Entourage for Mac は、Exchange 2007 サーバーにサイズの大きな電子メール メッセージを送信するを有効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 935848
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Mac クライアントを Microsoft Entourage を使用して接続する、Microsoft Exchange Server を実行しているサーバー上のメールボックス2007。 Entourage for Mac を超える添付ファイルを持つメッセージを送信する場合Exchange 2007 で、送信サイズの制限、Entourage で for Mac で、次のエラー メッセージを受信します。
不明なエラー (-18493) が発生しました。メールボックスを超えていますサイズの制限。アカウント名:"Your_Username"。

メモ添付ファイル サイズを超えるメッセージ制限は、[下書き] フォルダーに移動します。たびに、Entourage のMac では、Exchange 2007 は、Entourage の通常の同期を実行しようとしています。数分を同期する場合、Mac がクラッシュするは、[下書き] フォルダー。さらに、多数のディスク スラッシングが発生発生 Macintosh でコンピューター。

許可される添付ファイルのサイズを大きくするとパフォーマンス上の問題を Exchange 環境で場合があります。サーバー インフラストラクチャに大きな添付ファイルを配置、増加の負荷を考慮しなければなりません。添付ファイルのサイズを大きく場合は 1 つまたは複数、以下の現象が発生する可能性があります。
  • メールボックス ストア データベースが不安定になる可能性があります。
  • 多数のトランザクション ログが生成されます。
  • 平均のリモート プロシージャ コール (RPC) の待ち時間のスパイクに以上 1, 000 ミリ秒です。
  • RPC の平均遅延時間が急上昇するのには20, 000 ミリ秒です。
  • CPU 使用率が 25% から 50% に急上昇します。場合によっては、CPU 使用率が 100% に近い。
  • Microsoft Office Outlook クライアントもインストールされている場合コンピューター、Outlook で RPC 遅延時間のダイアログを受信します。さらに、Microsoft Exchange Information Store サービスをされるまで outlook が動作しません。再起動します。

回避策

Entourage for Mac の添付ファイルのサイズを制御する手順は、使用しているバージョンによって異なります。使用しているバージョンの適切な手順に従ってください。これらの変更を使用して Entourage for Mac クライアントを接続するすべての Exchange 2007 クライアント アクセス役割サーバーする必要があります。

Mac では、Web サービスのエディションの Microsoft Entourage 2008


  1. 1] をクリックします。 このバージョンの Entourage for Mac、Microsoft Exchange Server 2007 Web サービスのプロバイダーを使用してメールを送信します。Web.config ファイルの MaxRequestLength を変更する必要があります大きな添付ファイルを許可します。既定では、web.config ファイルには、EWS 仮想ディレクトリにあります。Microsoft\Exchange Server\ClientAccess\exchweb\EWS既定では、次のエントリが、最大要求サイズです。約 13 MB
    <system.web> 
    
    <httpRuntime maxRequestLength="13280" /> 
    
    .... 
    
    </system.web> 
    
  2. 項目を変更する <httpruntime maxrequestlength="13280"></httpruntime> に <httpruntime maxrequestlength="X"></httpruntime> X は、希望KBs。 たとえば、X の値は、約 50000] (50 MB) になります。

Microsoft Entourage 2004 または Microsoft Entourage 2008 は、Mac 用


これは、Microsoft Exchange に接続するのには、WebDav のバージョンの Entourage for Mac を使用サーバー 2007。添付ファイルのサイズを大きくする必要がありますを変更できるようにするのにはIIS の Metabase.xml ファイル MaxRequestEntityAllowed プロパティです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Metabase.xml ファイルのバックアップ ファイルを保存します、。次のディレクトリ:
    %windir%\system32\inetsrv
  2. サービス コントロール マネージャーでは、停止は、IIS の管理サービスサービスです。
  3. Metabase.xml ファイルを開き、%windir%\system32\inetsrv フォルダーにメモ帳。
  4. Exchange 仮想ディレクトリのセクションを見つけます。
  5. 追加、MaxRequestEntityAllowedプロパティに必要な最大ファイル サイズ アップロードが含まれています。できるようにします。このプロパティを追加、LogonMethodプロパティをクリックし、ファイルを保存します。

    次は、MaxRequestEntityAllowedプロパティの構文。
    MaxRequestEntityAllowed=”Size in bytes
    メモサイズ (バイト単位)ファイルの最大サイズです。許可するアップロードします。サイズの例を次に示します。
    MaxRequestEntityAllowed="31457280"
    次の例では、最大ファイル サイズ アップロードは 30 MB に設定されます。
    <IIsWebVirtualDir    Location ="/LM/W3SVC/1/ROOT/Exchange"
                      AccessFlags="AccessSource | AccessRead | AccessWrite"
                      AppFriendlyName="Exchange"
                      AppIsolated="2"
                      AppPoolId="MSExchangeOWAAppPool"
                      AppRoot="/LM/W3SVC/1/ROOT/Exchange"
                      AuthFlags="AuthBasic"
                      DirBrowseFlags="EnableDirBrowsing | DirBrowseShowDate | DirBrowseShowTime | DirBrowseShowSize | 
    DirBrowseShowExtension | DirBrowseShowLongDate | EnableDefaultDoc"
                      DoDynamicCompression="FALSE"
                      DoStaticCompression="TRUE"
                      LogonMethod="3"
                      MaxRequestEntityAllowed="31457280"
                      Path="\\.\BackOfficeStorage\tx1b46bdomain.com\MBX"
                      ScriptMaps="*,C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\Bin\exprox.dll,1"
    > 
    
  6. 開始、IIS 管理サービスサービスでサービス コントロール マネージャーします。
メモ設定しないで、MaxRequestEntityAllowedExchange サーバー以外の任意の仮想ディレクトリのプロパティ仮想ディレクトリです。仮想ルートでこのプロパティを設定する場合の例については、ディレクトリにファイル サイズが 1 GB より小さい、RPC over HTTP ログオンの問題発生します。

注意してください設定した場合、MaxRequestEntityAllowedCA サーバーのプロパティは、CAS サーバーはエラーを返しますサイズの大きな電子メール メッセージを送信すると、要求が失敗したことを示すメッセージです。この動作は仕様です。

状況

マイクロソフトこれで、記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています[適用] セクションで。

プロパティ

文書番号: 935848 - 最終更新日: 2011年3月11日 - リビジョン: 0.1
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB935848 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:935848
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com