SQL Server 2012 の SP2 の累積的な更新プログラム パッケージ 6

適用対象: SQL Server 2012 EnterpriseSQL Server 2012 DeveloperSQL Server 2012 Express

説明 6 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 11.0.5592.0) Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2 (SP2) のです。この更新プログラムには、SQL Server 2012 の SP2 のリリース後に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法


「修正プログラム ダウンロード利用可能な」このサポート技術情報の記事の上部にあるをクリックします。"修正プログラムの要求] ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム


VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
43854963053960FIX を再構築または SQL Server 2012 のテーブルにインデックスを作成するときに longrec.inl:1318 でシステムのアサーションが発生します。SQL サービス
39831913029096修正: Oracle データベース内の変更が正しく複製されない SQL Server 2012 データベース統合サービス
43023313047538修正: 集計値の結果が正しくない SSAS 2012 で MDX クエリを実行すると、分析サービス
42704183054504修正: bcp ユーティリティがクラッシュする場合、SQL Server 2012 を使用します。SQL 接続
43202463054530FIX の破損が発生、セカンダリ ・ レプリカのページにセカンダリ レプリカを読み取り不可に変更すると、SQL サービス
42277633043889修正: SSRS 2012 のレポートでグラフが正しく更新されない、レポートの URL にパラメーターを更新する場合レポート サービス
44333783042629修正: エラー 33415 が発生した SQL Server サービスを再起動するか、SQL Server 2012 でデータベースを変更するときSQL サービス
43463113050636修正: スケジュールを設定できません 2012 の SSRS レポートにサブスクリプション データ ソースは、SAP NetWeaver BI の種類と、レポート サービス
43336833051145修正: SQL Server がシャット ダウンする SQL Server 2012 Service Broker を使用する場合SQL サービス
40016763033456FIX には MDX クエリを実行するとパフォーマンス低下にはに SSAS 2012 での粒度が別のサブクエリの select が含まれています分析サービス
42306223051993修正: OLE DB プロバイダーを使用して Oracle リンク サーバーからデータを選択すると数値型の値が切り捨てられるSQL サービス
39346493026954修正: CatalogFolder.DeployProject は、SQL Server を SQL Server 2012 でプロジェクトを配置するときに、完了する時間が長くなります。統合サービス
44524773011867そこには、[ジョブ] フォルダーのない場合、SQL Server では、インプレース アップグレードが失敗します。セットアップとインストール
42547873045333FIX"C2 監査モード] オプションを有効にできません sp_configure を使用して SQL Server を再起動します。SQL セキュリティ
40953703035737FIX: アクセス違反が発生し、キューブの書き戻しのトランザクションのコミットのバッチを同時に処理を実行するとき分析サービス
42199273041476FIX SQL Server にリカバリを追加または SQL Server を SQL Server 2012 でデータ ファイルを削除した後にデータベースを開くに時間がかかるSQL サービス
42213422867316FIX、SQL Server 2012 または 2014年、Microsoft Azure のバイナリ ラージ オブジェクトの記憶域サービス データベースを復元できません。SQL サービス
42946973020350修正: 子の SSIS パッケージの別のセットが含まれている SSIS パッケージを実行すると、ISServerExec がクラッシュします。統合サービス
43011002619077修正: 背景の不足しているタスクの操作をオフにするとアクセス違反が発生しようとすると、不足しているインデックスのエントリを削除するのにはSQL サービス
43265943036601修正: SQL Server 2012 または 2014 MDS を使用するときに作成される履歴をクリーンアップするのには次の 3 つのストアド プロシージャを追加します。マスター データ サービス (MDS)
42049713051798修正: テーブルの値を変更後に分割し、SQL Server Analysis Services のテーブルをパーティション分割分析サービス
43026233052404修正: 2014 の SQL Server を実行しているサーバーまたは SQL Server 2012 に接続するのにはトランスポート層セキュリティ プロトコルのバージョン 1.2 を使用することはできません。SQL 接続

この更新プログラムのメモ


累積的な更新

  • それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。
  • 最新リリースの更新プログラムを適用することをお勧めします。
    • この累積的なパッケージは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。
    • 最新の更新プログラムのリリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべての更新プログラムがリリースを更新します。
  • 最新の SQL Server 2012 のサービス パックには、SQL Server をアップグレードすることをお勧めします。

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、ミラーリング、およびクラスター) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、移動し、それらを展開する前に、次の資料を参照してくださいすることお勧めします。

累積的な更新パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2012の SP2 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。