前提条件の修正プログラムの詳細については、システム センター構成マネージャー 2007 R3

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 977384
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料でシステム センター構成マネージャー 2007 R3 を前提条件となる修正プログラムについてを説明します。

この修正プログラムは、システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2 (SP2) を実行している、次のコンピューターに必要なです。
  • プライマリおよびセカンダリ サイト サーバー
  • コンソール ・ サーバーのリモート管理
  • リモート プロバイダー サーバー
  • クライアント コンピューター

詳細

システム センター構成マネージャー 2007 R3 は、コンピューターにインストールする前に、この修正プログラム パッケージをインストールする必要があります。この修正プログラム パッケージがインストールされていない場合は、インストール プロセス中に、次のメッセージが表示されます。
Microsoft システム センター構成マネージャー 2007 R3 は、構成マネージャー 2007 QFE KB977384 が必要です。
次のロールで提供しているコンピューターでこの問題に発生します。
  • システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2 (SP2) サイト サーバー
  • システム センター構成マネージャー 2007 SP2 のリモート管理コンソール
  • システム センター構成マネージャー 2007年の SP2 クライアント
メモ この修正プログラムがインストールされていない場合は、システム センター構成マネージャー 2007 R3 の電源管理機能をシステム センター構成マネージャー 2007年の SP2 クライアント コンピューターでは動作しません。

修正プログラムの情報

システム センター構成マネージャー 2007 R3 をインストールする前に、影響を受けるサイト サーバー、クライアント システムで、またはリモート管理コンソールにこの修正プログラムをインストールします。

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack インストール 2 (SP2) が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

ファイル属性を次の表に記載されているが、英語 (米国) バージョンのこの修正プログラムをインストールします。これらのファイルの日付および時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。さらに、これらのファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。
システム センター構成マネージャー 2007年のファイル情報のメモ
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Adminui.collectionproperty.dll4.0.6487.2157599,9122010-01-2 月13: 40x86
Adminui.powermanagement.dll4.0.6487.215755,1442010-01-2 月13: 40x86
Adminui.tasksequencemediawizard.dll4.0.6487.2157333,6722010-01-2 月13: 40x86
Adminui.transfersitesettingswizard.dll4.0.6487.2157448,3602010-01-2 月13: 40x86
Adminui.uiresources.dll4.0.6487.21574,274,0242010-01-2 月13: 40x86
Adsource.dll4.0.6487.2157126,8242010-01-2 月13: 40x86
Baseobj.dll4.0.6487.21571,012,0722010-01-2 月13: 40x86
Climsgs.dll4.0.6487.2157264,0402010-01-2 月13: 40x86
Collectionsettings.mof該当しません。2,1232010-01-2 月13: 40該当しません。
Managementclassdescriptions.xml該当しません。887,8832010-01-2 月13: 40該当しません。
Osd_tasksequencemediawizard.xml該当しません。5,3252010-01-2 月13: 40該当しません。
Policypv.dll4.0.6487.2157478,0562010-01-2 月13: 40x86
Pwragentendpoint.dll4.0.6487.2157352,6002010-01-2 月13: 40x86
Pwreventtask.dll4.0.6487.215798,1362010-01-2 月13: 40x86
Pwrhinvprov.dll4.0.6487.215798,1522010-01-2 月13: 40x86
Pwrmgmtschema.mof該当しません。4,9912010-01-2 月13: 40該当しません。
Pwr_res.dll4.0.6487.21573,07221-7 月-201003: 26x86
Replstcfg.exe4.0.6487.215742,8562010-01-2 月13: 40x86
Rolesetup.exe4.0.6487.2157342,8882010-01-2 月13: 40x86
Sccm2007ac sp2 kb977384 x 86-enu.msp該当しません。1,011,2002010-01-2 月13: 40該当しません。
Sitecomp.exe4.0.6487.2157508,7762010-01-2 月13: 40x86
Smsprov.dll4.0.6487.21573,888,4882010-01-2 月13: 40x86
Tsspropertieslist.xml該当しません。73,1292010-01-2 月13: 40該当しません。
この修正プログラムには、マイクロソフト サポート技術情報の資料 977203 に記載されている修正プログラムのクライアント部分が含まれています。ただし、977203 には、この修正プログラムに含まれていないサイト サーバーの変更も含まれています。これら 2 つの修正プログラムのサーバー部分に重なりがないし、任意の順序でインストールすることができます。また 977203 の分散 CCMCertFix.exe のユーティリティでこの修正プログラムの一部として含まれていない注意してください。CCMCertFix.exe ユーティリティを入手するには、977203、Knowledge Base の資料に記載された修正プログラムをダウンロードし、修正プログラムの内容を抽出するには、次のコマンドを実行します。
msiexec.exe/a SCCM2007 SP2 KB977203 ENU.msi/qb targetdir =Path_To_Extract_To

注意
  • このコマンドで、プレース ホルダーPath_To_Extract_To 修正プログラムの内容を抽出する先の場所を表します。CCMCertFix.exe ユーティリティを抽出した後、この場所でこのユーティリティを検索できます。
  • このコマンドで、.msi ファイルの名前は、ダウンロードされたローカライズ バージョンによって異なる場合があります。ダウンロードした .msi ファイルの名前を確認し、必要がある場合、コマンドラインを適切に変更します。

タスク シーケンス中に KB977384 をインストールします。

オペレーティング システムの展開では、KB977384 の修正プログラムに ConfigMgr 2007 OSD タスク シーケンス中にインストールする必要があります、 Windows のセットアップと構成マネージャー タスク。それ以外の場合は、タスク シーケンスを実行しているときに発生する、問題が引き続き発生します。さらに、 ソフトウェアをインストールします。 タスクは、修正プログラムをインストールするのには使用できません。これを行うにしようとして失敗すると、タスク シーケンスが停止するには、ConfigMgr 2007 クライアント サービスになります。

メモタスク シーケンス中にこの資料に記載されている、クライアント用の更新プログラムがインストールされている場合は、クライアント更新プログラムがこの更新プログラムの一部として含まれているためにも 977203、Knowledge Base の資料に記載のクライアント用更新プログラムをインストールする必要はありません。

ConfigMgr 2007 OSD タスク シーケンス中に、KB977384 の修正プログラムをインストールするを使用して、 修正プログラム。 次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されているオプション:
907423 システム管理 Server 2003 アドバンスト クライアントの初期インストールに更新プログラムを含める方法
ConfigMgr 2007 OSD タスク シーケンス中に、KB977384 の修正プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. サイト サーバーに修正プログラムを適用します。
  2. サイト サーバーに修正プログラムが適用されている場合に ConfigMgr 2007 クライアント インストール ファイルのディレクトリの \i386\hotfix\KB977384\ に KB977384 の修正プログラムに ConfigMgr 2007 クライアント インストール ファイルが更新されます。ConfigMgr 2007 クライアント インストール ファイルが更新されたため、ConfigMgr 2007 クライアント インストール パッケージがある配布ポイントを更新してください。
  3. 変更、しをクリックする必要のあるタスク シーケンスを右クリックします。 編集.
  4. クリックしてください。 Windows のセットアップと構成マネージャー.
  5. で、 インストールのプロパティ ボックスで、次を入力します。
    修正プログラム ="C:\_SMSTaskSequence\OSD\<Package_ID></Package_ID>[\i386\hotfix\KB977384\SCCM2007AC-SP2-KB977384-x86-enu.msp]

    メモ
    • <Package_ID></Package_ID> ConfigMgr 2007 に ConfigMgr 2007 クライアント インストール パッケージのパッケージ ID が入ります。
    • パスの一部として引用符を含めることを確認してください。ただし、プレース ホルダーの周囲には、角かっこを含めないでください。
    • ConfigMgr 2007 クライアント インストール パッケージのパッケージ ID を使用していることを確認し、 いない KB977384 の修正プログラム パッケージのパッケージ ID。
    • _SMSTaskSequence キャッシュ フォルダーは、ほとんどのディスク領域があるドライブに置かれます。コンピューターに複数のドライブまたはパーティションがある場合は、 _SMSTaskSequence フォルダー C ドライブ以外のドライブに終わる可能性があります。このシナリオを含むドライブを指すようにパスを変更する、 _SMSTaskSequence フォルダーです。お、変数を使用することは勧めしません _SMSTSMDataPath このパスにドライブ文字のためのパスとは異なる windows PE よりも完全な Windows オペレーティング システムで列挙できます。
    • ローカルのタスク シーケンスのキャッシュに ConfigMgr 2007 クライアント インストール ファイルを指すローカル パスを使用する代わりに、ConfigMgr 2007 クライアント インストール ファイルまたは元のパッケージの配布ポイントを指す UNC パスを指定できます。
    • ConfigMgr 2007 クライアント インストール ファイルのディレクトリの \i386\hotfix\KB977384\ にある、.msp ファイルの名前を確認します。ロケールによっては名前とは異なる可能性があります。修正プログラムで使用される .msp ファイル名の名前と名前が異なる場合にコマンドライン = この手順では、名前を合わせて調整します。
  6. クリックしてください。 適用 または ] タスク シーケンスを保存します。

関連情報

システム センター構成マネージャー 2007 R3 の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
詳細については、機能とメリットのシステム センター構成マネージャー 2007 R3
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明
システム センター構成マネージャー 2007 の修正プログラムをインストールする方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2477182システム センター構成マネージャー 2007年の修正プログラムのインストールの手引き
?

プロパティ

文書番号: 977384 - 最終更新日: 2012年1月10日 - リビジョン: 9.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB977384 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:977384
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com