マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: SSL 3.0 の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2014 年 10 月 15 日)

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials

はじめに


マイクロソフトでは、この問題に関して、IT プロフェッショナル向けのマイクロソフト セキュリティ アドバイザリをリリースしました。セキュリティ アドバイザリには、この問題に関連する追加のセキュリティ関連の情報が含まれています。セキュリティ アドバイザリを表示するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
このページでこの問題を解決するには、「Fix it で解決する」セクションを参照してください。

Fix it で解決する


このセクションに記載されている Fix it ソリューションは、セキュリティ更新プログラムに代わるものではありません。常に、最新のセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。この Fix it ソリューションは、あくまでも特定の状況下における回避策オプションとして提供するものです。

この回避策の関連情報については、次のマイクロソフト セキュリティ アドバイザリの Web ページを参照してください。 アドバイザリには、問題に関する詳細情報が記載されています。これには、以下が含まれます。
  • 回避策を適用または無効にする状況。
  • 回避策を手動で適用する方法。
具体的に、この情報を表示するには、[概説] 見出しを探し、[推奨するアクション] を展開し、[回避策の適用] を展開します。


この Fix it ソリューションを使用するには、「Internet Explorer で SSL 3.0 を無効にする」見出しまたは「Internet Explorer で SSL 3.0 の元の設定を復元する」見出しの下の [Fix it] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


Internet Explorer で SSL 3.0 を無効にするInternet Explorer で SSL 3.0 の元の設定を復元する