クイック アシストでリモート接続経由で PC の問題を解決する

適用対象: Windows 10

クイック アシストは、Windows 10 アプリです。クイック アシストを使用すると、信頼できるユーザーに PC の操作を引き継いで問題を解決することができます。この機能を使用するには、支援を提供する側のユーザーがクイック アシスト アプリを起動して取得した 6 桁のコードを、支援を受ける側のユーザーと共有する必要があります。 

  • 支援を提供する
    • [スタート]  > [Windows アクセサリ] > [クイック アシスト] の順に選択します (または [スタート]  ボタンを選択し、検索ボックスに「クイック アシスト」と入力して、結果の一覧から [クイック アシスト] を選択します)。 
    • [他のユーザーを支援する] を選択し、支援を受ける側のユーザーに 6 桁のコードを送信します。
    • 支援を受ける側のユーザーがコードを入力したら、[完全に制御する] または [画面を表示する] のいずれかを選択します。
    • [続行] を選択し、支援を受ける側のユーザーが接続を許可するのを待ちます。 
  • 支援を受ける
    • [スタート]  > [Windows アクセサリ] > [クイック アシスト] の順に選択します (または [スタート]  ボタンを選択し、検索ボックスに「クイック アシスト」と入力して、結果の一覧から [クイック アシスト] を選択します)。 
    • [アシスタントからのコード] ボックスに、付与された 6 桁のコードを入力し、[画面の共有] を選択します。
    • 支援を提供する側のユーザーを待機し、表示されるウィンドウで [許可] を選択します。