極端に断片化されたファイルを NTFS ボリュームを特定サイズまで拡張されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 967351
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

極端に断片化されたファイルは、NTFS ファイル システム ボリュームに割り当てを記述するために使用する構造体、実装の制限により、一定のサイズを超えて拡大可能性があります。

このシナリオでは、いずれか、次の問題が発生する可能性があります。
  • ファイルを新しい場所にコピーしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    Windows Vista にまたはそれ以降のバージョンの Windows
    ファイル システムの制限により、要求された操作を完了できませんでした。
    Windows Vista より前のバージョンの Windows のバージョン
    不足していますシステム リソース、要求されたサービスを完了するに存在します。

    オペレーティング システム エラー 33 の (別のプロセスがファイルの一部ロックしているため、プロセス ファイルにアクセスできません。)
  • アプリケーション ログからのスパース ファイルへの書き込みしようとすると、Microsoft SQL Server、次のようなイベントをログに記録可能性があります。
    Windows Vista にまたはそれ以降のバージョンの Windows
    イベントの種類: 情報
    イベント ソース: MSSQLSERVER

    説明:...
    0X000024c8190000 では、(要求された操作はファイル システム制限。 ため完了できませんでした) 665 SQL Server 中にを書く ファイル名...
    Windows Vista より前のバージョンの Windows のバージョン
    イベントの種類: 情報
    イベント ソース: MSSQLSERVER

    説明:...
    1450 (が不足していますシステム リソースが存在、要求されたサービスを完了する) でファイル ハンドルの 0000000000000FE8 での 0x000024c8190000 に書き込み中に SQL Server に.

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: MSSQLSERVER

    説明:.
    オペレーティング システム エラー 33 の (別のプロセスがファイルの一部ロックしているため、プロセス ファイルにアクセスできません。)

詳細

ファイルが非常に断片化されている場合は、NTFS のフラグメントに関連付けられている、割り当ての説明を保存するにはより多くの領域を使用します。割り当て情報は、1 つまたは複数のファイルのレコードに格納されます。ファイルの複数のレコードに割り当て情報が格納された場合、別の構造体が、ATTRIBUTE_LIST としては、知られて、それらファイル レコードに関する情報を格納します。ファイルを持つことができる ATTRIBUTE_LIST_ENTRY 構造体の数は制限されています。

私たちは、正確なファイルのサイズ制限を圧縮または非常に断片化されたファイルを与えることはできません。特定の平均サイズを使用して、構造体を記述するの推定値によって異なります。これらは、数の構造体のほかの構造内に適合を確認します。断片化のレベルが高い場合は、制限が前に達する。この制限に達すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Windows Vista またはそれ以降のバージョンの Windows
STATUS_FILE_SYSTEM_LIMITATIONファイル システムの制限により、要求された操作を完了できませんでした。
Windows Vista より前のバージョンの Windows のバージョン
STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES不足していますシステム リソース、要求されたサービスを完了するに存在します。
圧縮ファイルは、ディスク上のファイルが格納されている方法のための制限を到達するために可能性が高くなります。圧縮ファイルのレイアウトを記述するより多くのエクステントを必要とします。解凍して、ファイルの圧縮の断片化が大幅に向上します。既に圧縮されているチャンクの場所に書き込み操作を実行するの制限に達すことができます。制限スパース ファイルによっても到達できます。このサイズ制限は通常 40 gb (ギガバイト) の間で非常に断片化されたファイルの 90 gb。

回避策

回避策: 圧縮またはスパースではないファイルの場合は、ディスク デフラグ ツール、またはサード ・ パーティ製の最適化ツールは、Diskeeper の最適化ソフトウェアなどの Windows を実行して問題を軽減できます。注: ディスク デフラグ ツールの実行は圧縮またはスパース ファイルのこの問題を解決されません。Diskeeper のプログラムの詳細については、次の Diskeeper Corporation Web サイトを参照してください。

http://www.diskeeper.com/

Diskeeper Corporation にお問い合わせくださいするには、次の連絡先情報を使用します。
Diskeeper Corporation 
7590 North Glenoaks Boulevard, 2nd Floor 
Burbank, California, 91504 
(818) 771-160

プロパティ

文書番号: 967351 - 最終更新日: 2012年3月20日 - リビジョン: 5.1
キーワード:?
kbinfo kbmt kbsurveynew KB967351 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:967351
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com