更新プログラムのロールアップ 4 を製造する Microsoft Exchange Server 2010 リリースの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 982639 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Exchange Server 2010 リリースする製造 (RTM 用) 更新プログラムのロールアップ 4 をリリースしました。 この更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップで修正される問題
  • 更新プログラムのロールアップを入手する方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールする前提条件

概要

発行する更新プログラムのロールアップ修正プログラム

は、Exchange Server 2010 の RTM 版の更新プログラムのロールアップ 4 は、次のマイクロソフト サポート技術資料に記載されている問題が修正されます:
979342添付ファイルが表示されない場合は、Exchange Server 2010 ユーザーが Outlook 2003 を使用して署名されたメール メッセージを開きます
979517動的配布グループで、混在 Exchange Server 2007 と Exchange Server 2010 環境へのメッセージを送信できません。
979790IMAP4 クライアントがクラッシュした場合は、Exchange Server 2010 のメールボックスにアクセスします。
979801Exchange Server 2010 Exchange トラブルシューティング アシスタント使用するときにエラー メッセージが生成されます。
979810Exchange Server 2010 メールボックスに MAPI クライアントを使用して接続できません。
979848イベント ID 1066 がログに記録しメールボックスが Exchange Server 2003 サーバーを Exchange Server 2010 サーバーから移動できません。
979862イベント ID 4999 とイベント ID 7031 がログに記録すると、移動するメールボックスを Exchange Server 2010 サーバー
979921別の 1 つの Microsoft Exchange Server 2010 サーバーからパブリック フォルダーをレプリケートできませんしイベント ID 3079 対象サーバー ログオン
980149追加の MailboxDatabaseCopy コマンドが失敗した場合、使用するのには、データベースのコピーは、Exchange Server 2010 環境でデータベースの可用性グループに追加
980353A の MAPI アプリケーションで使用する Exchange Server 2010 のメールボックスにアクセスがクラッシュした場合、アプリケーションは、アドレス帳にアクセス
980354"MAPI_E_INVALID_PARAMETER"エラー メッセージが Exchange Server 2010 のメールボックスから電子メール メッセージをコピーする場合
980364Exchange Server 2010 サーバー上の Microsoft Exchange トランスポート サービスがクラッシュした場合は、特定のメッセージの処理
980701Exchange Server 2010 メールボックス ユーザーが複数の内部ユーザーに電子メール メッセージを送信すると、NDR エラー メッセージを受信
980852RpcClientAccess プロセスでは、Exchange Server 2010 サーバーがクラッシュすると、MAPI アプリケーションを使用してメールボックスにアクセス
981033エラー メッセージで Exchange Server 2010 EMC の Microsoft Exchange を住所でのノードを展開する場合
981961イベント ID 4033 がログに記録し Exchange Server 2003 サーバーを Exchange Server 2010 サーバーから空き時間情報のレプリケーションが失敗しました。
982209埋め込みメッセージのいくつかが破損するいると格納には、Exchange Server 2010 メールボックス アドレスから送信されるメッセージ
982378デリゲートを受け取る 1 つだけの会議出席依頼を他のいくつかのプリンシパルには、Exchange Server 2010 RU1 またはそれ以降の環境に会議出席依頼を送信する場合
982944ユーザーの msExchVersion 属性値ですスタンプが正しくメールが有効にするユーザーを有効にする-ユーザ コマンドレットを実行した後
983200.xls ファイルの添付ファイルとしては OWA を使用して、Exchange Server 2010 メールボックスにアクセスすると空
983631Exchange Server 2010 メールボックス アドレスの「リダイレクト名前/配布リストに」ルールが動作しません。
2084061断続的には、ユーザーが失敗した後、メールボックスの移動は、Exchange Server 2010 メールボックスにアクセスするには

詳細

更新プログラムのロールアップの情報

をダウンロードするのには、Exchange Server 2010 RTM 版の更新プログラムのロールアップ 4 をインストールするのには、次のマイクロソフトのアップデート サイトを参照してください:
http://update.microsoft.com
メモMicrosoft 更新プログラム更新プログラムのロールアップは、データベースの可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010 のメールボックス サーバー上で検出します。

更新プログラムのロールアップ 4 Exchange Server 2010 RTM 版の Exchange Server 2010 RTM を実行している複数のコンピューターに展開することができます。 または、データベースの可用性グループ (DAG) の一部であるメールボックス サーバーに Exchange Server 2010 RTM 版の更新プログラムのロールアップ 4 展開する可能性があります。 更新プログラムのロールアップも、Microsoft ダウンロード センターから利用可能です。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできるです:
ダウンロード Exchange2010-KB982639-EN-x 64 パッケージ今。
リリース日: 2010 年 6 月 10日

重要な情報についてお客様がインターネットに接続されたコンピューター上で更新プログラムのインストール

When you install the update rollup on a computer that is not connected to the Internet, you may experience long installation times. Additionally, you may receive the following message:

"Creating Native images for .Net assemblies."

This behavior is caused by network requests that connect to the http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl website. The network requests look up the certificate revocation list for each assembly that native image generation (NGen) compiles to native code. However, the Exchange Server is not connected to the Internet. Therefore, each request must wait to time-out before it moves on.


To resolve this problem, turn off “Check for publisher’s certificate revocation” on the server that you are upgrading.

1. In Internet Explorer, select Tools , select Internet Options , and then click the Advanced Tab.

2. In the Security section, click to clear the Check for publisher's certificate revocation check box.

3. Click OK to close the Internet Options dialog box.

We recommend that you clear this security option in Internet Explorer if the computer was in a tightly controlled environment. When setup is complete, recheck the 発行者の証明書失効の確認チェック ボックス] を選択します。

重要な情報については、Web アプリケーションの Outlook ユーザーの Outlook Web アプリケーションのカスタマイズについて

必要に応じて の更新プログラム ロールアップ パッケージを適用すると、更新プロセス経由で Outlook Web アプリケーションのファイル コピーします。 Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web アプリケーション ファイルを変更した場合、Outlook Web アプリケーションが正しく更新されているかどうかを確認するのカスタマイズは上書きされます。 更新プログラム ロールアップ パッケージを適用した後、Logon.aspx に Outlook Web アプリケーションのカスタマイズを再作成する必要があります。

の更新プログラムのロールアップを適用する前に、常に、カスタマイズした Outlook Web アプリケーション ファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。 Outlook Web アプリケーションのカスタマイズの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
Outlook Web アプリケーションのカスタマイズの詳細に関する一般情報
の場合は、CAS プロキシの展開のガイダンスのお客様は、CAS、CAS のプロキシを展開している場合、インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に更新プログラムのロールアップは、インターネットに接続されたクライアント アクセス サーバーに適用します。 その他の Exchange Server 2010 構成では、更新プログラムのロールアップは、サーバーに適用される順序は重要ではありません。

CAS、CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
CAS、CAS のプロキシに関する一般情報

前提条件

Exchange Server 2010 RTM を次に、には前提条件については、更新プログラムのロールアップ 4 が含まれます:
  • インストール Exchange Server 2010 RTM では、コンピューターの前に、適用するこの更新プログラムのロールアップします。
  • 削除するすべての暫定的な更新プログラムは Exchange Server 2010 前に、適用するこの更新プログラムのロールアップします。
再起動の要件

必要なサービスは自動的に停止および再起動すると、適用するこの更新プログラムのロールアップします。

アンインストール情報

更新プログラムのロールアップ 4 の Exchange Server 2010 RTM 版を削除します。追加または削除するプログラムコントロール パネルのします。 次に、更新プログラム 982639 を削除します。

関連情報
Microsoft を使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明


プロパティ

文書番号: 982639 - 最終更新日: 2010年6月24日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB982639 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:982639
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com