移行準備の説明のツールの Windows (標準ビジネス サーバー 2008

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 983141 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

、スタンドアロンの製品に移行するのに前に、Windows EBS 機能は、Windows EBS 2008 の標準または Windows EBS 2008 Premium を実行しているコンピューターから削除するのには、移行準備ツールを Windows (標準ビジネス サーバー (EBS) を使用できます。 各 Windows EBS コンピューターの移行準備ツールを実行、リモート Web ワークプ レースなど、Windows EBS 管理コンソールのすべての Windows EBS 機能の移行準備ツールを削除します。 ただし、個々 のサーバー アプリケーションは削除されません。 たとえば、Exchange Server 2007、センター Essentials のシステム、および Forefront 脅威管理ゲートウェイこれらのサーバー アプリケーションを含める。

場合は、計画するのには、Windows EBS プラットフォームから移行するか、Windows EBS を実行しているコンピューターの使用を停止をお勧めを使って移行準備ツール。

メモWindows EBS から移行する場合は、Windows EBS を実行しているすべてのコンピューターを移行する必要があります。

詳細

移行準備ツールの概要

Windows EBS を実行している各コンピューターの移行準備ツールを Windows EBS を実行すると、次の機能が削除されます。

管理サーバー

元に戻す全体を表示する
機能の削除説明
Windows EBS の管理パックMicrosoft.Windows.EssentialBusinessServer ID を持つ Windows 重要 Business Server 管理パックの の移行準備ツールの削除します。 この管理パックは、Windows EBS 管理サーバー、セキュリティのサーバー、およびメッセージング サーバーの機能を監視するルールが用意されています。
Windows エラー報告 (WER) およびカスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) のポリシーWindows エラー報告 (WER)、追跡し、解決 Windows EBS エラー。

参加する場合、カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) の使用率と信頼性データ収集に関する Windows EBS を送信するのには Microsoft] を選択します。

移行準備ツールを実行すると、個別に WER と CEIP の設定を各アプリケーションまたはオペレーティング システムを変更することができます。
構成を保存します。構成ストアはパーティションの Active Directory ドメイン サービス (AD DS) で格納する Windows EBS の環境設定をサポートするサーバーの迅速な回復と交換します。
IIS から Windows EBS のリモート処理この機能を使用] Windows EBS を実行しているコンピューターがインターネット インフォメーション サービス (IIS をインストール) を持つ別のコンピューターでタスクを実行できます。
Windows EBS ソフトウェアの移行準備ツールは、次の削除:

? Windows EBS 管理コンソール。

? Windows EBS ツールなど、IP アドレスの設定を変更します。ツール。

?セキュリティ スライダーのつまみの Forefront 脅威管理ゲートウェイ。 Windows EBS 機能パックの 1 がインストールされている場合は、セキュリティ スライダーのつまみの Forefront 脅威管理ゲートウェイが削除されます。

?Windows EBS ヘルプ。
デスクトップの背景Windows EBS の背景を交換してくださいで、既定 Windows Server 2008 標準的な背景。
EBS ライセンス準拠の確認移行準備ツールを削除ライセンス チェック サービスは、確認、ライセンスの準拠は、Windows EBS。

メッセージング サーバー

元に戻す全体を表示する
機能の削除説明
Windows EBS リモート Web ワークプ レース (RWW)リモート Web ワークプ レース提供セキュリティで保護されたリモート アクセスのリソースには、ビジネス ネットワーク。
IIS から Windows EBS のリモート処理この機能により、Windows EBS を実行しているコンピューターのタスクが IIS をインストールする別のコンピューターで実行できます。
Windows EBS ソフトウェアの移行準備ツールは、次の削除:

?Windows EBS ツールなど、IP アドレスの設定を変更します。ツール

?Windows EBS ヘルプ
デスクトップの背景Windows EBS の背景を交換してくださいで、既定 Windows Server 2008 標準的な背景。
EBS ライセンス準拠の確認移行準備ツールを削除ライセンス チェック サービスは、確認、ライセンスの準拠は、Windows EBS。

サーバー セキュリティ

元に戻す全体を表示する
機能の削除説明
IIS から Windows EBS のリモート処理この機能により、Windows EBS を実行しているコンピューターのタスクが IIS をインストールする別のコンピューターで実行できます。
Windows EBS ソフトウェアの移行準備ツールは、次の削除:

?Windows EBS ツールなど、IP アドレスの設定を変更します。ツール

?Windows EBS ヘルプ
デスクトップの背景Windows EBS の背景を交換してくださいで、既定 Windows Server 2008 標準的な背景。
EBS ライセンス準拠の確認移行準備ツールを削除ライセンス チェック サービスは、確認、ライセンスの準拠は、Windows EBS。

移行準備ツールを使用する方法

移行の準備ツールを使用するに従ってこれらの手順。
  1. ダウンロードの移行準備ツールとドキュメントをコンピューターにします。

    メモ「修正プログラムのダウンロード」セクションはこの資料の上部] をクリックビューと要求の修正プログラムをダウンロードします。検索の移行準備ツールとドキュメント] を選択します。
    重要ですこの修正プログラムは Windows (標準ビジネス サーバー 2008年管理サーバーに適用されます。 ただし、のみ"Small Business Server 2008"は、修正プログラムの要求] ページで表示されます。 Windows (標準ビジネス サーバー 2008年管理サーバーに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、"Small Business Server] 2008年"のページが表示されている修正プログラムを選択します。 常に各修正プログラムを適用するのには、実際のオペレーティング システムを判断するのには記事の対象製品」を参照してください。
  2. 読み取りの移行準備ツールのドキュメントする前に、実行するツール。

    注意が必要[移行準備ツールに永続的な元に戻せない変更するには、コンピューターを実行する Windows EBS。
  3. テストの作成とバックアップ
  4. 移行準備ツールは、文書内の指示に従って、Windows EBS を次の順序で実行している各コンピューターの移行準備ツールの実行:
    1. 管理サーバー
    2. メール サーバー
    3. サーバーのセキュリティ
メモの移行準備ツールを実行した後、コンピューターに、カスタマイズされたエディションの Windows Server 2008 Windows EBS のままになります。 ただし、このエディションには、新しいバージョンの Windows Server 2008 R2 などの Windows Server にアップグレードすることはできません。 また、EBS 機能アプリケーションのアップグレードはサポートされていません。 そのため、Windows EBS を Windows Server 2008 標準を実行しているコンピューターを完全に移行する。

移行準備ツールのトラブルシューティング

Windows EBS 機能が移行準備ツールによって削除されない場合は、このツールを再実行します。 複数の試行後、機能を削除できない場合は、お問い合わせくださいマイクロソフト カスタマー サービスとサポート.

の移行準備のトラブルシューティング ツール、EBSMigrationTool.log ファイルに格納されているデータを使用します。 このファイルは、実行する移行準備ツール ディレクトリにある。

プロパティ

文書番号: 983141 - 最終更新日: 2010年6月30日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Essential Business Server 2008 Standard
キーワード:?
kbinfo kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB983141 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:983141
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com