Windows Server 2012 R2 のデバイス登録サービスの初期配置後にタイムアウト エラー

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials

この資料は、Windows Server 2012 R2 の新しいキーを作成しようとするときに問題を説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムには、前提条件があります。

現象


この問題は、分散型のキーの管理 (DKM) で新しいキーの作成が失敗したときに発生します。さらに、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) のエクストラネット アクセス、デバイス認証、およびデバイスの登録に影響を与える有効なキーの検索に時間がかかります。

発生するこの資料で問題を参照してください。

修正プログラムの情報


サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、 2919355 を更新するWindows Server 2012 R2 のインストールが必要です。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


原因

DKM の不完全なオブジェクト ライトバックの新しいキーが作成されたデバイスの登録サービス (DRS) サービスのサービス アカウントが適切なアクセス許可がありません、ために、この問題が発生します。次回その DRS 構成が読み込まれるはこのロジックを再実行して別のオブジェクトを作成します。多くのオブジェクトがあるために、有効なキーを検索するのには長い時間がかかります。具体的には、- ADDeviceRegistration の初期化中に作成されるキーが無効になったときに DKM の主要なオブジェクト作成が開始され、新しいキーを作成する必要があります。したがって、DRS の構成で DKM オブジェクトの展開では、DRS と AD FS でタイムアウト エラーが発生します。

関連情報


マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語を参照してください。