Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化


別のファイアウォールが有効になっていても、Windows Defender ファイアウォールをオンにすることが重要です。これにより、不正なアクセスから保護することができます。

  • Windows Defender ファイアウォールを有効にする
    • [スタート]  ボタンを選択します。
    • [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ファイアウォールとネットワーク保護] の順に選択します。
    • ネットワーク プロファイルを選択します。
    • [Windows Defender ファイアウォール] で、設定を [オン] に切り替えます。使っているデバイスがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定によって、これらの手順を完了できないことがあります。詳細については、管理者にお問い合わせください。
  • 注意: エラーが発生する場合、または設定が有効にならない場合は、トラブルシューティング ツールを使用してもう一度やり直すことができます。
    Windows セキュリティでの Windows Defender ファイアウォール設定
  • Windows Defender ファイアウォールを無効にする
    • [スタート]  ボタンを選択します。
    • [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ファイアウォールとネットワーク保護] の順に選択します。
    • ネットワーク プロファイルを選択します。
    • [Windows Defender ファイアウォール] で、設定を [オフ] に切り替えます。Windows Defender ファイアウォールを無効にすると、デバイスやネットワーク (ある場合) が、不正アクセスの攻撃を受けやすくなります。ブロックされているアプリを使用する必要がある場合は、ファイアウォールを無効にするのではなく、ファイアウォールを経由できるようにします。
  • ファイアウォールによるアプリケーションの許可
    • [スタート]  ボタンを選択します。
    • [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ファイアウォールとネットワーク保護] の順に選択します。
    • [ファイアウォールによるアプリケーションの許可] を選択します。
    • 許可するアプリを選択します。
    • [OK] を選択します。