クリーン ブートして、バックグラウンド プログラムが Office for Mac と競合しているどうかを確認する


概要


この資料では、バックグラウンド プログラムが Office for Mac と競合しているかどうかを判断できるように、ドライバーとスタートアップ プログラムの最小限のセットを使用してコンピューターを起動する方法について説明します。この種の起動は "クリーン ブート" や "セーフ ブート" と呼ばれています。

標準の起動でオペレーティング システムを起動すると、いくつかのアプリケーションおよびサービスが自動的に起動し、バックグラウンドで実行されます。これらのプログラムには、基本システム プロセス、ウイルス対策ソフトウェア、システム ユーティリティ、その他のプログラムなどがあります。これらのアプリケーションおよびサービスは、Office for Mac のインストール時または実行時に競合の原因となる可能性があります。この資料に記載されている手順は、製品のインストール時または起動時にエラー メッセージが表示されたり、プログラムが突然クラッシュまたは終了したりした場合に、プログラムを分離するのに役立つことがあります。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

手順を実行する前に、この資料を印刷しておくと、便利な場合があります。

詳細


必要条件

この資料に記載されている方法を実行するには、Administrator または Administrators グループのメンバーとしてコンピューターにログオンする必要があります。個人のコンピューターを使用している場合は、ほとんどの場合、既に管理者アカウントでログオンしています。職場のネットワークの一部であるコンピューターを使用している場合は、システム管理者への問い合わせが必要になる可能性があります。

セーフ ブートを実行する


Office for Mac プログラムをセーフ ブート モードで起動するには、示されている順番でこれらの手順を実行します。

: これらの手順は、Mac OS X 10.4.x またはそれ以降のバージョンの Mac オペレーティング システム用です。

手順 1:コンピューターをセーフ モードで再起動する

  1. コンピューターをシャットダウンします。[Apple] アイコンをクリックし、[シャットダウン] を選択します。
  2. 電源ボタンを押して、コンピューターを起動します。
  3. 起動音が聞こえたら、すぐに Shift キーを押さえ続けます。

    : 起動音が聞こえた後は、できる限り迅速に Shift キーを押します。ただし、起動音が聞こえる前に Shift キーを押してはいけません。
  4. 画面に灰色のリンゴと進行状況インジケーターが表示されたら、Shift キーを放します。進行状況インジケーターは回転するギアに似ています。これにはしばらく時間 (最大 2 分間) がかかることがあるので、待機してください。コンピューターを再起動してはいけません。起動中に、ログイン画面に "セーフ ブート" と表示されます (これは、正常な自動ログインであっても表示されます)。
    1. Mac OS X がログイン画面で起動されるように構成されている場合は、Office for Mac ソフトウェアを実行しているユーザーとしてログインしてください。そうではない場合は、この手順はスキップします。
    2. すぐに Shift キーを押します。これにより、StartupItems フォルダーのスタートアップ項目はすべてバイパスされます。

手順 2:問題が解決されたかどうかを確認する

コンピューターを起動した後、影響を受けたプログラムまたはインストールを起動してみて、問題が解決されたかどうかを確認します。
  • クリーン ブートの後に問題が発生しない場合は、バックグラウンド プログラムまたはサービスによる競合が発生しています。この場合は、「問題の原因を特定する」セクションを参照してください。
  • クリーン ブートの後にも引き続き問題が発生する場合は、バックグラウンド プログラムまたはサービスによる競合が発生しているわけではありません。この場合は、この資料では問題を解決できません。コンピューターを再起動して、通常の処理に戻ります。

手順 3:問題の原因を特定する

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [アカウント] を選択します。


  3. ウィンドウの左側に選択したアカウントが表示されます。右側の [ログイン項目] を選択します。

    注意事項
    • この一覧の項目はすべて、オペレーティング システムの通常の起動時に起動されるように設定されています。項目にチェック マークが付いている場合、その項目は非表示になり、セーフ ブート時には起動されません。
    • 変更できない場合は、ウィンドウの左下にあるロック アイコンをクリックします。プロンプトに Mac ユーザーのパスワードを入力し、[OK] をクリックして、ロックをロックされない位置に切り替えます。これにより、変更が可能になります。
       



  4. 項目を削除するには、項目を選択し、一覧の下にあるマイナス記号 (-) をクリックします。

     

    : 項目を削除しても、アプリケーションは削除されません。この画面のプラス記号 (+) をクリックすると、後で項目を追加できます。ただし、再度追加するには、項目 (アプリケーション) のパスを知っている必要があります。
  5. 一度に 1 つの項目を削除し、通常の再起動を行い、引き続き問題が発生するかどうかをテストします。

問題の原因となっている項目を特定した場合は、新しいバージョンまたは更新ファイルを入手するため、スタートアップ項目の製造元に連絡を取ることがあります。

セーフ モードおよびセーフ ブートの詳細情報については、次の AppleCare の資料を参照してください。