変更し、Visual Studio 2008年の Service Pack 1 で修正された問題の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 950263 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

セットアップおよび Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 (SP1) の削除に関する既知の問題を掲載しています。また、この資料には、Visual Studio 2008 SP1 の機能について説明します。

Express エディションの Visual Studio 2008 SP1 のリリース ノートでは、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料に含まれています。
950264 Express エディションを変更し、Visual Studio 2008年の Service Pack 1 で修正された問題の一覧

詳細

Visual Studio 2008 SP1 を適用する製品

  • Microsoft.NET Framework 3.5
  • Microsoft Windows SDK
  • Visual Studio 2008 Team Suite
  • Visual Studio 2008年チーム ・ エディション データベース技術者
  • Visual Studio 2008年チーム ・ エディションのソフトウェア設計者
  • Visual Studio 2008 Team Edition for Software Developers の
  • Visual Studio 2008年チーム ・ エディションのソフトウェア テスター
  • Visual Studio 2008年の標準エディション
  • Visual Studio 2008 Professional Edition

Visual Studio 2008 SP1 の入手方法

Visual Studio 2008 SP1 を入手するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=FBEE1648-7106-44A7-9649-6D9F6D58056E&displaylang=en
このパッケージの以下のエディションの Visual Studio 2008 service pack がインストールされます。
  • Visual Studio 2008 Team Suite
  • Visual Studio 2008年チーム ・ エディション データベース技術者
  • Visual Studio 2008年チーム ・ エディションのソフトウェア設計者
  • Visual Studio 2008 Team Edition for Software Developers の
  • Visual Studio 2008年チーム ・ エディションのソフトウェア テスター
  • Visual Studio 2008年の標準エディション
  • Visual Studio 2008 Professional Edition
Express Edition をダウンロードする場所を Visual Studio 2008年の Service Pack 1 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
950264Express エディションを変更し、Visual Studio 2008年の Service Pack 1 で修正された問題の一覧

変更の機能と Visual Studio 2008 SP1 で修正された問題

変更された機能、および Visual Studio 2008 SP1 で修正された問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
951845チーム エディションを変更し、Visual Studio 2008年の Service Pack 1 で修正された問題の一覧
951847 変更し、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 で修正された問題の一覧
この service pack は次の新しい機能を追加します。
  • SQL Server 2008 コミュニティ テクノロジ プレビュー (CTP) のサポート
  • 次の Visual Basic PowerPack コントロール。
    • ライン
    • 図形
    • データ リピータ
  • Visual Basic でのプロセスの名前を変更、Windows 通信基盤 (WCF) サービスの機能強化。
  • ドキュメント レベルの機能はアプリケーション レベルのアドインで Office を Visual Studio のツール。
  • ファイル名拡張子とは、ClickOnce アプリケーションのデザイン時サポート スタート メニューのカスタマイズ。
  • テクニカル レポート 1 (TR1) Visual C++ のライブラリをサポートします。
  • 改善の Microsoft Foundation クラス (MFC) Visual C++ の外観と動作を Microsoft Office のサポートするために。
  • Visual Web Developer での Web プロジェクトを SQL Server 2008 のサポート。
  • JavaScript は Visual Web Developer で書式設定します。
  • Visual Web Developer でのプロセスの名前を変更する、WCF サービスでの機能強化。
  • デバッグ メモリでの統合言語クエリ (LINQ) のクエリの結果を調べることのサポートが向上します。
  • エラー コードについての情報の豊富なセットを提供する新しい Visual C# の機能です。
  • 複数の独立したアプリケーションで使用できるパッケージのファイルのコピーをインストールするのには Visual Studio 業界パートナー (VSIP) パートナーの機能。
  • Windows Presentation Foundation (WPF) のデザイナーの次の新機能
    • デザイン時のサポートには、[イベント] タブ
    • TabControl コントロールと展開
    • XAML の名前を変更するにをコードおよび定義の機能に移動します。
  • Visual Studio ツールの Office システム (アドインのエラー ログ記録をサポートするために VSTO) の機能強化。
  • XSD スキーマ エクスプ ローラーの機能を強化。
  • ステップをデバッグ機能と、ステップ フィルター デバッグ機能マネージ プロパティおよびマネージ演算子の特定の変更。
  • シンボルおよびソース Microsoft パブリック シンボル サーバーからのダウンロードをキャンセルするのには、デバッガーの機能。
  • デバッガーでの合理的なサポート参照元。
  • ADO.NET エンティティ データへのアクセスを簡単にするデザイナー。
  • デバイス プロジェクトにローカル データベース キャッシュを追加する機能。
  • ASP.NET の動的データ テンプレートおよびツールボックスのコントロールです。
  • IIS 7.0 マネージ モジュールとハンドラーのテンプレートです。
  • F5 キーを押して WCF サービス ファイル (.svc) の WCF テスト クライアントのデバッグを開始するためのサポート。
  • Svcutil.exe ファイルで、Visual Studio 2008 SP1 での変更を復元します。 オプション XML スキーマ定義 (XSD) のプロパティです。使用できます、 オプション プロパティを使用して、次のように。
    • 省略可能なパラメーターのラッパー クラスを生成するのには、次のコマンドを使用できます。
      svcutil wsdl_file_name.wsdl/ラップ
    • 追加することができます、 <wrapped>true</wrapped> WSDL サービスを参照するのには、svcmap ファイルの ClientOptions セクションのステートメント。

      注: Svcutil.exe ファイルを実装します。 オプション .NET Framework 2.0 のプロパティです。ただし、 オプション プロパティは、.NET Framework 3.5 では利用できません。

Visual Studio のツール Office システム 3.0 ランタイム

新機能と機能

  • ドキュメント レベルの機能は、VSTO アドインは有効になります。たとえば、ListObject コントロールとマネージ コントロール有効になります。

Visual Web Developer 2008

新機能と機能

  • ビジュアル Web 開発者 2008 Express Web アプリケーション プロジェクト モデルは、テンプレートをサポートします。さらに、ビジュアル Web 開発者 2008 Express クラス ライブラリ プロジェクトをサポートします。Web サイトまたはアプリケーションの共有ロジックを保存するのには、別のアセンブリを作成できます。
  • JScript の書式設定コマンドのサポートが向上しました。スタンドアロンの JScript (.js) ファイル、および JScript キーボード ショートカットとして CTRL キーを押しながら K キー、CTRL キーを押しながら D のキーボード ショート カットで .aspx ページがサポートされます。
  • Microsoft SQL Server 2008 のサポートが追加されます。サーバー エクスプ ローラーでの SQL Server 2008 に接続することができます。サーバー エクスプ ローラーからドラッグ アンド ドロップ操作がデータ型では、SQL Server 2008 に固有のコード生成をサポートしています。これらのデータ型は次のとおりです。
    • 日付
    • Timespan
    • Datetime2
    • Datetimeoffset
  • サポートは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7 の管理モジュール プロジェクト テンプレート、および IIS 7 ハンドラー プロジェクトのテンプレートに追加されます。このため、Visual Studio で IIS 7 のマネージ モジュール プロジェクトおよびプロジェクトの IIS 7 のハンドラーを作成できます。
  • ASP.NET の動的データ コントロールを使用することができますように、プロジェクト テンプレートが追加されています。Visual Studio には Web サイトと新しい ASP.NET 動的データの機能を使用して Web アプリケーションを作成するためのプロジェクト テンプレートが含まれます。

Visual C++

新機能と機能

  • Visual C++ 2008 Feature Pack のリリース バージョンは、Visual Studio 2008 SP1 に含まれています。

Visual C#

新機能と機能

  • この service pack デバッグのサポートは、次の項目を追加します。
    • クエリの範囲変数
    • 匿名型
    • ジェネリック型引数
  • このサービス パックは、豊富なエラー コードについての情報を提供する Visual C# IDE の新機能を追加します。具体的には、この機能には、開かれているファイルをコード内で発生する式レベルのエラーが表示されます。これら式レベルのエラーは、ビルド操作の後のみ以前報告しました。

変更された機能

  • 以前のバージョンの Visual Studio では、開いているファイルで指定されて、ToDo タスクを使用してタスクの一覧が表示されます。この service pack では、Visual C# IDE はこの機能を拡張します。Visual C# IDE 全体のソリューションで指定されて、ToDo タスクを使用して、タスク一覧を作成します。

強化された機能

  • このサービスのパフォーマンスを強化します。 Enumerable.Cast<T></T> プリミティブ値変換して明示的に定義されているユーザーの変換を無効にする方法です。プリミティブ値変換の例としては、変換からです、 int 型 データを入力するのには 長い データを入力します。
  • このサービスのパフォーマンスを強化します。 場所 標準クエリ演算子のとは 選択します。 標準クエリ演算子です。

Visual Basic

新機能と機能

  • コード例エディターの Visual Basic コードは、Visual Studio 2008年の IDE に追加されます。
  • 新しい XML オブジェクトは、スキーマ ウィザードに追加されます。
  • Microsoft SQL Server 2008年のサポートが追加されます。このサービス パックに接続し、SQL Server 2008 データベースでは機能します。
  • 直線コントロールが追加されます。
  • シェイプのコントロールが追加されます。
  • データ リピータ コントロールが追加されます。

強化された機能

  • Windows 通信基盤 (WCF) サービスの名前を変更する操作性が向上します。
  • VBUpgrade の詳細モードには詳細が含まれています。

Windows Presentation Foundation (WPF) のデザイナー

新機能と機能

  • [プロパティ] ウィンドウが含まれます、 イベント タブの イベント タブを作成、割り当て、およびイベントを確認することができます。
  • [プロパティ] ウィンドウは、プロパティ名とカテゴリ別のプロパティをアルファベット順に並べ替えできます。
  • 名前変更の操作と、[定義へ移動機能は、XAML で作業を実行するのには更新されています。XAML 定義の分離コード ファイルの名前変更オペレーションを変更します。さらに、コード ビハインド ファイルのインスタンスを [定義へ移動機能を使用して、コントロールの XAML 宣言するを移動できます。
  • であっても、XAML ビューがアクティブなとき、デザイナーにコントロールをツールボックスから今すぐドラッグできます。XAML エディターにツールボックスからコントロールをドラッグすることもできます。
  • スナップ線は、コントロールの間隔を実装されています。この実装では、簡単に必要の他のコントロールやコンテナーの端から一定の距離でコントロールを配置できます。
  • Expander コントロールは自動的にコントロールが選択されている場合、または別のコントロールを展開コントロールをドラッグすると展開します。この方法では、IsExpanded プロパティは、実行時に影響を与えることがなくデザイン時に Expander コントロールのコンテンツをデザインできます。
  • 既存のグリッドの行を削除することができ、セルの枠線をドラッグして列グリッド レールのグリッドをオフします。このアクションの設計に含まれているすべてのコントロールの位置を保持します。

強化された機能

  • Visual Studio 2008 SP1 には多くの安定性とパフォーマンスの改善が行われました。改善の分野に高速で読み込むより堅牢なドキュメントと正確なエラー レポートが含まれます。

Windows SDK

強化された機能

  • SvcTraceViewer.exe、SvcUtil.exe の Windows 通信基盤 (WCF) サービス トレース ビューアー ツール

Visual Studio デバッガー

変更された機能および機能を (すべての Sku に適用)

  • [関数にステップ イン機能とステップのフィルター処理機能マネージ プロパティおよびマネージ演算子が変更されます。デバッガーは、プロパティの getter や演算子のオーバー ロードにステップ実行を回避します。この動作をオーバーライドするのには、ように入力します。 -> にステップ イン デバッグ時に、ショートカット メニューの。

    また、この動作を完全に無効にすることができます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Visual Studio 2008 をクリックしてください。 オプション で、 ツール メニューです。
    2. 展開 デバッグプロパティ 一般的な.
    3. [ステップ イン] の動作を無効にします。 一般的な ウィンドウです。

強化された機能と機能を (すべての VS 標準およびそれ以降のバージョンの Sku に適用)

  • この更新プログラムには、シンボルおよびソース Microsoft パブリック サーバーから処理の機能強化が含まれます。オプションは、簡単にシンボルおよびソース Microsoft パブリック シンボル サーバーからダウンロードすることができますが追加されます。時間がかかる、シンボルのダウンロードをキャンセルすることもできます。このオプションを設定するのには、次の手順を実行します。
    1. Visual Studio 2008 をクリックしてください。 オプション で、 ツール メニューです。
    2. 展開 デバッグプロパティ 一般的な.
    3. [ステップ イン] の動作を無効にします。 一般的な ウィンドウです。
  • この更新プログラムには、デバッガーのオートメーション モデルの改良が含まれています。この更新プログラムがオートメーション モデルのサポート アドレス ブレークポイントおよび式の評価の時点におけるスレッドのフレームを追加します。

データ プロジェクト

新機能と機能

ADO.NET エンティティ デザイナー
Visual Studio 2008年のすべてのエディションでは、ADO.NET エンティティ デザイナーが追加されます。ADO.NET エンティティ デザイナーには次の機能が含まれています。
  • エンティティ デザイナー
    エンティティ デザイナーを使用して、次のアクションを実行することができます。
    • データベースからエンティティ データ モデルを作成し、デザイナー画面に、モデルを表示します。
    • デザイン時に、モデルとマッピングを検証します。
    • オプションで Entity Framework のメタデータ成果物の出力アセンブリに埋め込みます。埋め込むことができますエンティティ Framework メタデータ成果物は次のとおりです。
      • 概念スキーマ定義言語 (CSDL) の成果物
      • マッピング仕様言語 (MSL) の成果物
      • ストアのスキーマ定義言語 (SSDL) の成果物
    • Entity Framework のメタデータ成果物を出力ディレクトリにコピーします。
    • データベース内のテーブルを変更すると生成済みのモデルおよびマッピングを更新します。
  • エンティティ マッピングの詳細] ツール ウィンドウ
    [エンティティ マッピングの詳細ツール ウィンドウで、次のアクションを実行することができます。
    • 表示し、エンティティおよびアソシエーションのマッピングを編集します。
    • 階層 (TPH) マッピング テーブルを使用して 1 つのテーブルに、エンティティの階層をマップします。
    • 型 (TPT) マッピング テーブルを使用して複数のテーブルに、エンティティの階層をマップします。
    • エンティティをストアド プロシージャにマップします。
    • 複数の条件をテーブルのマッピングを適用します。
    • エンティティをテーブルに分割します。
    • アソシエーションをマップします。
  • ツールの [モデル ブラウザー] ウィンドウ
    モデル ブラウザー ツール ウィンドウで、次のアクションを実行することができます。
    • モデルをツリー階層として視覚化します。
    • 簡単にエンティティ、プロパティ、およびアソシエーションのデザイナーおよびモデル ブラウザーから参照してください。
  • サポート
    ADO.NET エンティティ デザイナーでは、次のサポートが追加されます。
    • Microsoft SQL Server Compact Edition
    • SQL Server 2008 で次の新しい種類。
      • 日付
      • 時間
      • DateTime2
      • DateTimeOffset
      • ファイル ストリーム
    オブジェクト リレーショナル デザイナー (O/R デザイナー)
  • O/R デザイナー Visual Studio 2008年のすべてのエディションでは Microsoft SQL Server 2008 では次の新しい種類をサポートします。
    • 日付
    • 時間
    • DateTime2
    • DateTimeOffset
    • ファイル ストリーム
XML エディターや XSLT デバッガー
XML スキーマ エクスプ ローラーは、Express エディションを除くのすべての Visual Studio 2008年エディションに追加されます。XML スキーマ エクスプ ローラーには、次の機能が含まれます。
  • スキーマの階層構造を表示する XML スキーマ定義 (XSD) との関連の Xsd を示すツール ウィンドウで設定します。
  • 上のスキーマを検索する機能を設定します。
  • 機能は、機能とナビゲーション機能のスキーマのセットをフィルター処理、並べ替え。
  • ナビゲーション ツリー ビューと XML エディターを有効にするのには、XML エディターと統合できます。

強化された機能

XML エディターや XSLT デバッガー
XML エディターや XSLT デバッガーには複数の顧客の要求およびソフトウェア更新プログラムに適用されました。

この service pack と、その回避方法の既知の問題

  • Visual Studio 2008年の複数のエディションでは、Microsoft のすべてのエディションと同じサービス パック レベルであるそれらの構成のみをサポートします。コンピューターが複数の言語バージョンの Visual Studio 2008年と Visual Studio 2008年の複数バージョンのどちらか一方または両方を実行している場合は、すべてのエディションがリリース レベルまたは SP1 レベルでサポートする必要があります。

このサービス パックに含まれる修正プログラム

元に戻す全体を表示する
マイクロソフト サポート技術情報の記事タイトル
944899FIX、参照元のサーバーからダウンロードしたソース コードをステップするとき、Visual Studio 2008年のパフォーマンスが減少します。
946040FIX Visual C++ 2008年プロジェクトをコンパイルするとエラー メッセージ:"エラー C2471: プログラム データベースを更新することはできません"
948127Visual C++ プロジェクトでは、/INCREMENTAL を使用してにリンクされるビルド オプション Visual Studio 2008年で:「LNK1000: 内部エラー IncrBuildImage の中に」
946308FIX Visual Studio 2008 では、Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.dll アセンブリを使用して、タイプ ライブラリ情報を生成すると、さまざまな問題が発生します。
946344FIX Visual Studio 2008年を使用して、Visual Basic プロジェクトをビルドした後にパフォーマンス、IDE で発生する問題
946581Visual Studio 2008年と Visual Web 開発者の Express 2008 の累積的な更新が使用可能です。
947173FIX Visual Studio 2008 では、SQL Server レポート サービス 2005 RDLC ファイルを開くと、データセット パネル、レポート デザイナーで利用可能です。
947455FIX Visual Studio 2008 Team Foundation Server では、マージ操作を実行するとソース分岐から削除されたファイルが、ターゲット分岐に存在します。
947540FIX Visual Studio 2008年で ODBC データ ソースとデータ ソースの構成ウィザードを使用しようとするとエラー メッセージ:「プロシージャはサポートされていません」
951708FIX を多くのアセンブリを多くの参照に依存が Visual Basic 2008年のアプリケーションをビルドすると、Visual Basic コンパイラ (Vbc.exe) CPU リソースを 100% 使用可能性があります。

顧客によって報告された修正された問題

この service pack で修正される問題の一覧を次に示します。これらの問題の修正プログラムがリリースされていません。

Visual Studio ツールの Office システム 3.0

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
301392VSTO と Visual Basic for Applications の相互運用機能は使用できません。この問題が発生します。 EnableVBACallers VBA エラーが Visual Studio 2008年を実行するプロパティです。
306900Microsoft Outlook のフォーム領域では、テキスト ボックス コントロールを追加します。次に、コピー、削除、またはキーボードを使用して、コントロールから貼り付けをしてください。これを行うと、テキスト ボックスのコントロールは機能しません。
311397VSTO 3.0 のリリース バージョンに割り当てられたメモリを解放しません。
328329保護されているときにデータ キャッシュが破損している word のカスタマイズが存在します。

Visual Studio 2008年の Web 開発者

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
291226.Refresh ファイルを使用して、プロジェクトをコンパイルすると、.refresh ファイルのコンパイルに時間がかかります。
292096カスケード スタイル シート (.css) ファイルの書式を設定するとスペースが挿入されません。
293526Compilation セクションを Web.config ファイルで location 要素内に定義されている場合は、Web のデバッグ操作は失敗します。
293683有効にするとカスケード スタイル シート (CSS) IntelliSense 二重引用符、クラス属性を追加します。 入力するときに属性値の引用符を挿入します。 オプションです。
299418新しいマスター ページをプロジェクトに追加し、新しいマスター ページの既定値は親マスター ページを選択します。 しくみ 属性が False に設定されます。
302554「CSS クラス セレクター見つかりませんでした」が表示される<Class_Name>」「DIV のクラス名が [定義へ移動] をクリックすると、エラー メッセージします </Class_Name>。
303796Web サービスをデバッグすると、Visual Studio が自動的には、同じコンピューター上で Web クライアント アプリケーションでの Web 参照を更新します。
3041082 つ以上の値を加算すると、」属性が有効ではありません - 値 'NmToken' によってデータ型が無効です"エラー メッセージが表示されます、 traceOutputOptions Web.config ファイル内の属性です。
307231入れ子になったマスター ページを Web アプリケーション プロジェクトの新しい項目として追加できません。
308786画像 2 つの aspx ページを開くと、Visual Studio 2008年のデザイン ビューで表示されません。
309571Visual Studio 2008年での Microsoft Visual Basic Scripting Edition (.vbs) ファイルを編集すると色分け機能はありません。
309977Visual Studio 2008年は、大規模な HTML ファイルを使用するときを応答を停止します。
310296Visual Studio 2005年は、bin\vssver2.scc ファイルを発行します。
310858スタンドアロンの .css ファイルの書式を設定すると、Visual Studio 2008 Beta 2 がクラッシュします。
311717コンテナーに配置するタブの詳細表示では、タブのパネル内にあるカスタム コントロールを使用すると、エラー メッセージが表示されます。
312146App_Themes フォルダー下のフォルダー内のカスケード スタイル シート (.css) ファイルは、デザイン時に無視されます。
312199外部の .config ファイルで指定する場合は、 configSource Web.config ファイルは、デバッグ操作のコンパイル要素の属性は失敗します。
314664定義されているクエリのパラメーターのソースを更新します。 SqlDatasouce その他のパラメーターは、クエリ オブジェクトを Visual Studio 2008年を破壊します。
314745使用することはできませんが Page.StyleSheetTheme マスター ページを使用して、ページのプロパティです。
315930Web ページのソース コードは、デザイン モード内のテーブルを含む Web ページを編集すると、壊れたです。
317032マルチ モニター構成でセカンダリ モニターで Visual Studio を配置すると、エディターのサイズを変更すると問題が発生します。
317251リンクするときは、マスター ページに .css ファイルを使用して、~/アクセスできません、子ページの構文は、.css ファイル。
320945Jscript の IntelliSense で「Ext JS」の JavaScript ライブラリでは動作しません。
321902貼り付けの操作を実行すると、HTML デザイナーに、選択範囲は置き換えられるありません。
321928HTML デザイナーのショートカット キーは使用できません。
322465HTML デザイナーの選択は、タグがある場合は、選択範囲が置き換えられます、入力テキストが反転されます。
322633クラシックの .asp ファイルの構文の強調表示機能はありません。
324668ASP.NET のデザイナーを正しく配置、<span>タグで囲む SqlDataSource パラメーター</span> 。
327262パネル内では、テーブル内のコントロールを選択すると、コントロール ソース モードで発生しますです。
327560HTML ページ デザイン ビュー内でボタンをダブルクリックした後、表示を正しく実行します。
328944[コードの表示] ボタンおよび [デザイン ビュー] ボタンは有効ではありませんと、F7 キーと SHIFT キーを押しながら F7 ショートカット キーが機能しません。
328999<reference>タグに JavaScript ファイルを埋め込み JavaScript ファイル プロジェクト Visual Studio 2008年でのポイントを挿入します。プロジェクトをコンパイルすると、次のようなエラー メッセージが表示されます可能性があります:</reference>

ファイル"obj\Debug\ClassLibrary.dll""bin\Debug\ClassLibrary.dll"にコピーできませんでした。別のプロセスによって使用されているため、プロセスはファイル 'bin\Debug\ClassLibrary.dll' をアクセスできません。
両方のファイルが Visual Studio 2008年の IDE で開いている場合は、この問題が発生します。
330457Visual Studio 2008年のデザイン モードで、[コードの表示] の右側のショートカットのメニュー エントリは、常に表示されません。
330792NavigateURL プロパティを ハイパーリンク コントロールが URL を正しく解決します。
331383アセンブリを埋め込みで JavaScript 参照追跡されません。
331523JavaScript の IntelliSense にはミスが含まれています、 fontcolor メソッドとは、 フォント サイズ メソッドです。
331534JavaScript の IntelliSense では、RegExp オブジェクトの一部のメンバーは表示されません。
332864ASP.NET はレンダリングが正しく入れ子になったマスター ページを使用しているページは表示されません。
332941Javascript の IntelliSense がナビゲーション バーのオプションが無効になっている場合にオフにします。
333575HTML エディターがランダムに aspx ページの終了タグでは特別な html コードを削除します。
336039マイクロソフトのノート パソコンのマウスをコンピューターに接続すると、ユーザー インターフェイスの問題が発生します。
337534LinkButton オブジェクトを使用すると、「HTML の破壊」の問題に発生します。
337804含む埋め込みテーブルをレンダリング、"幅 = 100%「Visual Studio 2008 の IDE は、IDE のデザイン ビューでタグが応答を停止します。
338211ここでプレビュー機能を無効にしては、デザイン ビューで直接、コンテンツを開く、動作を既定値として設定します。
338668Visual Studio 2008年では、アニメーションの gif イメージを使用すると、デザイン ビューでが応答を停止します。 Atlas UpdateProgress コントロール
342172Visual Studio のエディターをドラッグした後予期しないし、正しくない HTML を生成します。 パネル 制御するのには UpdatePanel コントロール。

Visual C#

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
294736IntelliSense は読み取り専用プロパティには、オブジェクト初期化子を提案します。
295945未使用の Using を削除します。 コマンドは非連結しないこと 使用します。 統合言語クエリ (LINQ) のステートメント。
299277インターフェイスを明示的に実装されているため、Windows Presentation Foundation (WPF) 結合キーのプロパティを System.Linq.IGrouping インターフェイスを使用できません。
299827リファクタリング機能で Rename 関数は、常に文字列の内容が正しく処理されません。
303073コメントを使用して形式が正しくありませんが、コードをコンパイルすると、 /doc オプションは、「内部コンパイラ エラー」エラー メッセージが表示されます。
304338[イベント ハンドラー] タブの生成"機能を使用して、汎用的なイベント ハンドラーを作成すると、Visual Studio 2008年の IDE がクラッシュします。
304804使用します。 ディレクティブが適用部分メソッドの両方の部分に場合、 使用します。 ディレクティブは、さまざまなスコープで定義されています。
305895「= =」演算子と"! = の」オペレーターが動作しない正しく演算子は、null 許容型自体と比較するとします。型の値が null の場合は、この問題が発生します。
307131IntelliSense では、ジェネリック型パラメーターに適用される、拡張メソッドは表示されません。
315853次の 2 つ ロック 同じブロック内のステートメントは、コンパイラがクラッシュする可能性があります。
316127XML コメントに、CTRL キーを押しながら ENTER キーや shift キーと CTRL キーを押しながら ENTER キーを押すと、Visual Studio 2008年がクラッシュします。
336039マイクロソフトのノート パソコンのマウスが接続されているときのユーザー インターフェイスの問題
317256間違ったバージョンのデバッガー ビジュアライザー テンプレートを参照します。 Microsoft.VisualStudio.DebuggerVisualizers 以前のバージョンの Visual Studio のインストール時のアセンブリです。
319387式のツリーでは、ジェネリック インターフェイスのメソッドを呼び出すと、値型がボックス化されます。
319429オブジェクト初期化子は、値型は、式のツリーでは正しく動作しません。
319430オブジェクト初期化子では値型の変数を正しく動作します。
319454ユーザー定義の変換は、式のツリーが正しく動作しません。
319465true 演算子とは false 演算子が動作しない正しく式のツリーでこれらの演算子をオーバー ロードするとします。
321448名前変更のリファクタリング、Visual C# 2008 Express (ハング) を応答を停止するのには、エディションが可能性があります。
322925GetHashCode 関数への null 参照を渡すと、StringComparers の特定のオブジェクトが ArgumentNullException の例外をスローします。この例外は、ドキュメント化されたではないです。
323137LINQ の式ツリーのコンパイラは null 許容型に null の定数に、VerificationException 例外をスローします。
327883LINQ 式コンパイラは、整形式の式ツリーの「は」演算子に関連して、戻り値の型が void であるオペランドがクラッシュします。
329326次のコードをコンパイルするときは複数の問題が発生します。

」こと。t」
336356多くのプロジェクトを持つソリューションがあります。ソリューションでは、"すべての参照の検索] をクリックすると、Visual Studio が応答を停止可能性があります。 または操作を完了に長い時間を必要があります。
337315コレクション初期化子によって使用される Add メソッド void 戻り値を持たない場合は、式コンパイラ無効なコードが生成されます。
339226Null 許容ユーザーの演算子を使用すると C# コンパイラは無効な式ツリーを作成します。
339562式ツリー ノードは、「移動」を使用して、新しい式を作成、式のツリー ノードを作成します。式ツリー ノードをコンパイルすると、式コンパイラがクラッシュします。
340291C# コンパイラは列挙型の二項演算の無効な式ツリーを生成します。
340383埋め込みステートメントが中かっこを使用すると、コンパイラ エラーをスローし、コンパイルを拒否する可能性があります。
342361Compact Framework 2.0 を対象とする、Visual Studio 2008年でのデータ構造内に固定サイズの配列を作成すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

コンパイラの不足している必須メンバー 'System.Runtime.CompilerServices.UnsafeValueTypeAttribute.ctor'
344277サード パーティ製のライブラリからのオブジェクトのメンバーをスクロールすると IntelliSense は IDE がクラッシュします。
346407ライブの意味的エラーの分析ではエラーが正しく表示されます。
347248ライブの意味的なエラー分析、次の誤ったエラーを示しています。

' 型 'int' は参照型である必要があります

Visual Basic

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
326452XML 名前空間をインポートすると、不適切なエラー メッセージや現象が表示されます。
333884これらの Web 参照が含まれている場合 Visual Basic のプロジェクトはゆっくりとコンパイルされます。
321043大きな配列を使用すると、デバッグのパフォーマンス上の問題があります。
320416,302187大きな配列を使用すると、デバッグのパフォーマンス上の問題があります。
301577不適切な値の出力をイミディ エイト ウィンドウに表示されます。
315796Windows フォーム アプリケーションを編集すると、コンパイラがクラッシュします。
322131カスタム属性が含まれるアプリケーションがクラッシュします。
322714プロパティ ページを変更すると、ダーティ フラグが表示されます。プロパティ ページでの入力は 1 つだけのテキストを変更すると、変更は失われます。
301749「System.Linq 使用ディレクティブは、クラス デザイナーによって生成されるファイルからありません。
317143パブリッシャーをコンパイルするのには、[プロジェクトおよびソリューションを公開する不適切な構成の設定を使用します。
312573Visual Basic 2008 Express Edition を Visual Basic 6 コードのアップグレード後にエラー メッセージ:「この操作を完了できませんでした。システム指定されたファイルが見つかりません。"
291268SQL Server 2008 へのデータ接続は失敗します。
305371Visual Studio 2008年のインストールは、SQL 2008 CTP への接続を無効にします。
311689データセット デザイナーで生成されたコードでエラーが発生しました。
331912型指定されたデータセットのリレーションシップは、分割されます。
321275データセット デザイナーでのエラー メッセージ:「要求された値 'のプロパティ' が見つかりません。」
305067ASP.NET プロジェクトでは、コンポーネント デザイナーを使用すると、Visual Basic Power Pack PrintForm コンポーネントがツールボックスに表示されます。

Visual Studio デバッガー

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
307998アプリケーションをデバッグする場合は、Microsoft ASP.NET アプリケーションから、ブレークポイントは削除されません。
308138別のフォルダーに同じ名前を持つ 2 つのファイルがある場合は、ブレークポイントのみのファイルのいずれかで機能します。
310644DataView のビジュアライザーは正しく表示されません。
301865Windows Vista を実行しているコンピューターでブレークポイントを使用すると問題が発生する可能性があります。
319295Visual Studio で Microsoft シンボル ストアが構成されているし、Windows Vista で Visual Studio を実行している場合は、Visual Studio は、常にシンボルの [使用許諾契約書が表示されます。
315555JavaScript をデバッグするには、Visual Studio 2008年を使用して、デバッガー Iexplorer.exe を接続することによって。同じ名前を持つ複数のスクリプト ファイルが読み込まれている場合は、ページが更新されたときのブレークポイント、適切なスクリプト ファイルを保持されません。
320815StartupInfo.wShowWindow フラグは、デバッグなしで開始] または [デバッグ開始] オプションを使用して、プログラムを起動した場合に異なる値を持ちます。
333493標準入力 (STDIN) と標準出力 (STDOUT) でのデバッグを使用してアプリケーションをリダイレクトすることはできません。

Visual Studio SDK

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
320999メソッドが抽象ジェネリック クラスでは、A で宣言する必要があります、アプリケーションのコードを結合する場合 NullReferenceException エラーが発生して、 AspNET_Merge.exe ユーティリティが失敗します。

Visual C++

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
312421Microsoft マクロ アセンブラー (MASM) ツール Visual C++ 2008 Express Edition を Visual C++ 2008 Express Edition Service Pack 1 に追加されます。
310004有効にした後、 /doc 2008 年 Visual C++、コンパイラのコンパイラ オプションはコンパイル可能で標準的でないコードをコンパイルするときにクラッシュします。
323448既定のパラメーターの ctor の std::complex<T></T> オブジェクトが正しくありません。
294649intrin.h ヘッダー ファイルと string.h ヘッダー ファイルを同時に使用することはできません。
337740_BIND_TO_CURRENT_VCLIBS_VERSION を使用すると、「LNK2001 エラー」エラー メッセージが表示されます Visual C++ 2008年機能パックがインストールされたコンピューターで ATL 使用して、プロジェクト定義します。
330199GetSelText クラスのメソッドを RichEditCtrl を使用してマルチバイト文字セット (MBCS) プログラムを作成した後、プログラムが誤った値を返します。
329919Search_n アルゴリズムを使用して、連続する n 個の整数値を検索するのには ベクトル<int></int> オブジェクトです。N の値が 3 より大きい場合は、アサーションが発生します。
339442Is_pod クラスと has_trivial_constructor クラスが、ポッドはどちらも、クラスを入力する場合は true ですも自明な既定コンス トラクターがあります返すこと。
337241一部のアプリケーションでは。NCB ファイルが 64 mb (メガバイト) を超える、IntelliSense が失敗する場合があります。
339432コンパイラが、is_polymorphic クラスの false いません。

Windows Presentation Foundation デザイナー (WPF)

元に戻す全体を表示する
ID を接続します。説明
290646XAML エディターを使用すると、折りたたまれている領域が自動的に拡張可能性があります。
305184開くことができません、 PageFunction 使用しているページの RemoveFromJournal マウスと USB タッチ スクリーンのデバイスからの応答時間が予想よりも遅い。
307180ウィンドウの ActiveX コントロールのイベントはデザイン時にエラーを生成します。
307331WPF デザイナーは、正しくないコントロールのレイアウトが表示されます。
309063WPF エディターを終了し、再起動するのには、Visual Studio が繰り返される例外が生成されます。
312249WPF デザイナーは、水平スクロール バーが正しく表示されません。
312859WPF アプリケーションでは、Visual Studio 2008年では、コントロール テンプレートにボタンを追加します。ボタンの境界線を作成します。デザインをプレビューしようとすると、Visual Studio 2008年がクラッシュする可能性があります。
333036作成するか、[WPF アプリケーションを編集すると、Visual Studio 2008年の IDE がクラッシュします。
315614Visual Studio 2008 Team System ユーザーのコントロールは、WPF アプリケーションのプロジェクトでのエラーがクラッシュする可能性があります。
318018XAML デザイナーはどのような実行時に表示されますが正しく表示されません。
319692段落に、StackPanel コントロールを追加すると、Visual Studio がクラッシュします。
334662応答を停止可能性がありますと、WPF アプリケーションは、Visual Basic、一部のメニューおよびツールバーで作成し、次のエラー メッセージが表示されます。

ハンドルされていない例外が発生しました。

サポートされている言語とオペレーティング システム

サポートされている言語

Visual Studio 2008 SP1 更新プログラム以下のバージョンの Visual Studio 2008年に用意されています。
  • 英語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • ポルトガル語 (ブラジル)

サポートされているオペレーティング システム

  • Windows Server 2008 RTM または SP1
  • Windows Vista、または SP1
  • Windows XP Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降のバージョンの Windows XP
  • Windows Server 2003 SP1 またはそれ以降の Windows Server 2003

    注: Microsoft SQL Server 2008年コミュニティ テクノロジ プレビュー (CTP) のサポートがある必要な場合は、Windows Server 2003 SP2 がインストールされている必要があります。

インストールの要件

  • いずれか、サポートされている Visual Studio 2008年製品のライセンス供与先のコンピューターでインストールしなければなりません。
  • Microsoft Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンの Windows インストーラーは、セットアップ先のコンピューターにインストールしなければなりません。詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Aa372866.aspx
  • 512 MB を推奨、またはより多くの RAM。

Visual Studio 2008 SP1 のサポート

正式なサポート マイクロソフト経由で接続可能です。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://connect.microsoft.com/

Visual Studio 2008 SP1 の管理者による展開

Visual Studio 2008 SP1 は、条件付きのダウンロードのマネージャーと更新プログラムのインストーラーです。Visual Studio 2008 SP1 を検出し、のみに関連する更新プログラムを実行しているコンピューターに適用可能なインストールされます。管理者の展開では、サーバー コンピューター上のフル パッケージ レイアウトを作成します。Visual Studio 2008 SP1 のフル パッケージ レイアウトを作成するのには、次の手順を実行します。
  1. VS90sp1_KB945140.exe ファイルは、インターネットに接続して、コンピューター上の一時フォルダーにダウンロードします。たとえば、C:\VS90SP1 フォルダーにファイルを保存します。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].

    注: Windows Vista では、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力します 続行.
  3. すべての Visual Studio 2008 SP1 パッケージをダウンロードするのには、次のコマンドを入力します。
    VS90sp1 ・ KB945140 ・ ENU.exe ・/createlayout FullTargetFolderPath 進行状況バー
    注: プレース ホルダー FullTargetFolderPath パッケージ レイアウトのターゲット フォルダーを表します。たとえば、次のコマンドを入力します。
    VS90sp1 ・ KB945140 ・ ENU.exe/createlayout c:\VS90SP1\Layout/passive
これらの手順を実行すると、指定のフォルダーにパッケージを保存、すべての Visual Studio 2008 SP1 パッケージをダウンロード、Visual Studio 2008 SP1 をインストールしていません。これらのパッケージには、SP1 のセットアップ プログラム (SPInstaller.exe) が含まれます。

その後、この更新プログラムをクライアント コンピューターに展開するのには、次の手順を実行します。
  1. 作成した Layout フォルダーを共有ネットワークの場所にコピーします。
  2. SPInstaller.exe は、クライアントから次のコマンドを使用してコンピューターを実行します。
    FullNetworkPathSPInstaller.exe/q/log %temp%\VS90SP1.htm/promptrestart
    たとえば、次のコマンドを入力します。
    \\サーバー\VS90SP1\Layout\SPInstaller.exe/q/log %temp%\VS90SP1.htm/promptrestart

すべてのプラットフォーム用のインストールまたは削除の問題

詳細については readme を参照してください。

サービス パックに関する既知の問題

詳細については readme を参照してください。

関連情報

この service pack の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=110456
Express Edition を Visual Studio の 2008 Service Pack 1 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
950264Visual Studio 2008 Express Edition Service Pack 1 での変更内容と修正された問題の一覧
ADO.NET エンティティ データ モデル デザイナーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
956252ADO.NET エンティティ データ モデル デザイナー 2008年サービス パック 1 を Visual Studio shell (分離モード) で無効にする方法
956253 ADO.NET エンティティ データ モデル デザイナー 2008年サービス パック 1 を Visual Studio shell (統合モード) ではサポートされていません

プロパティ

文書番号: 950263 - 最終更新日: 2013年7月3日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2008 Team Suite
  • Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Database Professionals
  • Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Software Architects
  • Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Software Developers
  • Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Software Testers
  • Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition
  • Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition
  • Microsoft Visual C# 2008 Express Edition
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbhowto kbinfo kbmt KB950263 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:950263
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com