Windows XP のコピーを検証しようとすると、次のエラー メッセージが表示される:「0x80080201 プロダクト ID (PID) を検出することはできません"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 938720 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows XP のコピーを検証しようとすると、Windows 本物の利点 (WGA) の次のエラー メッセージが表示されます。
0x80080201 は、プロダクト ID (PID) を検出できません。

原因

この問題は、Windows XP WGA は、製品 ID (PID) へのアクセスをできない状態であるために発生します。この状態は、次のいずれかで発生します。
  • %Windir%\System32\Wpa.dbl ファイルが存在しないか破損している. します。
  • セキュリティ設定または %windir%\System32\Wpa.dbl ファイルの属性が正しくありません。
  • ダウンロード可能なツールがいくつかを移動またはプロダクト ID を変更しました。
  • レジストリで製品 ID 値が存在しないか破損している. します。
  • 1 つまたは複数、次のファイルはバージョンが正しくないことがありますか、登録されていることがあります。
    • Licdll.dll
    • Licwmi.dll
    • Legitcheckcontrol.dll

解決方法

この問題を解決するのには、次の手順を実行します。

手順 1: 検証チェックが失敗していることを確認します。

  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] oobe/msoobe/aプロパティ ].

    メモ 間にスペースがあります。 msoobe/a.
  2. Windows のライセンス認証します。 ダイアログ ボックスが表示されます。Windows XP のライセンス認証画面に表示される指示に従います。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、手順 2. します。

手順 2: をダウンロードして、Legitcheckcontrol.dll ファイルの最新バージョンを登録します。

  1. LegitCheckControl.cab ファイルをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://download.microsoft.com/download/9/b/d/9bdc68ef-6a9f-4505-8fb8-d0d2d160e512/LegitCheckControl.cab
  2. コンピューター上の LegitCheckControl.cab ファイルが一時ディレクトリに抽出します。
  3. Legitcheckcontrol.dll ファイルが一時ディレクトリにコピーします。 %windir%\System32 ディレクトリです。
  4. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  5. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力して、新しいバージョンの LegitcheckControl.dll ファイルを登録します。
    regsvr32 %windir%\system32\legitcheckcontrol.dll
  6. コンピューターを再起動します。
  7. コンピューターの再起動後、再び問題が発生するかどうかを確認するのには、1 の手順を実行します。それでも、エラー メッセージが表示される場合は、手順 3. します。

手順 3: Licwmi.dll のファイルを再登録します。

  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    regsvr32/u %windir%\system32\licwmi.dll
  3. 手順 1 をもう一度実行します。それでも、エラー メッセージが表示される場合は、手順 4. します。

手順 4: Licdll.dll ファイルを再登録します。

  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。ENTER キーを押します各コマンドの後。
    regsvr32/u %windir%\system32\licdll.dll
    net stop winmgmt
  3. Winmgmt サービスを停止した後、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    net start winmgmt
  4. 手順 1 をもう一度実行します。それでも、エラー メッセージが表示される場合は、手順 5 に進みます。

手順 5: をレジストリ内の ProductID の値を確認します。

  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、プロパティ ].
  2. 見つけて、次のレジストリ値を右クリックします。
    NT\CurrentVersion\ProductID
  3. レジストリ値を次の形式で表示されることを確認します。
    <12345-VER-1234567-89012></12345-VER-1234567-89012>
  4. 値が正しく表示される場合は、コンピューターを再起動し、手順 1 をもう一度実行します。
  5. それでも、エラー メッセージが表示される場合は、手順 6. します。

手順 6: Wpa.dbl ファイルの属性を読み取り専用に設定されていないことを確認します。

  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] attrib-r %windir%\system32\wpa.dblプロパティ ].
  2. 手順 1 をもう一度実行します。それでも、エラー メッセージが表示される場合は、手順 7. します。

手順 7: Wpa.dbl ファイルのセキュリティ設定を確認します。

  1. Windows エクスプ ローラーで、%windir%\System32\Wpa.dbl ファイルを探します。
  2. 右クリックします。 Wpa.dblプロパティ プロパティ.
  3. で、 セキュリティ タブのシステム グループを選択します。確認します。 許可します。 チェック ボックス フル コントロール オンになっています。If フル コントロール あるシステムのグループに対して、選択されていないを選択しをクリックして ].
  4. 手順 1 をもう一度実行します。それでも、エラー メッセージが表示される場合は、手順 8 に進みます。
メモ Windows XP Home Edition で、 セキュリティ タブはのみ場合、セーフ モードでコンピューターが表示されます。Windows XP Professional では、 セキュリティ タブに表示される場合にのみ、 (推奨) 簡易ファイルの共有を使用します。 チェック ボックスで、 フォルダー オプション ダイアログ ボックスは選択されていません。

手順 8: マイクロソフト正規性診断 (MGADIAG) ツールを実行します。

  1. このツールを実行するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=52012
  2. で、 ファイルのダウンロード - セキュリティの警告 ダイアログ ボックスをクリックして Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  3. で、 Internet Explorer - セキュリティの警告 ダイアログ ボックスをクリックして Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  4. で、 マイクロソフトの本物の利点の診断ツール ダイアログ ボックスをクリックして 続行.
  5. この MGADIAG ツールが完了したらをクリックしてください。 コピー.
  6. オンライン Windows XP 正規性検証の問題のフォーラムは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://forums.microsoft.com/Genuine/ShowForum.aspx?ForumID=442&amp;SiteID=25
    この MGADIAG ツールからコピーした情報を含む Web サイトでは、新しいスレッドを作成できます。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

WGA の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/genuine/downloads/whyValidate.aspx
詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
892130Windows 本物の利点 (WGA) の説明
916247 正規 Windows 推奨プログラム Windows XP のコピーを適切に検証しません。
Windows XP をアクティブにする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
307890Windows XP をアクティブにする方法

プロパティ

文書番号: 938720 - 最終更新日: 2013年3月1日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows Genuine Advantage
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB938720 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:938720
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com