高度なスタートアップ オプション (セーフ モードなど)

[詳細ブート オプション] 画面では、Windows を高度なトラブルシューティング モードで起動することができます。このメニューを表示するには、コンピューターの電源を入れ、Windows が起動する前に F8 キーを押します。

セーフ モードなどの一部のオプションでは、制限された状態で Windows が起動します。この状態では、最低限必要なコンポーネントだけが起動されます。セーフ モードで起動したときに問題が再現しなければ、既定の設定と基本的なデバイス ドライバーおよびサービスを、可能性のある原因から除外できます。他の各オプションでは、拡張機能を使用して Windows が起動されます。これらの機能は、システム管理者や IT プロフェッショナルが使うことを想定したものです。詳しくは、IT プロフェッショナル向けの Microsoft Web サイトをご覧ください。

コンピューターの修復

スタートアップの問題の修復、診断の実行、システムの復元に使用できるシステム回復ツールの一覧を表示します。このオプションは、ツールがコンピューターのハード ディスクにインストールされている場合にのみ使用できます。Windows インストール ディスクがある場合、システム回復ツールはそのディスクに収録されています。

セーフ モード

最小セットのドライバーとサービスで Windows を起動します。

セーフ モードで起動するには、次の手順を実行します。

  1. コンピューターからフロッピー ディスク、CD、DVD をすべて取り出し、コンピューターを再起動します。[スタート] ボタン をクリックし、[シャットダウン] ボタンの横にある矢印 (または [ロック] ボタンの横にある矢印) をクリックして、[再起動] をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
      • コンピューターにインストールされているオペレーティング システムが 1 つだけの場合は、コンピューターの再起動時に F8 キーを押したままにします。F8 キーは、Windows ロゴが表示される前に押す必要があります。F8 キーを押す前に Windows ロゴが表示された場合は、Windows ログオン プロンプトが表示されるまで待ってから、コンピューターをシャットダウンして再起動し、もう一度やり直す必要があります。
      • コンピューターに複数のオペレーティング システムが存在する場合は、方向キーを使って、セーフ モードで起動するオペレーティング システムを強調表示し、F8 キーを押します。
  3. [詳細ブート オプション] 画面で、方向キーを使って目的のセーフ モード オプションを強調表示し、Enter キーを押します。
  4. 管理者権限のあるユーザー アカウントでコンピューターにログオンします。

  • セーフ モードとネットワーク。セーフ モードで Windows を起動し、ネットワーク上の他のコンピューターまたはインターネットへのアクセスに必要なネットワーク ドライバーとサービスを含めます。
  • セーフ モードとコマンド プロンプト。セーフ モードで Windows を起動し、通常の Windows インターフェイスの代わりにコマンド プロンプト ウィンドウを使います。このオプションは、IT プロフェッショナルと管理者用です。
  • ブート ログを有効にする。スタートアップ中にインストールされたドライバーをすべて列挙するファイル (ntbtlog.txt) を作成します。このファイルは、詳細なトラブルシューティングに役立つ可能性があります。
  • 低解像度ビデオを有効にする (640 × 480)。現在のビデオ ドライバーを使い、低い解像度とリフレッシュ レートの設定を使って、Windows を起動します。このモードを使って、表示設定をリセットできます。詳しくは、「画面の解像度を変更する」をご覧ください。
  • 前回正常起動時の構成 (詳細)。前回正常に動作したときのレジストリとドライバー構成を使って Windows を起動します。
  • ディレクトリ サービス復元モード。Active Directory を実行する Windows ドメイン コントローラーを起動して、ディレクトリ サービスを復元できるようにします。このオプションは、IT プロフェッショナルと管理者用です。
  • デバッグ モード。IT プロフェッショナルとシステム管理者用の詳細なトラブルシューティング モードで Windows を起動します。
  • 障害発生後の自動再起動を無効にする。エラーによって Windows に障害が生じた場合に、Windows が自動的に再起動しないようにします。このオプションは、Windows に障害が発生し、再起動が試行され、再び障害が発生するという繰り返しのループから Windows が抜けられなくなった場合にのみ選択してください。
  • ドライバー署名の強制を無効にする。不適切な署名が含まれているドライバーのインストールを許可します。
  • Windows を通常起動する。通常のモードで Windows を起動します。
プロパティ

文書番号:17419 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

Windows 7

フィードバック