更新プログラムのロールアップ 6 システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの

適用対象: System Center 2012 R2System Center 2012 R2 Service Manager

概要


この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 サービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 6 (UR6) で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラム ロールアップ 6 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムには、System Center 2012 R2 サービス Manager リリースするソフトウェア更新プログラムのセットが含まれています。すべてのサービス マネージャー 2012 R2 サーバーのインストールに適用するか。次の 3 つの実行可能ファイルは、使用可能なファイルします。
  • SCSM2012R2_CU_KB3039363_AMD64_7.5.3079.367.exe
  • SCSM2012R2_CU_KB3039363_i386_7.5.3079.367.exe
  • SCSM2012R2_OD_KB3064088_AMD64_7.5.3079.402.exe


注:
  • システム センター 2012 R2 サービス マネージャーの更新プログラムのロールアップは累積されます。そのため、この更新プログラムのロールアップには、以下の更新プログラムとは、次のシステム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラム ロールアップに含まれているコンテンツの新しいペイロードが含まれています。
  • 最初にこの更新プログラムのロールアップをインストールした後は、Active Directory の完全な同期があります。初回時のみの低速の同期は、これと同期サイクル以降の操作の最適化が発生します。

    更新プログラムのロールアップ 6 を展開した後、プライマリ管理サーバーでは、SCSM2012R2_OD_KB3064088_AMD64_7.5.3079.402.exe をインストールする必要があります。インストール手順のセクションを確認してください。

ハイライトを更新します。

  • 2014 の Microsoft SQL Server 2012 R2 のサービス マネージャーをサポートします。
  • この更新プログラムには、システム センター構成マネージャー (CM) コネクタと、Active Directory コネクタの同期の時間を大幅に縮小のいくつかの機能強化が含まれています。
  • Active Directory コネクタの同期スケジュールでは、コンソール、Windows PowerShell を構成可能なようになりました。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 問題 1

    MPSync ジョブが応答を停止 (ハング) した後は、System Center 用の管理パックの新しいバージョンをインポートします。

  • 問題 2

    対応するコネクタが無効になっている場合でも、Active Directory コネクタのグループの拡張ワークフローが実行されます。

  • 問題 3

    Active Directory コネクタの同期は、複数回同じの廃棄 (tombstone) オブジェクトを取得します。展開に多数のオブジェクトが削除された場合、同期の速度が低下します。

  • 問題 4

    フォームを開くには、拡張画面を使用する場合は、フォームが存在しない場合でも拡張表示で、フォームのウィンドウを開こうとする SM コンソールが続行されます。

  • 問題 5

    サービスを要求し、問題の管理フォームは、フォームを更新した後に加えられたデータ変更を保存しません。

  • 問題 6

    Active Directory コネクタの同期には、イベント ID 3305 を指定する多くの警告イベントが生成されます。

  • 問題 7

    システム センター構成マネージャーのコネクタを削除すると、すべての関連付けられている構成項目が削除されるまでコンソールがハングアップします。

  • 問題 8

    構成マネージャー データベースが SQL Server の可用性グループでホストされ、別のノードにフェイル オーバーが正常にすると、追加機能が失われています。

  • 問題 9

    解放要求の [ドキュメント] タブに大量のデータまたはイメージを貼り付ける場合は、コンソールがクラッシュします。

  • 10 の問題

    グループとユーザーは、SM の管理サーバーのドメインとの双方向の選択的認証された信頼は、あるドメインからユーザーのロールに追加できません。

  • 問題 11

    CIs のユーザーの数が大きいと、演算子のグローバル グループ時間が長いに戻ります。SDK プロセスでのメモリおよび CPU 使用率のピークがこれ。

  • 問題 12

    採用されているので TypeSpace のキャッシュの呼び出し時間がかかるし、CPU のスパイクは、多くの管理グループ内の列挙型がある場合にします。

  • 問題 13

    [サービス コンポーネント] タブで、サービスのエンティティをクリックすると、例外が発生します。

  • 問題 14

    更新プログラム ロールアップ 5、または更新プログラムのロールアップ 4 をインストールした後は、Cireson SMA コネクタを提供する要求を作成する場合に例外が発生します。

  • 問題 15

    更新プログラム ロールアップ 5 をインストールした後、データ型の変換エラーが発生します。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

    3045893データ型の変換エラーが発生後、システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラム ロールアップ 5 をインストールします。

入手してシステム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラム ロールアップ 6 をインストールする方法

ダウンロード情報

システム センター 2012年サービス マネージャーの更新プログラム パッケージは、Microsoft ダウンロード センターから利用できます。
Microsoft ダウンロード センター
Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。