Windows 10 のライセンス認証

適用対象: Windows 10

ライセンス認証を実行すると、お使いの Windows のコピーが正規品であり、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項で許可されているデバイス数を超えて使われていないことを確認できます。
 
Windows 10 のコピーの入手方法に応じて、ライセンス認証を行うために 25 文字のプロダクト キーか、デジタル ライセンスのどちらかが必要になります。いずれかがないと、デバイスをライセンス認証することはできません。プロダクト キーまたはデジタル ライセンスは、相互の代用とすることはできません。デバイスでどちらを使用しているかを確認するには、下のリストの「デジタル ライセンスまたはプロダクト キーのどちらのライセンス認証方法を使用しているか」をご覧ください。
  • デジタル ライセンス (Windows 10 Version 1511 ではデジタル登録情報と呼ばれています) は、Windows 10 におけるライセンス認証方式で、プロダクト キーを入力する必要がありません。ライセンス認証済みの Windows 7 または Windows 8.1 から Windows 10 に無償アップグレードした場合は、プロダクト キーの代わりにデジタル ライセンスが提供されます。
  • Windows プロダクト キーは、Windows のライセンス認証に使う 25 文字のコードです。次のような形式になります。
プロダクト キー: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
 
インストール中に、プロダクト キーの入力が求められます。デジタル ライセンスがある場合は、プロダクト キーを入力せずに続行するオプションを選択してください。 
 

Windows のライセンス認証ではなく Windows 更新プログラムについてご関心がありましたら、「Windows 10 を更新する」をご覧ください。

Microsoft Office をインストールしてライセンス認証を行う必要がある場合は、「Office を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」をご覧ください。 

Windows のライセンス認証について詳しくは、次のいずれかの項目を選択してセクションを展開し、詳細を確認してください。