Windows 10 で VPN に接続する

適用対象: Windows 10

仕事で接続する場合もプライベートで接続する場合も、Windows 10 PC で仮想プライベート ネットワーク (VPN) に接続できます。VPN 接続では、コーヒー ショップなどの公共の場所で作業をしているときに、会社のネットワークやインターネットにより安全に接続してアクセスできます。

VPN プロファイルを作成する


[設定] の [VPN 接続を追加] ボタンの場所

VPN に接続する前に、PC に VPN プロファイルを用意しておく必要があります。自分で VPN プロファイルを作成するか、職場アカウントをセットアップして、会社から VPN プロファイルを取得できます。

作業を始める前に:

  • 仕事で使用する場合は、職場にいるときに会社のイントラネット サイトで VPN 設定または VPN アプリを探します。または会社のサポート担当者に問い合わせます。
  • 個人的な目的で登録した VPN サービスの場合は、Microsoft Store にアクセスして VPN サービス用のアプリがあるかどうかを確認します。その後、VPN サービスの Web サイトにアクセスして、使用すべき VPN 接続設定が掲載されているかどうかを確認します。
  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定] [ネットワークとインターネット] [VPN][VPN 接続を追加する] の順に選択します。
  2. [VPN 接続を追加する] 画面で、以下を行います。
    • [VPN プロバイダー][Windows (ビルトイン)] を選択します。
    • [接続名] ボックスに、認識しやすい名前 (「自分の VPN」など) を入力します。これが、接続時に探す VPN 接続の名前になります
    • [サーバー名またはアドレス] ボックスに、VPN サーバーのアドレスを入力します。 
    • [VPN の種類] で、作成する VPN 接続の種類を選びます。自分の会社または VPN サービスで使われている VPN 接続の種類を把握しておく必要があります。
    • [サインイン情報の種類] で、使用するサインイン情報 (資格情報) の種類を選択します。これは、ユーザー名とパスワード、ワンタイム パスワード、証明書、または仕事で VPN に接続する場合はスマート カードなどになります。(必要な場合) ユーザー名とパスワードをそれぞれのボックスに入力します。
  3. [保存] を選択します。
  4. VPN 接続情報の編集や、プロキシ設定などの追加の設定を指定する必要がある場合は、VPN 接続を選択して [詳細オプション] を選択します。

VPN に接続する


VPN プロファイルを用意できたら、接続する準備が整いました。

  1. タスク バーの右端にあるネットワーク アイコン ( または ) を選びます。
  2. 使用する VPN 接続を選択します。次に、VPN 接続を選んだときの動作に応じて、次のいずれかを実行します。
    • VPN 接続の下に [接続] ボタンが表示された場合は、[接続] を選択します。
    • 設定の [VPN] セクションが表示された場合は、そこから VPN 接続を選択し、[接続] を選択します。
  3. サインインを求められた場合は、ユーザー名とパスワード、またはその他のサインイン情報を入力します。

接続されると、VPN 接続名の下に [接続済み] と表示されます。PC で作業している間に VPN に接続しているかどうかを確認するには、タスク バーの右端にある ネットワーク アイコン ( または ) を選択し、VPN 接続に [接続済み] と表示されているかどうかを確認します。

VPN に接続