Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年 (FIM) 1 のパッケージを更新します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 978864
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトは Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年更新 1 をリリースしました。この更新プログラムは、FIM 2010 RTM ビルド 4.0.2592.0 とも呼ばれるだけに適用されます。この更新プログラムは、FIM 2010 のすべてのインストールをお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項

  • FIM の各コンポーネント用の更新プログラム パッケージは、個別の更新ファイルで配布されます。
  • この更新プログラムの詳細については、「詳細情報」にリンクされているリリース ・ ノートです。

詳細

更新プログラムの入手方法 1 FIM 2010

この更新プログラムは次のサービスを利用できます。

元に戻す全体を表示する
方法をダウンロードします。コンポーネント
Microsoft 更新プログラム カタログすべてのコンポーネント
自動更新すべてのコンポーネント
Windows Update サイト更新プログラムを Windows XP にのみ
、FIM アドインや拡張機能
、FIM アドインや拡張機能の LP
・ FIM CM 一括発行のクライアント
、FIM CM クライアント


注: これらの更新プログラムは、運用コンピューターでをインストールする前にテストすることをお勧めします。ください実稼動環境で使用するテストでは、update メソッドをテストします。

重要。 FIM のサーバー コンポーネントを制限は、Microsoft Update サービスで自動更新を使用する場合です。Windows Server 2008 をダウンロードして自動的に更新プログラムをインストールするのには、Windows Update サービスを許可するインストールの問題可能性があります。更新プログラム パッケージをダウンロードするのには、Windows Update サービスを使用する場合は、ダウンロードし、インストールのプロンプトを表示するようにサービスを構成することをお勧めします。これは、問題を回避動作します。

コンポーネントの更新プログラムのファイル情報

コンポーネントの更新プログラム パッケージ

次の表には、ダウンロード可能なコンポーネントの更新プログラム パッケージが含まれます。
元に戻す全体を表示する
コンポーネントファイル名
FIM 2010 のアドインと拡張機能FIMAddinsExtensions_KB978864.msp
(注: x 86 と x64 版)
FIM 2010 アドインや拡張言語パックFIMServiceLP_KB978864.msp
(注: x 86 と x64 版)
FIM 2010 の証明書の管理FIMCM_KB978864.msp
FIM 2010 の証明書管理の一括発行
クライアント
FIMCMBulkClient_KB978864.msp
FIM 2010 証明書管理クライアントFIMCMClient_KB978864.msp
(注: x 86 と x64 版)
FIM 2010 サービスとポータルFIMService_KB978864.msp
FIM 2010 サービス ポータルの言語パックFIMServiceLP_KB978864.msp
FIM 2010 の同期サービス FIMSyncService_KB978864.msp
FIM 2010 パスワード変更通知サービスFIMPCNS_KB978864.msp
(注: x 86 と x64 版)


ビルド情報

更新プログラム パッケージ 1 FIM 2010 RTM のと呼ばれるビルド 4.0.3531.2。

この更新プログラム パッケージに含まれる変更

このパッケージには、FIM の以下の機能領域に複数の更新プログラムが含まれます。更新プログラムのほとんどは、製品の RTM ビルドにはしていませんが、アドレスの最初の更新プログラムのロールアップ パッケージに重要な考慮されたものでした。このような理由から、この更新プログラム パッケージには通常、1 つの更新プログラム パッケージのリリースよりも多くの複数の更新が含まれています。

この更新プログラムは、機能には、以下の問題を修正されます。
  • セットアップ
  • 同期エンジン
  • ローカリゼーション
  • FIM Portal ユーザー ・ インタ フェース
  • セルフ サービス パスワード リセット
  • ワークフロー
  • セット
コンポーネント] セクションで次の変更箇所の変更点に関する詳細な情報があります。

この更新プログラムをインストールする前に

FIM サービスとポータルの同期サービスの FIM

  1. すべてデータベース、構成ファイル、暗号化キー、証明書、またはカスタム コンポーネントを作成します。
    1. FIM 製品データベース
      • FIMSynchronizationService データベース
      • FIMService データベース
    2. 構成ファイル
      • 同期サービスの FIM
        • すべてのカスタム同期サービスのルールを拡張
        • すべてのカスタム管理エージェントの同期サービス
        • 必要なすべての MAData フォルダーからのデータ
        • MIIServer.exe.config ファイル
        • (同期サービスのキーの管理] ツールを使用して) 暗号化キー
      • FIM サービス
        • Microsoft.ResourceManagement.Service.exe.config
        • FIM サービスのセットアップ時に指定した証明書
        • カスタム ワークフロー
        • カスタム ・ クライアント
  2. FIM ポータル
    • FIM ポータルは http://localhost を使用できることを確認してください。
    • SSL を有効にしている、または何らかの理由で変更を加えた場合は、http://localhost に、FIM のポータル サーバーにアクセスできません、このアドレスは、更新プログラムを適用する前にアクセスできるように、必要に応じて構成を変更します。この更新プログラムをインストールした後、一時的な変更を戻すことができます。
  3. 同期サーバーに更新プログラムをインストールする前に、FIM の同期サービス マネージャーを閉じます。これは、更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるされます。
  4. FIM サービスとポータルの UI を使用して、FIM の同期サービスをインストールすることを強くお勧めします。これらのサーバーのいずれかのマイクロソフトの更新プログラムを構成する]更新プログラムのダウンロードがそれらをインストールするかどうかを選択します。「または」更新プログラムの確認しますが、私をダウンロードしてインストールするかどうかを選択することができます。

FIM 証明書の管理

TechNet の FIM 証明書の管理の構成をバックアップするために記載されて手順を実行します。
FIM CM のバックアップと復元ガイド

インストール後の手順

  1. この更新プログラムを適用すると、FIM の言語パックがインストールされている場合も、更新の 1 の言語パックをインストールしてください。しない場合は、製品バージョンの不一致が英語にフォールバックするのには、製品になります。
  2. FIM の同期サービスでは、証明書の管理の管理エージェントを使用する場合は、FIM の同期サービスと、FIM 証明書管理サービスを更新 1 に更新してください。
    この要件を回避するには、してくださいバインドのリダイレクトの設定に記載されているとおり実装します。 http://support.microsoft.com/kb/2005585.
  3. 2 新しい管理のポリシー ルール (MPRs) の更新 1 を追加します。新しい MPRs は次のとおりです。
    • 「作成できます登録オブジェクトを」(アクション タイプ: 作成)
    • 「ユーザーは変更できます登録オブジェクトを」(アクションの種類: を変更)

    これらの新しい MPRs、「作成できます登録オブジェクトを」を交換するためのもの (アクション タイプ: 作成、変更) MPR。古い変更した場合は、「作成できます登録オブジェクトを」(アクションの種類: を作成、変更) MPR は、MPR は古いを削除する前に変更するには、新しい MPRs を適用する必要あります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. FIM ポータルをクリックします。 管理ポリシーの規則.
    2. 「オブジェクトを登録します」の語句を検索して、MPRs の一覧にフィルターを適用します。
    3. Old に変更している場合「作成できます登録オブジェクトを」(アクションの種類: を作成、変更) MPR は 2 つの新しい MPRs を適宜変更します。
    4. 古いを削除する「作成できます登録オブジェクトを」(アクション タイプ: 作成、変更) MPR。


FIM サービスとポータルの更新プログラムをアンインストールする前に

Ifサービスとポータルの更新プログラム パッケージをアンインストールする、次のようにする必要があります。
  1. ファイルをコピーします。 [FIM インストール Folder]\Service\Microsoft.ResourceManagement.Service.exe.config 別の場所にコピーできるようにバックアップをアンインストールの完了後。
  2. サービスを停止します。 FIMService.
  3. FIM ポータル、FIM のサービスと同じサーバー上に存在しない場合は、FIM の Portal サーバーから更新プログラムをアンインストールします。SharePoint ファームにインストールされている場合は、この手順は最も可能性の高いタイムアウトにします。この問題を回避するには、FIM Portal をアンインストールして再インストールの手順に従って、 FIM インストール ガイド.
  4. FIM を RTM バージョンには、FIM のサービス データベースを復元します。FIM 2010 RTM 更新プログラム 1 には、データベースが更新された場合は、RTM バージョンの FIM サービスは開始されません。
  5. 1 から更新プログラムをアンインストール、 コントロール パネル.
  6. FIM サービス サーバーで、サービスの FIM のインストール フォルダーを開き、 Microsoft.ResourceManagement.Service.exe.Config ファイルです。出現するすべての置換します。
    ?「4.0.3531.2」と「4.0.2592.0」の RTM ビルドし直す。
  7. FIM ポータル サーバー上、web サイトのルート フォルダーに web.config ファイルを開きます。出現するすべての置換します。
    ?「4.0.3531.2」と「4.0.2592.0」の RTM ビルドし直す。
  8. ファイルをコピーします。 Microsoft.ResourceManagement.Service.exe.config 元の場所に戻します。
  9. FIM サービスを開始します。

コンポーネントの一覧を表示の変更

FIM 同期サービスの向上

  • ごみ箱では、Active Directory のサポートを追加します。正しい結果を得るには、広告のごみ箱 FIM 同期サービスを使用して DC 上の 979214 の修正プログラムをインストールします。
  • 新しい機能を追加:「再開完全同期」次回、同じ実行プロファイルが試されます、完全同期が完了しない場合は、新しいオプションでは、管理エージェントの実行停止した場所から、完全な同期を続行する管理者ことができます。
  • Exchange 2010 が正しく広告の合併/買収先に検出されなかった問題は修正されています。
  • その他の顧客を固定 FIM 同期サービスに関する問題を報告します。

FIM ポータル

  • オブジェクト ピッカー UOC コントロールでは、選択したアイテムをクリックするとポップアップ ウィンドウでクリックした項目が表示されます。
  • X パス参照で電子メール テンプレートが、以前の表示名を取得するオブジェクトの ID への参照を正しく解決します。

    [//Target/ObjectID] - または -[//Request/ObjectID]
  • バインディング オブジェクトを作成するのには、ダイアログ ボックスで、正しく前方を移動するときと、[次へ] および [前へ] ボタンを使用して、ダイアログ ボックスで、DisplayName の値が保持されます。
  • 承認ワークフローの承認者が、ユーザー マネージャーの値があるない場合は空白ですが未解決の状態になったスタックを取得します。今すぐ、ワークフロー インスタンスとの発言が失敗します。

    WorkflowInstance 'XXXX' に定義された承認者] [//Target/Manager]' のいずれかを解決できませんでした。
  • 更新 (1) は、2 つの新しい MPRs を追加します。これらの新しい MPRs を構成する方法の詳細についてを参照してください、 インストール後の手順 この資料の「。

FIM サービス

  • 主キー違反エラーを返すが、FIM_DeleteExpiredSysetmObjectsJob SQL エージェントで問題が修正されました。

FIM 証明書の管理の一括発行クライアント

  • FIM CM 一括クライアントをインストールし、Windows 7 の 32 ビットで実行するには、更新されました。

プロパティ

文書番号: 978864 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB978864 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:978864
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com