Microsoft Office 2010 Professional Plus が起動のたびに構成される

適用対象: Office Professional Plus 2010

現象


Outlook 2010 などの Microsoft Office 2010 アプリケーションを開くたびに、次のメッセージが表示されます。
 
Windows で Microsoft Office Professional Plus 2010 を設定しています。しばらくお待ちください。

解決方法


この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を記載されている順に実行します。

方法 1:
Office 2003、Office 2007 などの以前のバージョンの Office がインストールされている場合は、次の手順に従います。

方法 1 を自動的に実行するには、「簡易修正ツールで解決する」セクションに進んでください。 自分で方法 1 を実行するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

簡易修正ツールで解決する

この問題を自動的に解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。 [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] をクリックし、簡易修正ツール ウィザードの手順に従います。

  • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、簡易修正ツール ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

  1. Windows 7 または Windows Vista では、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。
  2. Windows XP では、[スタート] ボタンをクリックして、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。
    reg add HKCU\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Options /v NoReReg /t REG_DWORD /d 1
  4. 問題が解決されたことを確認します。


問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

方法 2:

方法 2 を自動的に実行するには、「簡易修正ツールで解決する」セクションに進んでください。 自分で方法 2 を実行するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

簡易修正ツールで解決する

この問題を自動的に解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。 [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] をクリックし、簡易修正ツール ウィザードの手順に従います。

  • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、簡易修正ツール ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「cmd」と入力し、Enter キーを押します。
  2. Windows XP の場合は、以下のコマンドを入力して、Enter キーを押します。
    secedit /configure /cfg %windir%\repair\secsetup.inf /db secsetup.sdb /verbose

    Windows Vista の場合は、以下のコマンドを入力して、Enter キーを押します。
    secedit /configure /cfg %windir%\inf\defltbase.inf /db defltbase.sdb /verbose

    "タスクは完了しました" というメッセージと、実行できなかったものがある旨の警告メッセージが表示されます。 このメッセージは無視しても問題ありません。 このメッセージの詳細については、%windir%\Security\Logs\Scesrv.log ファイルを参照してください。

    注: Windows Vista の場合、既定のセキュリティのセキュリティ構成テンプレートは Defltbase.inf ファイルです。 このファイルの設定は、以下の場所で確認できます。 %windir%\inf\defltbase.inf
     
  3. 問題が解決されたことを確認します。

注: この手動の手順を完了した後、コンピューターを起動する際またはユーザーを切り替える際に、ログオン画面には標準のユーザー アカウントが表示されない場合があります。 このようになるのは、Windows のセキュリティ設定をリセットした際に、Users グループから標準のユーザー アカウントが削除されるためです。 該当するユーザー アカウントを Users グループに追加して戻すには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。 または [プログラム] をクリックします。
  2. [アクセサリ] をクリックし、[コマンド プロンプト] をクリックします (Windows XP)。 または [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします (Windows Vista)。
  3. コマンド プロンプト ウィンドウで、「net users」と入力し、Enter キーを押します。 ユーザー アカウントの一覧が表示されます。
  4. コマンド プロンプトに表示され、ログオン画面またはユーザー切り替え画面に存在しない accountname ごとに次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    net localgroup users accountname /add
  5. 問題が解決されたかどうかを確認します。

問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

方法 3:
Office 2010 をセーフ モードで起動します。 これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックして、[Microsoft Office] を選択します。
  2. Ctrl キーを押しながら、起動する Office プログラムをクリックします。

セーフ モードで問題が発生しない場合、この問題はサードパーティのアドインに関係している可能性があります。 アドインを無効にして Office 2010 を起動し、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。 アドインを無効にするには、次の手順を実行します。

  1. Word 2010 などの Office 2010 アプリケーションを起動します。
  2. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックし、[アドイン] を選択します。
  3. "COM アドイン" と表示されている [管理] フィールドの横にある [設定] をクリックします。
  4. アドインがあるかどうかを確認し、チェック ボックスをオフにしてそれらを無効にします。
  5. Office プログラムをいったん終了して再起動します。
  6. アドインを無効にした後で問題が発生しない場合は、この手順を繰り返し、1 つずつアドインを選択します。 Office を再起動し、問題が再び発生するまでチェック マークを増やします。 最後に再びチェック ボックスをオンにしたアドインを無効にする必要があります。


セーフ モードで問題が引き続き発生する場合は、Office 2010 をいったんアンインストールしてからインストールすることをお勧めします。 これを行うには、次のサポート技術情報を参照してください。

290301 Office 2003、Office 2007 または Office 2010 スイートをコントロール パネルからアンインストールできない場合にアンインストールする方法

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。