SQL Server Analysis services データベースを同期する場合は、クエリ ログ テーブル内のすべてのレコードが切り捨てられます

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 968381
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。
  • SQL Server 2005 Analysis Services の Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) 累積的な更新プログラム 9 または SP2 以降の累積的な更新プログラムをインストールしました。また、SQL Server 2005 SP3 または後で SP3 の累積的な更新を SQL Server 2005 Analysis Services をインストールしています。
  • サーバー上のクエリ ログを設定します。
  • サーバー上のデータベースを同期します。
このシナリオでは、クエリ ログ テーブル内のすべてのレコードが切り捨てられます。

メモこの問題は、SQL Server 2008年および 2008 R2 の SQL Server も存在します。詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

解決方法

この問題に対する修正はまず SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新 3 にリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967909 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新パッケージ 3
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 でもこの問題を解決されません。同期を実行するたびに、データベースの新しいコピーを使用して同期先データベースが置き換えられるために、SQL Server 2008 OlapQueryLog テーブルが切り捨てられます。これは、同期では、既存のデータベースをアタッチまたは既存のデータベースを復元するなどのシナリオに適用されます。

SQL Server 2008 では、同期のスレッドに、更新されたデータベース スキーマの設計やが、比較の既存のデータベース スキーマの設計を変更されていないことを提案する内部のインジケーターはありません。したがって、各同期 OlapQueryLog テーブルは切り捨てられます。通常から誤解を招く、不適切な提案をする、集計デザイン ウィザードの前のリビジョンで古いクエリ利用状況情報を防止する構造 (キューブ、ディメンション、メジャー グループ)、データベースの設計が変更されたとき OlapQueryLog テーブルを切り捨てする必要があります。

1 つの回避策はユーザー定義を作成するトリガー OlapQueryLog テーブル テーブルに新しく挿入された行を複製するのには、リレーショナル データベースで"挿入"の後。必要に応じて手動でこのテーブルを維持できます。たとえば。

挿入後に OlapQueryLog SaveQueryLog のトリガーを作成します。
dbo としてを挿入します。CopyOfQueryLog 選択 * から挿入

この回避策を使用すると、正確な履歴情報データベースのクエリ アクティビティの記録を維持するために、CopyOfQueryLog テーブルを手動で管理することがあります。手動で、Analysis Services データベースのスキーマ変更が作成され、いつでも、テーブルを切り捨てるか、CopyOfQueryLog から、少なくともそれらの影響を受けるオブジェクトを削除してください。このメンテナンスは、Analysis Services データベースの最新のリビジョンでの集計のデザインに影響を与えるから、古いスキーマ バージョンに対して行われたアクティビティを停止する必要があります。

メモ お客様の環境で、クエリ ログ テーブルの名前が異なります。構成設定の名前を指定します。QueryLog\QueryLogTableName.

サーバーのログ ファイルの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms174827.aspx


Analysis Services のクエリ ログを構成する方法の詳細については、以下の Microsoft TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc917676.aspx

関連情報

SQL Server 2005 Service Pack 3 後利用可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
新機能では、SQL Server 2005 SP3 および SQL Server 2005 SP3 で改善の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 131442 =
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 968381 - 最終更新日: 2011年7月20日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB968381 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:968381
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com