Windows 7 または Windows 8.1 に戻す


最近 Windows 10 にアップグレードした後、Windows 7 または Windows 8.1 に戻そうとしている場合は、ここで説明する方法を試すことができます。ただし、コンピューターの購入時に Windows 10 がインストールされていた場合、そのコンピューターには以前のバージョンの Windows がありません。このような状況で Windows 7 または Windows 8.1 に戻すことはできません。

  • [スタート]  ボタン、[設定] [更新とセキュリティ] [回復] の順に選択します。[前のバージョンの Windows 10 に戻す][Windows 8.1 に戻す]、または [Windows 7 に戻す] の下にある [開始する] を選択します。画面の指示に従って操作すると、個人用ファイルを保持したまま、アップグレード後にインストールしたアプリとドライバー、および設定に加えた変更を削除できます。前のバージョンの Windows 10 に戻すオプションを使用できるのは、アップグレード後の一定期間 (ほとんどの場合は 10 日間) だけです。
  • PC を出荷時の設定に戻してみます。これにより、PC に Windows 8.1 または Windows 7 が付属していた場合は、元のオペレーティング システムが再インストールされます。また、個人用ファイル、アプリ、ユーザーがインストールしたドライバーと、設定に加えた変更も削除されます。[設定] [更新とセキュリティ] [回復][この PC を初期状態に戻す][開始する] の順に移動し、[出荷時の設定に戻す] を選択します。
  • 以前のバージョンの Windows のプロダクト キーをお持ちの場合は、メディア作成ツールを使って Windows 8.1 または Windows 7 のインストール メディアを作成し、Windows のクリーン インストールを実行します。キーを見つける方法については、「Windows のプロダクト キーを探す」をご覧ください。
  • 10 日間のロールバック期間を過ぎている場合や、ロールバックよりも Windows 10 インストールの修復を求めている場合は、「Windows 10 を初期状態に戻す、または再インストールする」の手順に従います。