信頼済みデバイスを Microsoft アカウントに追加する

コンピューターを信頼済みデバイスとして設定すると、Microsoft アカウントに関連付けられているクレジットカード情報などの機密情報にアクセスするたびに、セキュリティコードを入力する必要がなくなります。

2 段階認証を有効にしている場合、またはMicrosoft Authenticator アプリを使用してサインインする場合は、コンピューターを信頼できるデバイスとして設定すると便利です。

方法は次のとおりです。

  1. 信頼するデバイスで、[ セキュリティ設定 ] ページに移動して、Microsoft アカウントにサインインします。

  2. Id を確認するように求められます。 コードを受け取る手段として、メール、テキスト、認証アプリのいずれかを選びます。 コードを受け取ったら、テキスト ボックスに入力します。

  3. [このデバイスで今後このメッセージを送信しない] チェックボックスをオンにします。

  4. [ 確認] を選びます。

これで、このデバイスでサインインして、別のセキュリティ コードを入力することなく、いつでも情報を編集できます。

関連トピック

ヘルプを表示

ディスカッションに参加

コミュニティにたずねる >

サポートを受ける

お問い合わせ >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×