Windows 10 で VPN に接続する

仕事で接続する場合もプライベートで接続する場合も、Windows 10 PC で VPN (仮想プライベート ネットワーク) に接続できます。VPN 接続では、(コーヒー ショップにいるときなどに) 会社のネットワークやインターネットにより安全に接続できます。

VPN に接続する前に、PC で VPN プロファイルを取得する必要があります。これを行うには 2 つの方法があります。

  • 自分で VPN プロファイルを作成します。
  • 業務用アカウントをセットアップして、会社から VPN プロファイルを取得します。

VPN プロファイルを作成する

PC に VPN プロファイルがない場合、プロファイルを作成する必要があります。始める前に:

  • 仕事で接続する場合は、仕事中に会社のイントラネット サイトの VPN 設定および VPN アプリがあるかどうか確認するか、または会社のサポート担当者に問い合わせます。
  • 個人的な使用目的で登録した VPN サービスの場合、Windows ストアにアクセスして VPN サービス用のアプリがあるかどうかを確認し、VPN サービスの Web サイトにアクセスして、使用する VPN 接続設定がそのサイトに示されているかどうかを確認します。
  1. スタート  ボタンを選び、[設定] [ネットワークとインターネット][VPN][VPN 接続を追加する] の順に選びます。
  2. [VPN 接続を追加する] 画面で、以下を行います。
    • [VPN プロバイダー][Windows (ビルトイン)] を選びます。
    • [接続名] ボックスに、VPN 接続プロファイルのフレンドリ名を入力します。
      これは、接続する際に検索する VPN 接続の名前です。
    • [サーバー名またはアドレス] ボックスに、VPN サーバーのアドレスを入力します。
    • [VPN の種類] で、作成する VPN 接続の種類を選びます。
      この場合も、自分の会社または VPN サービスで使用されている VPN 接続の種類を確認する必要があります。
    • [サインイン情報の種類] で、使用するサインイン情報 (資格情報とも呼ばれます) の種類を選びます。
      ユーザー名とパスワード、ワンタイム パスワード、証明書、または仕事で VPN に接続する場合はスマート カードを選ぶ可能性があります。
    • 必要に応じて、それぞれのボックスにユーザー名とパスワードを入力します。
  3. [保存] を選びます。
  4. VPN 接続情報を編集したり、VPN 接続に使用するプロキシ設定などの設定を指定する必要がある場合は、[VPN 接続]、[詳細オプション] の順に選びます。

VPN に接続する

VPN プロファイルを取得すると、いつでも接続できるようになります。

  1. スタート  ボタンを選び、[設定] [ネットワークとインターネット][VPN] の順に選びます。
  2. 使用する VPN 接続を選び、[接続] を選びます。
  3. メッセージが表示されたら、ユーザー名とパスワード、またはその他のサインイン情報を入力します。
    接続している間は、VPN 接続の名前の下に [接続済み] と表示されます。

PC で作業している間に VPN に接続しているかどうかをすばやく確認するには、タスク バーの右端にある [ネットワーク]  アイコンを選び、VPN 接続の下に [接続済み] と表示されているかどうかを確認します。

VPN に接続
 

プロパティ

文書番号:20510 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 2

フィードバック