タスク バーの通知領域をカスタマイズする

通知領域は、タスク バーの右端に配置されています。通知領域には、電源、ネットワーク、音量、時計とカレンダー、アクション センターなど、頻繁にアクセスするいくつかのアイコンが含まれています。受信メール、更新、ネットワーク接続などに関する状態と通知を提供します。通知領域に表示されるアイコンと通知は変更したり、非表示にしたりすることができます。

アイコンと通知を表示する方法を変更するには



タスク バーの通知
 

  1. タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[設定] をタップまたはクリックして、[通知領域] に移動します。
  2. [通知領域] で次の操作を行います。
      • タスク バーに表示するアイコンを選択します。タスク バーに表示しないアイコンを選択します。選択したアイコンはオーバーフロー領域に移動され、表示されなくなります。
      • システム アイコンの表示/非表示を切り替えます。表示しないアイコンを指定します。

通知領域のアイコンを非表示にするには

タスク バーの非表示領域
 

通知領域で非表示にするアイコンをクリックまたはタップして、オーバーフロー領域に移動します。

非表示のアイコンを表示するには

通知領域の横にある [隠れているインジケーターを表示します] 矢印 をタップまたはクリックします。

プロパティ

文書番号:30031 - 最終更新日: 2016/09/30 - リビジョン: 1

フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)ERROR: Error after PhantomJS process exit