2017 年 5 月 10 日 — KB4019472 (OS ビルド 14393.1198)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • KB3213986 と言語パックをインストールした後に、[PC の設定] ページに正しいオプションが表示されなくなる問題を修正しました。 

  • アプリが Graphics Device Interface (GDI) と GDI Plus のどちらを使用しているかによってフォントの表示が変わる問題を修正しました。 

  • msado15.dll を使用するアプリケーションが、セキュリティ更新プログラム KB4015550 をインストールした後に動作しなくなる問題を修正しました。 

  • ユーザーがエンドユーザー定義文字 (EUDC) を有効にしている場合、デバイスが応答しなくなる問題を修正しました。 
  • ユーザーが Virtual Desktop Agent (VDA) を使用してリモート セッションからログオフするたびに、デバイスがクラッシュする問題を修正しました。 
  • ディスプレイの拡大縮小設定を変更すると、日本語 IME の使用時に、DPI 対応ツール (メモ帳、MS ペイントなど) が入力または描画を正しく受け付けなくなる問題を修正しました。 
  • 実行可能ファイルがファイル共有上でホストされ、そのオフライン属性が設定されている場合、エクスプローラーの CPU 使用率が 20% になる問題を修正しました。 
  • 2 つの 2012 R2 サーバー間の Windows イベント転送から、サードパーティのセキュリティ情報およびイベント管理ソフトウェアと互換性がないとレポートされる問題を修正しました。 
  • BitLocker GPO が有効な場合でも、BitLocker ドライブ暗号化ウィザードに [使用する暗号化モードを選ぶ] ページが表示される問題を修正しました。
  • 証明書が失効しているバイナリを AppLocker でブロックできない問題を修正しました。
  • 仮想マシン (VM) がアドレス解決プロトコル パケットを 5 分間送信せず、VM がワイヤレス NIC に接続される場合、VM のネットワーク接続が切断される問題を修正しました。 
  • WAN カード (セルラー カード) が統合されているコンピューターの使用時に、VPN 接続が切断する問題を修正しました。 
  • チェック条件 "Illegal request, LUN not available (sense codes 05/25/00)" が発生した場合に、マルチパス I/O が適切にサービスを復元しない問題を修正しました。 
  • ユーザーがドメイン ユーザー名とパスワードを入力した後に、Stop 0x27 エラーが発生する問題を修正しました。 

  • [リムーバブル記憶域へのアクセス] に [書き込みアクセス権の拒否] が設定されている場合に、ユーザーが USB フラッシュ ドライブにフォルダーを作成できる問題を修正しました。  

  • 物理メモリが 750 GB を超え、Hyper-V が有効なシステムで、クラッシュ ダンプ生成が 0% で停止する問題を修正しました。  
  • ページング ファイル空間のリークが発生し、Windows のクラッシュ、ブルー スクリーン、またはデータの損失につながる問題を修正しました。
  • 更新された証明書の自動的な再バインドとディレクトリ サービス マッパーが有効な場合、Web サイトにアクセスできなくなる問題を修正しました。 
  • Services.exe がエラー コード “0xc0000374 - ヒープは壊れています” でクラッシュし、システムの再起動が必要になる問題を修正しました。 
  • ネットワークで規定されている Windows Defender ウイルス対策定義により、他の更新プログラム (LCU、ドライバー) がダウンロードされない問題を修正しました。 
  • Internet Explorer 11 で MHT ファイルにエクスポートするときに JavaScript ファイルが保存されない問題を修正しました。 
  • Include-Referer-Token-Binding-ID ヘッダーが “true” に設定されている場合に、Internet Explorer 11 でリダイレクトが実行されない問題を修正しました。 
  • Web アプリケーションからユーザーがときどきログアウトされる問題を修正しました。 
  • Internet Explorer 11 の [新規タブ ページ] を更新し、ニュースフィードを統合しました。 
  • SSL/TLS Server 認証用の SHA-1 Microsoft Edge および Internet Explorer 11 を廃止しました。 詳細については、アドバイザリ 4010323 を参照してください。

  • Windows シェル、エンタープライズ セキュリティ、Datacenter Networking、ストレージ ネットワーキング、インターネット インフォメーション サービス、Active Directory、クラスタリング、Windows Server、クライアント プラットフォーム、Internet Explorer に関するその他の問題を修正しました。
  • Windows COM、Windows SMB Server、Windows Server、Internet Explorer、Microsoft Edge のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

一部のアプリケーションでエンド ユーザー定義文字 (EUDC) が表示されない場合があります。

この問題の緩和策はまだありませんが、解決に取り組んでおり、準備が整い次第、ダウンロードできるようにする予定です。 

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、iSCSI ターゲットが使用できなくなった場合に、再接続の試行によってリークが起こる問題が発生します。 使用可能なターゲットへの新しい接続を開始すると、問題なく動作します。 マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、 今後のリリースで更新プログラムを提供します。 この問題の詳細については、以下のセクションを参照してください。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

  • 更新プログラムの置き換えに関する情報
    この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた更新プログラム KB4015217 が置き換えられます。
  • ファイル情報
    この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム KB4019472 のファイル情報をダウンロードしてください。