エラー メッセージ "ショートカット エラー。インターネット ショートカットの対象は有効ではありません" が Internet Explorer 7 がインストールされているコンピューターでインターネット ショートカット ファイルを開くと表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 936881
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Internet Explorer 7 がインストールされているコンピューターで、インターネットショートカットファイルにリンクされているハイパーリンクをクリックします。その後で、ショートカット ファイルをローカル ディスクに保存します。ショートカット ファイルをダブルクリックしてもファイルを開くことができません。また、次のようなエラー メッセージが表示されます。
ショートカット エラー。
インターネット ショートカットの対象 "" は有効ではありません。インターネット ショートカットのプロパティ シートを表示し、対象が正しいかどうかを確認してください。
この問題が発生したときにインターネット ショートカット ファイルのプロパティを調べると、[ファイルの種類] フィールドにファイルの種類がインターネット ショートカット (.url) であることが示されています。しかし、[Web ドキュメント] タブが表示されないことがあります。さらに、[詳細] タブに URL 文字列が表示されないこともあります。

原因

この問題は、インターネット ショートカット ファイルの作成処理中に Windows シェルが通知を受け取った場合に発生します。この通知を受け取るのは、ファイルがディスクに完全に書き込まれる前です。

解決方法

Windows Vista Service Pack の情報

この問題を解決するには、Windows Vista の最新の Service Pack を入手します。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
935791 最新の Windows Vista Service Pack を入手する方法

Windows Vista の修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。
必要条件
この修正プログラムには必要条件はありません。
再起動の必要性
この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。
修正プログラムの置き換えに関する情報
この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。
レジストリ情報
このページで修正プログラムを有効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分で修正プログラムを有効にするには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50698


注意事項
  • Fix it ソリューションを実行する前に、このサポート技術情報の上部の「修正プログラムのダウンロード」にある修正プログラムをインストールしてください。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

インストール後にこの修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. 次のレジストリ サブキー名を入力し、Enter キーを押します。
    FEATURE_URLFILE_CACHEFLUSH_KB936881
  5. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  6. iexplore.exe」と入力し、Enter キーを押します。
  7. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  8. 1」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: この修正プログラムを無効にするには、「0」と入力して、[OK] をクリックします。
  9. レジストリ エディターを終了します。
ファイル情報
修正プログラム (英語版) のファイル属性 (または後のファイル属性) は次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Vista (32 ビット版)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Update.mumNot Applicable1,94614-Aug-200713:43Not Applicable
X86_14dfeba851e3970d2353a1e826374bbb_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20660_none_a96b9b9d2b5f6fc4.manifestNot Applicable69514-Aug-200713:43Not Applicable
X86_microsoft-windows-ieframe_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20660_none_6304e956ca46c2a1.manifestNot Applicable829,59914-Aug-200713:43Not Applicable
Ieframe.dll7.0.6000.206606,066,17614-Aug-200702:22x86
Ieui.dll7.0.6000.20660180,73614-Aug-200702:22x86

Windows XP の修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。
必要条件
この修正プログラムを適用するには、コンピューターに Windows XP Service Pack 2 をインストールしておく必要があります。
再起動の必要性
この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。
更新プログラムの置き換えに関する情報
この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。
レジストリ情報
このページで修正プログラムを有効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分で修正プログラムを有効にするには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50698


注意事項
  • Fix it ソリューションを実行する前に、このサポート技術情報の上部の「修正プログラムのダウンロード」にある修正プログラムをインストールしてください。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

インストール後にこの修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. 次のサブキー名を入力し、Enter キーを押します。
    FEATURE_URLFILE_CACHEFLUSH_KB936881
  5. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  6. iexplore.exe」と入力し、Enter キーを押します。
  7. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  8. 1」と入力し、[OK] をクリックします。

    : この修正プログラムを無効にするには、「0」と入力して、[OK] をクリックします。
  9. レジストリ エディターを終了します。
ファイル情報
修正プログラム (英語版) のファイル属性 (または後のファイル属性) は次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows XP SP2 (x86 ベース)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ieframe.dll7.0.6000.206616,066,17620-Aug-200708:29x86

Windows Server 2003 の修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。
必要条件
この修正プログラムを適用するには、コンピューターに Windows Server 2003 Service Pack 2 をインストールしておく必要があります。
再起動の必要性
この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。
更新プログラムの置き換えに関する情報
この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。
レジストリ情報
このページで修正プログラムを有効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分で修正プログラムを有効にするには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50698


注意事項
  • Fix it ソリューションを実行する前に、このサポート技術情報の上部の「修正プログラムのダウンロード」にある修正プログラムをインストールしてください。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

インストール後にこの修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. 次のサブキー名を入力し、Enter キーを押します。
    FEATURE_URLFILE_CACHEFLUSH_KB936881
  5. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  6. iexplore.exe」と入力し、Enter キーを押します。
  7. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  8. 1」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: この修正プログラムを無効にするには、「0」と入力して、[OK] をクリックします。
  9. レジストリ エディターを終了します。
ファイル情報
修正プログラム (英語版) のファイル属性 (または後のファイル属性) は次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 SP2 (x86 ベース)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ieframe.dll7.0.6000.206366,059,52017-Aug-200708:25x86

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。この解決方法に関するフィードバックを提供するか、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows Vista Service Pack 1 で修正済みです。

詳細

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 936881 - 最終更新日: 2011年12月20日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbvistasp1fix kbfixme kbmsifixme KB936881
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com