リモート アシスタンスを使って PC の問題を解決してもらう

適用対象: Windows 10

サポートを受ける

Windows リモート アシスタンスを使用すると、信頼できるユーザーが PC の操作を引き継ぎ、離れた場所からでも問題を解決できます。

  • タスク バーの検索ボックスに「リモート アシスタンス」と入力し、結果の一覧から [このコンピューターからのリモート アシスタンス招待の送信を許可] を選びます。
  • [リモート] タブで、[このコンピューターへのリモート アシスタンス接続を許可する] チェック ボックスをオンにし、[OK] を選びます。
    [このコンピューターへのリモート アシスタンス接続を許可する] チェック ボックスをオンにする必要があります。
  • タスク バーの検索ボックスにもう一度「リモート アシスタンス」と入力し、[招待を送って他のユーザーからサポートを受けたり相手にサポートを提供する] を選びます。
  • [信頼するヘルパーを招待します] を選びます。
    • 簡単接続を使ったことがない場合は、[簡単接続を使用する] を選びます。

    • 以前に簡単接続を使ったことがある場合、ヘルパーの連絡先の名前を選びます。連絡先一覧にないユーザーを招待するには、[信頼するヘルパーを招待します] を選びます。

  • 画面の指示に従います。

他のユーザーを助ける

簡単接続では、助ける相手のユーザーが一時的なパスワードを提供します。次に、このパスワードを使って、そのユーザーの PC に直接接続することができます。

  • 検索ボックスに「リモート アシスタンス」と入力し、[招待を送って他のユーザーからサポートを受けたり相手にサポートを提供する] を選びます。
  • [招待してくれた人を助けます] を選びます。
  • 次のいずれかの操作を行います。
    • 簡単接続を初めて使う場合は、[簡単接続を使用する] を選びます。

    • 以前に簡単接続を使ったことがある場合、助ける相手のユーザーの連絡先の名前を選びます。一覧にないユーザーを助けるには、[一覧にないユーザーを助ける] をタップまたはクリックします。

  • 画面の指示に従います。

代わりにクイック アシストを使う

クイック アシストは Windows 10 の新しいアプリです。これを使うと、リモート アシスタンスのように、リモート接続を通じてアシスタンスを受けたり提供したりできます。合理的で使いやすいクイック アシストを試してみることをお勧めします。

  • クイック アシストを開くには、[スタート] > [Windows アクセサリ] > [クイック アシスト] の順に選びます。