Windows 10 のタスク バーの使い方

適用対象: Windows 10

タスク バーは、単にアプリや時間を表示するだけでなく、多くの用途に使うことができます。タスク バーの表示は柔軟にカスタマイズでき、カレンダーの管理や、お気に入りのアプリのピン留め、画面上での表示位置の変更ができるほか、複数のウィンドウを開いた場合にタスク バー ボタンをどのようにグループ化するかを指定できます。さらに、タスク バーから直接カレンダーの予定を管理することもできます。

Windows 10 のタスク バー

アプリをタスク バーにピン留めする


アプリをタスク バーに直接ピン留めすると、デスクトップで作業しながらすばやくアプリにアクセスできます (必要に応じて、ピン留めを外すこともできます)。ピン留めは、スタートまたはジャンプ リストから行うことができます。ジャンプ リストとは、最近開いたファイル、フォルダー、Web サイトへのショートカットの一覧です。

タスク バーの設定を変更する


タスク バーは、タスク バーから直接カスタマイズできます。タスク バーの複数の設定を一度に変更する場合は、[タスク バーの設定] を使います。タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[タスク バーの設定] を選択します。

タスク バー設定