックするか、Ctrl + A で、すべてのオブジェクトを選択します。
  3. [図形描画ツール] バーの [図形の調整] をクリックし、[オートシェイプの変更] をポイントして表示されるオートシェイプの種類の一覧から任意の形を選択します。たとえば、[基本図形] をポイントして表示される 四角形 を選択します。

    : オートシェイプの既定値として設定された、[線の色] や [図形の塗りつぶし] の設定を変更する場合は、[図形描画ツール] バーの各ボタンを使用します。

画像オブジェクトの表示を修復する場合

画像オブジェクトとは、[図の挿入] や貼り付けによって取り込まれた画像を指します。 スライド内の図をクリックして選択すると、[図形描画ツール] バーが表示され、図の明るさやコントラストなどの設定を変更することができます。

[図形描画ツール] バーに含まれる [図のリセット] コマンドを実行すると、図のコントラスト、色、明るさ、罫線、またはサイズに対して加えた変更がすべて取り消されます。挿入されている図が正しく表示されていない場合は、[図のリセット] コマンドを使用して画像オブジェクトに含まれる不要な情報をリセットすることにより、正しい表示に修復できる可能性があります。

PowerPoint 2007

  1. PowerPoint 2007 を起動し、画像オブジェクトを含むファイルを開きます。
  2. 対象となるオブジェクトをクリックします。

    : 複数のオブジェクトを対象にする場合は、Ctrl キーを押しながら複数のオブジェクトをクリックするか、Ctrl + A で、すべてのオブジェクトを選択します。
  3. [図形描画ツール] の [図のスタイル] グループの右下に表示される矢印ボタンをクリックし、[図の書式設定] ダイアログ ボックスを表示します。
  4. [図の書式設定] ダイアログ ボックス右側の [図] メニューをクリックします。
  5. [図のリセット] ボタンをクリックし、[閉じる] ボタンでダイアログ ボックスを閉じます。

PowerPoint 2003

  1. PowerPoint 2003 を起動し、画像オブジェクトを含むファイルを開きます。
  2. 対象となる画像オブジェクトをクリックします。

    : 複数のオブジェクトを対象にする場合は、Ctrl キーを押しながら複数のオブジェクトをクリックするか、Ctrl + A で、すべてのオブジェクトを選択します。
  3. [図形描画ツール] バーの [図のリセット] ボタンをクリックします。

注意

  • ファイルによっては、上述の対処方法で修復できない場合もあります。 上述の対処方法で修復できない場合は、描画オブジェクト、または画像オブジェクトを再度挿入または作成する必要があります。
  • 描画オブジェクトや画像オブジェクトが正しく表示されない例としては、以下の場合があります。
    • オートシェイプに設定した塗りつぶしの色、線の色、線の太さなどが正しく反映されない
    • オートシェイプに追加したテキストの折り返しが正しく行われない
    • 画像に設定した明るさ、色、サイズ、図のコントラストが正しく反映されない
    • 画像のイメージが表示されない
    • 挿入したオブジェクトの画像が荒く、画質が下がって表示される

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
881945 図を描画する方法
881942 図を挿入する方法
881951 図に影をつけるには
881409 図のサイズを変更する方法
881404 スライドに挿入した図を自由に回転させるには
881954 図を移動する方法

プロパティ

文書番号: 933960 - 最終更新日: 2007年3月9日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
キーワード:?
kbharmony kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbhowto KB933960
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com