エラー メッセージ:「セキュリティ センター サービスを開始できません」

適用対象: Windows 7 EnterpriseWindows 7 Home BasicWindows 7 Home Premium 詳細

現象


場合は、タスク バーの右側にある「Windows セキュリティの警告」のアイコンに赤色のフラグを右クリックし、[セキュリティ センターを開く] をクリックすると、「セキュリティ センター サービスは無効になって」のようなメッセージは、Windows セキュリティ センター] ウィンドウに表示されます。

[セキュリティ センター] の [今すぐ有効にする] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
セキュリティ センター サービスを開始できません。
実行を続行するには、セキュリティ センターをまだ開くことができません。

解決策


この問題を解決するには、セキュリティ センター サービスが正しく構成されているかどうかを確認してから、セキュリティ センター サービスを開始します。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. サービスを開くには、次の手順のいずれかを使用します。
    • Windows 8 のサービスを開く。
      1. タップし、Windows ロゴ キー + キーを押して、画面の右端から C を読み取ります。
      2. をタップまたは検索の魅力をし、[設定] をクリックします。
      3. [検索] ボックスで、サービスを入力します。
      4. タップするか、ローカル サービスの表示] をクリックします。
    • Windows 7 および Windows Vista でサービスを開きます。
      1. [スタート] をクリックします。
      2. 検索の開始] ボックスで、サービスを入力します。
      3. プログラムの一覧で [サービス] をクリックします。
  2. 詳細ペイン、右クリック (またはタップ アンド ホールド) でセキュリティ センターでは、順にタップしたり、[プロパティ] をクリックします。
    Services details pane
     
  3. [スタートアップの種類] ボックスの一覧でをタップまたは自動 (遅延開始)] をクリックします。
    Security Center Properties dialog box
     
  4. サービスの開始を試みます。[サービスの状態領域で、タップまたは開始] をクリックします。
    • サービスが正常に起動する場合] をタップまたは [適用] をクリックして、] をタップまたは[ok]を「サービス」ウィンドウを閉じます。
    • 開始をクリックすると、次のようなエラー メッセージが表示されたら、する場合は、手順 6 は、ログオン ユーザー アカウントを再構成するに移動します。
      "Windows サービスを開始できません、セキュリティ センターのローカル コンピューター上です。エラー 1079: このサービスは、同じプロセスで実行されているその他のサービスに対して指定されたアカウントによって異なります指定されたアカウントです。」。
  5. セキュリティ センターのプロパティ] ダイアログ ボックスをタップ、[ログオン] タブをクリックし] をタップし、または参照] をクリックします。
    Security Center Properties dialog box
     
  6. 選択するオブジェクト名] ボックスに、コンピューター名を入力します。
    Select User dialog box
     
    1. タップして [名前の確認] をクリックして] をタップし、または名前が認証されたときに[ok]をクリックします。
    2. [パスワード] ボックスで、管理者のパスワードを入力します。
    3. [パスワードの確認入力] ボックスで、管理者のパスワードを再入力します。
    4. タップして[適用] をクリックして] をタップし、または [ OK] をクリックします。
    5. 「サービス」ウィンドウをを閉じます。
見つかった場合は、セキュリティ センターがまだ開始されていませんし、再構成し、セキュリティ センターを起動し、コンピューターを再起動した後に期待どおりに実行して、発生する可能性のいずれか、または両方の次の問題。
  • お使いのコンピューターがマルウェアに感染しました。
  • レジストリ キーが壊れています。
レジストリ キーを修正する方法は?
ウイルス対策ソフトウェアを使用すると、コンピューターのウイルスをチェックできます。ウイルス対策ソフトウェアを起動し、ソフトウェアが更新されていることを確認し、フル スキャンを実行します。感染するウイルスやマルウェアが検出された場合は、クリーニングまたはウイルス対策ソフトウェアを識別する問題を解決します。

一部のウイルス対策ソフトウェアは、更新できる年間購読サービスを通じて販売されています。ただし、いくつかのプログラムは無料です。マイクロソフトでは、 Microsoft Security Essentialsの web サイトからダウンロードできる無料のウイルス対策ソフトウェアと Microsoft Security Essentials を提供しています。他社製のウイルス対策ソフトウェアを検索するWindows のセキュリティ ソフトウェア プロバイダーの web サイトに移動できます。



無料のコンピューターの安全をスキャン ソフトウェアを入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

詳細


Windows セキュリティ センターとその他の Windows セキュリティのトピックについての詳細については、Windows のバージョンに応じて、適切な web サイトを参照してください。

Windows 7 の場合
Windows セキュリティ センターでの変更点
http://windows.microsoft.com/en-US/windows7/What-happened-to-Windows-Security-Center

Windows 7 のセキュリティ チェックリスト
http://windows.microsoft.com/en-us/windows7/Security-checklist-for-Windows-7
Windows Vista の場合
Windows セキュリティ センターを使用します。
http://windows.microsoft.com/en-US/windows-vista/Using-Windows-Security-Center

Windows セキュリティのチェックリスト
http://windows.microsoft.com/en-US/windows-vista/Windows-security-checklist

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、この連絡先情報は予告なしに変更される場合があります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。