アプリケーションを起動または 2016 を Outlook でマクロを実行するルールの処理を制御する方法と、Outlook 2013

適用対象: Outlook 2016Outlook 2013

2017、5 月 2日が Outlook 2016 (KB3191883) の更新をインストールした後またはOutlook 2013 のセキュリティ更新プログラムの説明: (KB3191938) 2017 年 6 月 13日、する次の手順を実行するルールのアクションを制御します。

重要:
このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に、問題が発生した場合に復元できるようにレジストリをバックアップしてください。

  1. すべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、Windows のバージョンに応じて、適切なメソッドを使用します。
     
    • Windows の 10 の開始をするには、[検索] ボックスで、 regeditを入力し、検索結果でregedit.exeを選択を移動します。
    • Windows 8 または Windows 8.1 では、右上隅にマウスを移動検索を選択して、検索のテキスト ボックスに「regedit」を入力し、、 regedit.exe検索結果に。
    • Windows 7 で開始] を選択、検索の開始ボックスで、 regeditを入力し、 regedit.exe検索結果にします。
  3. 見つけてし、次のレジストリ サブキーのいずれかを選択します。
     

    Outlook の 2016 年。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security\

    Outlook 2013:
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Security\

  4. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、 DWORD 値を選択します。
  5. EnableUnsafeClientMailRulesを入力し、Enter キーを押します。
  6. 詳細ウィンドウで、キーを押しますと保持 (または右クリック) EnableUnsafeClientMailRules、および変更を選択します。
  7. [値データ] ボックスで、値を入力し、し、 [ok]を選択します。

    値を1に設定する場合は、ルールの処理が有効になります。値を0に設定すると、ルールの処理が無効になります。
  8. レジストリ エディターを終了します。