Windows 7 と Windows Server 2008 R2 での Segoe UI 記号の更新プログラムの提供について

適用対象: Windows Server 2008 R2 EnterpriseWindows Server 2008 R2 DatacenterWindows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems 詳細

はじめに


重要この更新プログラムは、Microsoft によって作成および署名されたファイルのデジタル署名の期限が切れる問題に対処するために再リリースされました。 この問題の詳細については、以下のマイクロソフトサポート技術情報番号をクリックしてください。
2749655 マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: 署名済みマイクロソフト バイナリに影響する互換性の問題

この資料では、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 での Segoe UI 記号フォントの更新プログラムについて説明します。 この更新プログラムは、Windows 8 および Windows Server 2012 に含まれる絵文字といくつかコントロール グリフのサポートを追加します。

注意絵文字は、絵文字対応のプラットフォームやデバイスから来ています。 これらのプラットフォームまたはデバイスを使用すると、ユーザーが絵文字選択機能または絵文字パレット機能を使用して、ドキュメント、電子メール メッセージ、またはチャットの会話に簡単に絵文字を挿入することができます。 Windows 8 または Windows Server 2012 では、これらの文字はオンスクリーン キーボードを使用して挿入されます。

新しく追加された絵文字のコード ポイントの詳細については、以下の Unicode に関する Web サイトを参照してください。

解決方法


更新情報

この更新プログラムの入手方法

Microsoft Update
この更新プログラムは、Microsoft Update Web サイトから入手できます。
Microsoft ダウンロード センター
以下のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース)ダウンロード 更新プログラム パッケージをダウンロード
サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x64 ベース)ダウンロード 更新プログラム パッケージをダウンロード
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)ダウンロード 更新プログラム パッケージをダウンロード
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース)ダウンロード 更新プログラム パッケージをダウンロード
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。
  • Windows 7
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の Service Pack を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

976932 Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 に関する情報

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要 Windows 7 のアップデートと Windows Server 2008 R2 のアップデートは同じパッケージに含まれています。 ただし、"更新プログラムの要求" ページの更新プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。 一方または両方のオペレーティング システムに適用される更新プログラム パッケージを要求するには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に表示されている更新プログラムを選択します。 必ず資料の「対象製品」を参照して、各更新プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、修正プログラム (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示すファイル バージョン番号を調べることで確認できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.760
    0.17xxx
    Windows 7 および Windows Server 2008 R2RTMGDR
    6.1.760
    0.21xxx
    Windows 7 および Windows Server 2008 R2RTMLDR
    6.1.760
    1.17xxx
    Windows 7 および Windows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.760
    1.22xxx
    Windows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。 LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、更新プログラムも含まれています。
  • 各環境にインストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル情報」セクションに個別に記載されています。 MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。 属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

追加ファイル情報

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報