コンピューターを見やすくする

Windows で画面上の項目が見にくい場合は、設定を調整して、画面上のテキストやイメージを大きく表示したり、画面上の項目間のコントラストを上げたり、画面上のテキストが読み上げられるようにしたりすることができます。

これらの設定は、コンピューターの簡単操作センターの [コンピューターを見やすくします] ページで調整できます。その他の設定について詳しくは、「モニターで最高の表示を得る」をご覧ください。

  1. [コンピューターを見やすくします] ページを開くには、[スタート] ボタン
    [スタート] ボタンの画像
    [コントロール パネル][コンピューターの簡単操作][コンピューターの簡単操作センター][コンピューターを見やすくします] の順にクリックします。
  2. 次のうち、使用するオプションを選びます。
    • [ハイ コントラストのテーマを選択します]: このオプションではハイ コントラストの配色を設定できます。これにより、コンピューター画面上の一部のテキストとイメージの色コントラストが高くなり、各項目がより明確に表示され、識別しやすくなります。
    • [左 Alt + 左 Shift + PrintScreen キーでハイ コントラストを切り替えます]: 左 Alt + 左 Shift + PrintScreen キーを押して、ハイ コントラスト テーマのオンとオフを切り替えられるようにします。
    • [ナレーターを有効にします]: このオプションは、コンピューターへのログオン時にナレーターを実行するよう設定します。ナレーターは、画面のテキストを読み上げ、エラー メッセージの表示など、コンピューターの使用中に発生した一部のイベントを説明します。
    • [オーディオの説明を有効にします]: このオプションは、コンピューターへのログオン時にオーディオの説明を実行するよう設定します。オーディオの説明は、ビデオの中で起こっていることを説明します。
    • [テキストとアイコンのサイズを変更します]: このオプションでは、画面上のテキストやその他の項目を大きく表示して、見やすくすることができます。
    • [拡大鏡を有効にします]: このオプションは、コンピューターへのログオン時に拡大鏡を実行するよう設定します。拡大鏡は、画面でマウスがポイントしている部分を拡大し、見にくいオブジェクトを表示するのに特に役立つ場合があります。
    • [ウィンドウの境界の色と透明度を調整します]: このオプションでは、ウィンドウの境界線の外観を変更して境界線を見やすくすることができます。
    • [ディスプレイ効果を詳細に設定します]: このオプションでは、デスクトップへの特定の項目の表示を調整できます。
    • [フォーカス用の四角を太くします]: このオプションでは、ダイアログ ボックス内で現在選択されている項目の周りの四角を太くして見やすくします。
    • [点滅カーソルの太さを設定します]: このオプションは、ダイアログ ボックスやプログラム内で点滅するカーソルを、より太く、見やすくすることができます。
    • [必要のないアニメーションは無効にします]: このオプションは、ウィンドウなどの要素を閉じるとき、フェード効果など、アニメーション効果をオフにします。
    • [背景のイメージを削除します]: このオプションは、画面を見やすくするのに役立つよう、重要でない重なったコンテンツと背景イメージをすべてオフにします。


プロパティ

文書番号:14207 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

フィードバック