Windows のファイル履歴

ファイル履歴のドライブを設定する

ファイル履歴を使ってファイルのバックアップを開始する前に、まずバックアップを保存する場所を選ぶ必要があります。USB ドライブなどの外部接続ドライブを選ぶこともできますし、ネットワーク上のドライブに保存することもできます。他の方法もありますが、クラッシュなどの PC の問題からファイルを保護するには、これら 2 つの方法が最適な方法です。

ファイル履歴では、PC 上のドキュメント、ミュージック、ピクチャ、ビデオ、およびデスクトップの各フォルダーにあるファイルと、オフラインで利用可能な OneDrive ファイルのコピーだけをバックアップします。その他のファイルやフォルダーをバックアップする場合は、それらのファイルやフォルダーを、ドキュメント、ミュージック、ピクチャ、ビデオ、またはデスクトップのいずれかのフォルダーに追加します。

新しい外部ドライブを使う場合、そのドライブを PC に接続します。ドライブをファイル履歴用に構成するかどうかをたずねる通知が表示された場合、その通知を選び、表示される画面でファイル履歴を有効にします。

それ以外の場合は、次の手順を実行して、ネットワーク ドライブまたは PC に既に接続されている外部ドライブを選んでください。

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して、[検索] をクリックします)。
  2. 検索ボックスに「ファイル履歴の設定」と入力し、[ファイル履歴の設定] を選びます。
  3. [ドライブを選ぶ] を選び、必要なネットワーク ドライブまたは外部ドライブを選びます。
  4. [ファイル履歴] を有効にします。

ファイル履歴を使ってファイルまたはフォルダーを復元する

ファイル履歴を使うと、PC 上のドキュメント、ミュージック、ピクチャ、ビデオ、およびデスクトップの各フォルダーに保存されているファイルと、オフラインで利用可能な OneDrive ファイルのバージョンをバックアップできます。時間の経過と共に、ファイルの完全な履歴が保持されます。元のファイルを失ったり、破損したり、削除したりした場合、これらのファイルを復元できます。複数の異なるバージョンのファイルを参照し、復元することもできます。たとえば、以前のバージョンのファイルを復元する場合 (ファイルの削除や紛失以外の場合も同様)、タイムラインを使ってファイルを参照し、必要なバージョンを選んで、そのファイルを復元します。

ファイル履歴を使用してファイルまたはフォルダーを復元するには、次の手順に従います。

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントしてマウス ポインターを下へ移動し、[検索] をクリックします)。次に、検索ボックスに「ファイルの復元」と入力し、[ファイル履歴でファイルを復元] を選びます。
  2. 検索ボックスに検索の対象となるファイルの名前を入力するか、左矢印と右矢印を使ってフォルダーやファイルの別のバージョンを参照します。
  3. 元の場所に復元するファイルを選び、[復元] ボタンを選びます。

    元の場所とは別の場所にファイルを復元する場合は、[復元] ボタンを長押しまたは右クリックし、[復元先] を選び、新しい場所を選びます。
プロパティ

文書番号:17128 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

フィードバック