Windows Defender オフラインを使ってデバイスを保護する

適用対象: SecurityWindows 10

Windows Defender オフラインは、信頼される環境から実行される強力なオフライン スキャン ツールで、オペレーティング システムを起動しなくても実行できます。Windows 10 Creators Update で Windows Defender オフラインを使用する方法について説明します。

Windows 10 Anniversary Update または Windows 7 での Windows Defender オフラインの使用について詳しくは、「Windows Defender オフラインを使って PC を保護する」をご覧ください。

Windows Defender オフラインはいつ使用すればよいですか。


Windows Defender オフラインは、以下の場合に実行します。

  • ルートキットなどの非常に永続的なマルウェアがデバイス上にある場合、Windows Defender ウイルス対策によって検出され、Windows Defender オフラインを使用するよう警告されます。デバイスでマルウェアが検出されたため、オフラインでデバイスをスキャンしてそれを削除する必要があることを示す、メッセージが表示される場合があります。
  • セキュリティ ソフトウェアでは何も検出されず、それでもお使いのデバイスにマルウェアが潜んでいることが疑われる場合は、Windows Defender ウイルス対策の [設定] から、Windows Defender オフラインのスキャンを開始できます。スタートを選択し、[Windows Defender セキュリティ センター][ウイルスと脅威の防止][スキャンの履歴][高度なスキャン][Windows Defender オフライン][スキャンの実行] の順に選択します。



オフラインの高度なスキャン
 

スキャン結果はどこで確認できますか。


Windows Defender オフライン スキャンの結果を表示するには、スタート  ボタンを選択し、[Windows Defender セキュリティ センター][ウイルスと脅威の防止][スキャンの履歴][すべての履歴を表示する] を選択します。