入力デバイスを使いやすくする

モビリティに一時的または継続的な問題を抱えている場合にマウスとキーボードを使いやすくするためのさまざまな方法があります。

マウスを使いやすくする

マウス ポインターを追跡するための支援が必要な場合や、マウスの使用中に不満を感じる場合には、カスタム設定を利用できます。 これを表示するには、[スタート]

Windows ロゴ アイコン
ボタンを選び、[設定] [簡単操作] [マウス] の順に選びます。 以下のオプションがあります。

  • マウス ポインターの色とサイズを変更することで、マウスをより見やすくします。

  • マウス キー機能を使用して、テンキーによってマウス ポインターの動きを制御します。

キーボードを使いやすくする

キーボードの使用中に問題があったり、不満を感じる場合は、[スタート]

Windows ロゴ アイコン
ボタンを選び、[設定] [簡単操作] [キーボード] の順に選んで、以下のオプションを確認します。

  • 2 つのキーを同時に押すことが難しい場合、固定キー機能が役立ちます。 固定キー機能では、一度に 1 つのキーを押して、複数のキーを使用するコマンド (Ctrl + S など) を実行できます。

  • フィルター キー機能を使用すると、キーボードの感度を設定して、速いキーボード操作または繰り返し入力されたキーボード操作を無視できます。

  • 物理的なキーボードに頼る代わりに、スクリーン キーボードを試してみてください。 マウスなどのポインティング デバイス (ジョイスティックなど) を使ってキーを選んだり、単一のキーを使って画面上のキーを巡回したりできます。

プロパティ

文書番号:27936 - 最終更新日: 2016/09/08 - リビジョン: 5

フィードバック