Forefront Client Security をクライアント コンピューターの完全スキャンを実行するとネットワーク上の場所に格納されているファイルが予期せずスキャンします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939361
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

クライアント コンピューターの完全スキャンを実行するために Microsoft Forefront Client Security を使用すると、Forefront Client Security がネットワーク上の場所に格納されているファイルをスキャンします。帯域幅が狭いか、遅延が大きいネットワークでは、Forefront Client Security スキャンに長時間かかることがあります。このような状況では、Forefront Client Security は応答を停止するようです。

メモ 完全スキャンは、ローカル ハード ディスク ドライブを完全評価します。完全なスキャン ネットワークのハード ディスク ドライブまたはリムーバブル ハード ディスク ドライブをスキャンするものではありません。

原因

この問題は、Forefront Client Security は、ショートカットを評価し、参照先のファイルをスキャンするために発生します。ネットワーク上の場所に格納されている場合でも、forefront Client Security はこれらのファイルをスキャンします。

解決方法

この問題は、修正プログラム パッケージで Forefront Client Security は、今すぐ利用可能な解決します。この修正プログラムは、Forefront Client Security のマルウェア対策クライアントの動作を更新します。 この修正プログラムの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
971026修正プログラムは、Forefront Client Security のマルウェア対策クライアントにいくつかの問題を解決するのには

回避策

この問題を回避するには、ネットワークの場所を指すすべてのショートカット ファイルを削除しようことができます。ネットワークの場所を指すショートカット ファイルを多数のコンピューター上で次のフォルダーに格納されます。
%USERPROFILE%\Recent
これらのショートカットを削除するには、いずれか、次のグループ ポリシー設定を有効にします。
  • [終了時に最近開いたドキュメントの履歴をクリア
  • 最近使ったファイルの履歴を保存しない]
これらのポリシー設定を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. ローカル管理者としてコンピューターにログオンします。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ Gpedit.msc を使用して、し [OK].
  3. コンソール ツリーで、展開します。 [ユーザーの構成を展開 管理用テンプレート、し [スタート] メニューとタスク バー.
  4. 詳細ペインで右クリックします。 [終了時に最近開いたドキュメントの履歴をクリア、し プロパティ.
  5. で、 設定 タブで、クリックしてください 有効になっています。をクリックして 適用、し [OK]。

    メモ この GPO を有効にすると、コンピューターの電源ログに記録されるまで開いているアイテムの一覧が保持されます。

    または、有効にする、 最近使ったファイルの履歴を保存しない] GPO。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 詳細ペインで右クリックします。 最近使ったファイルの履歴を保存しない]、し プロパティ.
    2. で、 設定 タブで、クリックしてください 有効になっています。をクリックして 適用、し [OK]。

      メモ この GPO を有効にすると、開いているアイテムのリストは維持されません。
  6. ローカル グループ ポリシー エディターを終了します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

Forefront Client Security は次の種類のスキャンをサポートしています。すべての管理対象コンピューターや、特定の管理されたコンピューターのスキャンを実行できます。
  • 完全な
  • クイック
  • ユーザー設定
これらのスキャンは、ローカルのハード ディスク ドライブの完全評価を実行します。これらのスキャンは、ネットワーク ハード ディスク ドライブまたはリムーバブル ハード ディスク ドライブをスキャンするものではありません。

Forefront Client Security は、ファイルがアクセスされるたびに、「アクセス状態」イベントに応答する、リアルタイムのスキャナーも特徴です。この状況では、Forefront Client Security イベントをインターセプトし、アクセスするには、ファイルをスキャンします。共有ネットワーク リソース上にある場合でも、forefront Client Security は、ファイルをスキャンします。この予想される動作は、この資料に記載されている問題に関係のないです。

プロパティ

文書番号: 939361 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt fep2010swept KB939361 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:939361
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com