Windows Media Player で CD または DVD を再生する

Windows Media Player では、音楽やビデオのファイルを含むオーディオ CD、データ CD、またはデータ DVD を再生できます。これらの CD はメディア CD とも呼ばれます。また、ビデオ CD (VCD) を再生することもできます。VCD は DVD に似ていますが、ビデオ品質が DVD ほど高くありません。

コンピューターに DVD ドライブと互換性のある DVD デコーダーがインストールされている場合は、Windows Media Player を使用して DVD-ビデオ ディスクを再生できます。DVD-ビデオ ディスクは、映画の販売に利用される種類の DVD です。DVD デコーダーが見つからないことを示すエラーが表示された場合は、エラー メッセージ ダイアログ ボックスの [Web ヘルプ] をクリックして、デコーダーの入手方法を確認してください。

CD または DVD を再生するには

  1. 再生するディスクをドライブに挿入します。

    通常は、ディスクの再生が自動的に始まります。ディスクが再生されない場合、または挿入済みのディスクを再生する場合は、Windows Media Player を開き、Player ライブラリのナビゲーション ウィンドウでディスク名を選択します。
  2. DVD を挿入した場合は、DVD のタイトルまたはチャプター名を選択します。


コンピューター内にコーデックが見つからない、または DVD デコーダーが必要であることを示すメッセージが表示された場合は、Windows または Player に既定では付属していないコーデックを使って圧縮されたファイルに対し、再生、書き込み、同期を試みた可能性があります。コーデックについて詳しくは、「コーデック: よく寄せられる質問」をご覧ください。


プロパティ

文書番号:15067 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 4

フィードバック