メモリ不足の条件の下で 2008 の SSIS パッケージを実行すると SSIS 2008 のランタイム プロセスがクラッシュします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 977190
Microsoft Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2008年の統合サービス (SSIS 2008) パッケージは、あります。パッケージにデータ フロー タスクが含まれています。メモリ不足条件下では、サーバー上でパッケージを実行すると、アクセス違反が発生すると、し、SSIS 2008 のランタイム プロセスがクラッシュします。さらに、メモリ不足、SSIS 2008 のアプリケーション ログで、次のような警告が表示されます。
イベント名: OnInformation

説明: バッファー マネージャーは 10484760 バイトのメモリ割り当て呼び出しに失敗しましたが、メモリの圧力を緩和するために、バッファーをスワップ アウトすることができませんでした。305 のバッファーを考慮したし、295 がロックされていた。いずれかが不足していますメモリが不足してインストールされている、他のプロセスが使用していたか、ロックされているバッファーが多すぎるため、パイプラインに利用できます。

イベント名: OnInformation

説明: バッファー マネージャー 10485608 バイトで、メモリ不足を検出し、バッファーをスワップするのには、繰り返し試行が失敗した場合でも割り当ています。


メモDTExec.exe、DTSHost.exe、DTSDebugHost.exe 2008 の SSIS パッケージを実行するさまざまなランタイム プロセスです。2008 の SSIS パッケージを実行するプロセスは、パッケージでは、条件によって決定されます。DTExec.exe が親パッケージを実行します。DTSHost.exe プロセスは、子パッケージを実行します。パッケージにビジネス インテリジェンス デザイン Studio でのデバッグは、DtsDebugHost.exe プロセスを実行します。

原因

SSIS 2008 は、サーバーでメモリ不足の状態であることが通知されます。メモリ不足の状態が発生するは、のみ 128 mb (メガバイト) 256 mb のメモリが使用可能になった。その後、データ フロー パイプラインのバッファーが指定されている一時フォルダーにスワップを 2008 の SSIS ランタイム プロセスを開始、 BufferTempStoragePath [プロパティ] します。

「現象」に記載されている状況では、バッファー内データは内部では、コピー先のバッファーに変換をにコピーされます。たとえば、バッファー内のデータは、マージ結合変換でコピーされます。この操作は、サーバーがメモリ不足条件下での中に発生します。ただし、変換変換以外のスレッドが突然、コピー先のバッファーを移行することは認識されません。したがって、コピー操作が失敗し、アクセス違反が発生します。

解決方法

この修正プログラム転送先バッファー、コピー操作中に明示的がロックされます。この現象、コピー操作の実行中に、コピー先のバッファーをスワッピングから他のスレッドを防止します。 この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
977443 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server サービス ・ パックの特定の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

回避策

この問題を回避するには、メモリ不足の状態を解決します。この問題が発生しているメモリの別のコンピューターで異なります。通常、この金額は 32 MB、64 MB の間です。したがって、SSIS 2008 には、64 MB 以上の利用可能なメモリを割り当てするようにサーバーを構成することをお勧めします。

既定値は、低いメモリ リソース通知のイベントを通知する使用可能なメモリ量が変動します。この利用可能なメモリから 32 MB は 64 MB に各 4 ギガバイト (GB) の範囲です。この問題は、使用中の運用サーバーで使用可能なメモリの変動のために防ぐためには困難です。さらに、さまざまなその他の理由はメモリが少なくなります。メモリ リソース通知の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
メモリ リソース通知オブジェクトを作成する関数
この問題の頻度を減らすには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

コンピューターに物理メモリを追加します。

方法 2

SQL Server のインスタンスが実行されていないコンピューターで 2008 の SSIS パッケージを実行します。

方法 3

2008 の SSIS パッケージを実行すると、設定は、 最大サーバー メモリ SQL Server 2008年 2 つ値を小さくするオプションです。この現象は、使用可能なメモリが増加します。

方法 4

データ フロー タスクを含む 2008 の SSIS パッケージを実行すると、大量のメモリを消費するアプリケーションを終了します。

方法 5

一連のではなくメモリの使用量を減らすには、並列で SSIS 2008 のパッケージとは、データ フロー タスクを実行します。


方法 6

記載されているメソッド、メモリ不足の状態のトラブルシューティングを行うには、「関連情報」セクションの「SSIS のメモリの使用量を監視する方法」サブセクションでを使用します。次に、SSIS 2008 のメモリの使用量を最適化します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

SSIS のメモリの使用量を監視する方法

最大メモリ使用量を計算するのには、さまざまな SQL Server 統合サービス実行時処理のピーク時の使用率を測定するためのメモリを監視します。

使用して、さまざまな SQL Server の統合サービス (SSIS) の実行時プロセスのピーク メモリ使用量を監視、 Private Bytes カウンターは、 プロセス パフォーマンス モニターのオブジェクトです。SSIS ランタイム プロセスには、DTExec.exe プロセスと、DTSHost.exe プロセスなどがあります。

SSIS パッケージを実行している場合は、最大値を見つけるに Private Bytes カウンターです。並列で複数のパッケージを実行している場合は、メモリの使用量の最大値を取得するを実行しているすべてのプロセスの最大値を加算します。

山と谷を検索するのには、外部のプロセスを監視します。

使用して、SQL Server サービスと SSIS サービス以外のプロセスのピーク メモリ使用量を監視、 Private Bytes カウンターは、 プロセス パフォーマンス モニターのオブジェクトです。SSIS のメモリの空き容量が低下するピーク使用時間を参照してください。たとえば、ピークは複数のユーザーがリモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用してサーバーに接続するとき、またはバックアップ ・ ソフトウェアが実行されている場合です。

ピークと谷を検索するのには、SQL Server メモリ使用量を監視します。

「を使用したページをバッファー プール用のロック」メッセージは、最新のエラー ログ ファイルにではない場合は、 Private Bytes カウンターは、Sqlservr.exe プロセスは、SQL Server サービスがどのくらいのメモリが消費される可能性があります。

「を使用したページをバッファー プール用のロック」メッセージは、最新のエラー ログ ファイルに含まれている場合を使用して、 合計サーバー メモリ (KB) カウンターは、 SQL Server: メモリ マネージャー SQL Server バッファー プールのメモリ使用量を測定するパフォーマンス オブジェクト。また、使用して、 Private Bytes (MemToLeave) バッファー プール以外のメモリ割り当てを検索するのには、Sqlservr.exe プロセスのカウンターです。合計は、 合計サーバー メモリ (KB) カウンターの値と MemToLeave 値は実質的な SQL Server を使用するメモリの総量です。

パフォーマンス モニターとタスク マネージャーは、次の条件のいずれかに該当する場合は、これらのバッファー プール ページによって消費されるメモリは表示されません。
  • は、 メモリ内のページのロック SQL Server サービスのスタートアップ アカウントにユーザー権利が割り当てられます。
  • は、 AWE メモリが有効になります。
メモ これらの条件のいずれかが該当するときは、 Private Bytes メモリの量を消費して、SQL Server サービスは、さまざまな SQL Server インスタンスの Sqlservr.exe のプロセス カウンターがわかります。

Windows で使用可能なメモリの最小値を監視します。

Windows でメモリの量が利用を監視するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 使用して、 利用可能なメガバイト パフォーマンス モニターで利用可能なメモリの量を示すカウンターです。
  • ビュー、 物理メモリ (MB) ? 空き 時価額、 パフォーマンス タスク マネージャーのタブ。

    メモ 一部のオペレーティング システムでは、 物理メモリ (MB) ? 空き 値を付けられてとして、 使用可能な物理メモリ (K): 値です。

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。


SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は


ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 977190 - 最終更新日: 2011年7月20日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB977190 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:977190
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com