エクスプローラーの変更点

世の中の多くの優れたものと同様に、エクスプローラーも時代と共に進化しています。 Windows 10 でエクスプローラーを確認するには、タスク バーまたはスタート メニューのアイコン を選ぶか、キーボードで Windows ロゴ キー

Windows ロゴ アイコン
を押しながら E キーを押します。

タスク バーのエクスプローラー

Windows 10 の特に重要な変更点を次に示します。

  • OneDrive がエクスプローラーの一部になりました。 Windows 10 で OneDrive がどのように機能するかの概要については、「PC の OneDrive」をご覧ください。

  • エクスプローラーが開くと、クイック アクセスが表示されます。 よく使うフォルダーと最近使ったファイルの一覧が表示されるので、それらを見つけるために一連のフォルダーを検索する必要がなくなります。 お気に入りのフォルダーをクイック アクセスにピン留めして、いつでもすぐ選べるようにすることができます。 詳しくは、「クイック アクセスでのピン留め、削除、カスタマイズ」をご覧ください。

    エクスプローラーのクイック アクセス

  • アプリを使ってファイルや写真をエクスプローラーから直接共有できるようになりました。 共有するファイルを選び、[共有] タブの [共有] ボタンを選んで、アプリを選びます。 共有オプションについて詳しくは、「エクスプローラーでファイルを共有する」をご覧ください。

Windows 7 から移行している場合は、さらにいくつかの違いがあります。

  • [マイ コンピューター] は [PC] という名前になり、既定ではデスクトップに表示されなくなりました。 デスクトップや [スタート] メニューに [PC] を追加する方法については、「[マイ コンピューター] が [PC] に」をご覧ください。

  • ライブラリは、既定ではエクスプローラーに表示されません。 ライブラリを左ウィンドウに追加するには、[表示] タブ、[ナビゲーション ウィンドウ][ライブラリの表示] の順に選びます。

    エクスプローラーでライブラリを表示する

プロパティ

文書番号:17217 - 最終更新日: 2016/08/02 - リビジョン: 5

フィードバック