Windows のコンシューマー向けウイルス対策ソフトウェア プロバイダー

適用対象: Windows 10Windows 8.1Windows 7

Windows 10Windows 8.1、または Windows 8 を実行している場合は、Windows Defender があらかじめ搭載されおり、ウイルス、スパイウェア、その他のマルウェアから保護するために使われています。

マルウェアには、ウイルス、スパイウェア、その他の望ましくない可能性のあるソフトウェアがあります。Windows Defender は無料で Windows に付属し、常に有効な状態で PC をマルウェアから保護しています。Windows Vista や Windows 7 では、Microsoft Security Essentials を使って、個人用または小規模ビジネスの PC をマルウェアから保護できます。

ハッカーや詐欺集団は、ウイルスやマルウェアをコンピューターにインストールさせるために、偽のマルウェア対策プログラムを使ってユーザーを騙すことがあります。既に Windows PC にインストールされている、または Windows PC で利用できる Microsoft のマルウェア対策ソフトウェアに代わる製品が必要な場合は、以下の一覧に示す信頼できるセキュリティ企業から、Windows と互換性のあるコンシューマー向けセキュリティ ソフトウェアが提供されています。企業名をクリックすると、その企業が提供する Windows 対応製品を確認できます。Windows と互換性のあるビジネス向けセキュリティ ソフトウェアについては、ご希望のセキュリティ ベンダーにお問い合わせください。

このページに掲載されている企業を含めて、多くの企業がマルウェア対策ソフトウェアを配布しています。マルウェア対策製品やその他の製品をダウンロードしてインストールする前に、その提供元を十分に確認してください。詳しくは、「PC を保護する」をご覧ください。

重要: Windows Defender と Microsoft Security Essentials は、他のマルウェア対策プログラムをインストールして PC を保護するとオフになります。マルウェア対策ソフトウェアをインストールする前に、お使いのコンピューターに既にマルウェア対策製品が入っていないことを確認してください。既に入っている場合は、新しい製品をインストールする前に、不要な製品を必ず削除してください。2 つの異なるマルウェア対策製品を同時にインストールして実行すると、コンピューターで問題が発生する可能性があります。


Windows 10 および Windows 8/8.1


F-Secure
AppRiver
Avast Free Antivirus
PC Matic
Trend Micro
Max Secure
Kaspersky Lab AO
Norton by Symantec
Webroot
McAfee
Huorong Security
BullGuard
AVG Technologies
Avira
K7 Computing
AhnLab
Faronics
Tencent PC Manager
Carbon Black
G DATA Software AG