タスク バーの使い方

タスク バーは単にアプリや時間を表示するだけでなく、多くの用途に使うことができます。タスク バーの表示は柔軟にカスタマイズでき、カレンダーの管理や、お気に入りのアプリのピン留め、画面上での表示位置の変更ができるほか、複数のウィンドウを開いた場合にタスク バー ボタンをどのようにグループ化するかを指定できます。さらにタスク バーから直接、カレンダーの予定を管理することもできます。

Windows 10 のタスク バー
 

アプリをタスク バーにピン留めする

アプリをタスク バーに直接ピン留めすると、デスクトップで作業しながらすばやくアプリにアクセスできます。ピン留めはいつでも外すことができます。ピン留めは、スタート画面またはジャンプ リストから実行できます。ジャンプ リストは、最近開いたファイル、フォルダー、Web サイトへのショートカットの一覧です。

スタート画面からアプリをピン留めする

スタート画面 でアプリを長押しするか右クリックし、[その他][タスク バーにピン留めする] の順にタップまたはクリックします。ピン留めを外す場合は、同じ手順を実行し、[タスク バーからピン留めを外す] をタップまたはクリックします。

ジャンプ リストからアプリをピン留めする

アプリが既に開いている場合は、アプリのタスク バー ボタンを長押しし、ジャンプ リストが表示されるまで指を上へスライドします。マウスを使っている場合は、タスク バーのアプリ ボタンを右クリックします。次に、[タスク バーにピン留め] をタップまたはクリックします。ピン留めを外す場合は、同じ手順を実行し、[タスク バーからピン留めを外す] をタップまたはクリックします。

タスク バーのジャンプ リスト
 

タスク バーの設定を変更する

タスク バーの表示方法は、タスク バーから直接カスタマイズできます。タスク バーの複数の設定を一度に変更する場合は、[設定] を使います。タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックします。



タスク バー設定
 

タスク バーの位置を変更する

タスク バーは、通常はデスクトップの下部に表示されますが、デスクトップの両端や上部に移動することもできます。タスク バーが固定されている場合は、タスク バーを移動する前に固定を解除する必要があります (このトピックの「タスク バーを固定または固定解除する」を参照してください)。タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定][画面上のタスク バーの位置] の順にタップまたはクリックして、[左][上][右][下] のいずれかを選びます。

タスクバーのボタンを並べ替える

タスク バーでアプリ ボタンの順序を変更するには、現在の位置から別の位置に直接ドラッグします。

タスク バー ボタンをグループ化する方法も選ぶことができます。この機能は特に、複数のウィンドウを開いている場合に便利です。既定では、同じアプリで開かれた複数のファイルは、続けて開いたかどうかに関係なく、すべて常に同じグループにまとめられます。

タスク バー ボタンのグループ化の方法を変更するには、タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をクリックまたはタップして、[タスクバーのボタン] の一覧からいずれかのオプションを選びます。

  • [常に結合、ラベルを非表示] は、既定の設定です。この設定では、各アプリに対して 1 つのラベルのないボタンが表示されます。1 つのアプリで複数のウィンドウが開いている場合も、表示されるボタンは 1 つだけです。
  • [タスク バーに入りきらない場合に結合] を選ぶと、各ウィンドウに対して別々のラベル付きのボタンが表示されます。タスク バーがいっぱいになると、複数のウィンドウを開いているアプリが 1 つのアプリ ボタンにまとめられます。アプリ ボタンをタップまたはクリックすると、開いているウィンドウのリストが表示されます。
  • [結合しない] を選ぶと、各ウィンドウに対して別々のラベル付きのボタンが表示され、ウィンドウをいくつ開いてもまとめられることはありません。開いているアプリとウィンドウが増えるとボタンが小さくなり、最終的にはボタンがスクロールします。

タスクバーを固定または固定解除する

タスク バーを固定すると、タスク バーの設定を確実に維持できます。後でタスク バーの設定やデスクトップ上でのタスク バーの位置を変更する場合は、タスク バーの固定を解除します。タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックして、[タスク バーを固定する] をオンにします。

[タスク バーを固定する] の横にチェック マークが入っている場合、タスク バーは既に固定されています。固定を解除するには、[タスク バーを固定する] をタップまたはクリックするか、[設定] に移動してオフにします。

タスク バー ボタンにバッジを表示する

タスク バー ボタン上に表示されるバッジは、そのアプリでアクティビティが現在発生していることや、発生する予定であることを知らせるアラートとして機能します。

タスク バーのバッジ通知
 

たとえば、アラーム & クロック アプリの上に表示されるベルのバッジは、アクティブなアラームがあり、設定した時刻に通知されることを示しています。この機能では既定でオンですが、オンかオフかを確認する場合は、タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックして、[タスク バー ボタンにバッジを表示] に移動します。

小さいタスク バー ボタンを使う

タスク バーに多数のアプリを表示する場合は、ボタンの縮小版を表示できます。これには、タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックして、[小さいタスク バー ボタンを使う] をオンにします。

タスク バーを使ってデスクトップをプレビューする

プレビュー機能を使用すると、開いているすべてのウィンドウの背後にあるデスクトップ上の項目をすばやく確認できます。

  1. タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックして、[タスク バーの端にある [デスクトップの表示] ボタンにマウス カーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする] をオンにします。
  2. タスク バーの右端にカーソルを移動するか長押しすると、瞬時にデスクトップが表示されます。
  3. 開いているすべてのウィンドウを元どおりに表示するには、カーソルを別の場所に移動するか、右端をもう一度長押しします。

タスク バーを自動的に隠す

コンピューターで映画を見たり、本を読んだりする場合は、タスクバーを自動的に隠すと快適です。タスク バーを自動的に隠す設定は、デスクトップ モード時とタブレット モード時で別々に選ぶことができます。タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックして、[デスクトップ モードでタスク バーを自動的に隠す][タブレット モードでタスク バーを自動的に隠す] のいずれかまたは両方をオンにします。

プロパティ

文書番号:29280 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 5

フィードバック