2017 年 11 月 15 日 — KB4048954 (OS ビルド 15063.726 および 15063.728)

適用対象: Windows 10, version 1703

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Microsoft JET データベース エンジンに基づくアプリケーション (Microsoft Access 2007 以前または Microsoft 製以外のアプリケーション) が Microsoft Excel .xls ファイルを作成するときまたは開くときに失敗することがある問題を修正しました。 エラー メッセージ “外部データベース ドライバー (1) で予期しないエラーが発生しました。 (Microsoft JET データベース エンジン)" が表示されます。
  • Windows 10 1703 クライアントから Windows Server 2008 R2 への RDP 接続が、 "内部エラーが発生しました" というエラーで失敗する問題を修正しました。 この問題は、サーバーが RemoteFX モードで構成されている場合に発生します。 黒、または正常ではない色の画面が表示されることもあります。
  • OS のアップグレード後に、コントロール パネルの同期センター アプレットでオフライン スケジュールを設定すると失敗する問題を修正しました。 エラー メッセージ "同期センター エラー。 同期スケジュールの表示注にエラーが発生しました。 エラー: 0x80070005。 アクセスが拒否されました。" が表示されます。
  • グループ ポリシーまたはスクリプトを使用して RemoteApp およびデスクトップ接続を設定すると、設定の適用に失敗する問題を修正しました。
  • 仮想スマート カードがトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) の脆弱性を正しく評価しない問題を修正しました。
  • Windows 情報保護が有効なファイル サーバーから Microsoft Office ファイルを開くと、 “ドキュメント xxxx を開けませんでした” というエラーで失敗する問題を修正しました。
  • FDVDenyWriteAccess ポリシーを使用するときに、Windows で BitLocker 暗号化が完了した後でも、ドライブの書き込み禁止が継続される問題を修正しました。
  • Surface Hub デバイスがプロキシ サーバーの背後にある場合に、Azure Active Directory に接続してログオンできない問題を修正しました。
  • Windows Phone で一時ファイルを消去しようとすると、エラー コード “E_FAIL” が発生する問題を修正しました。
  • Microsoft Designer キーボードでファンクション キーが動作しなくなる問題を修正しました。
  • JavaScript を使用して構築された最近のアプリケーションが初期化に失敗する問題を修正しました。
  • スレッドが Windows メッセージを処理していないウィンドウで呼び出されると、GetWindowLong が失敗することがある問題を修正しました。
  • KB4038788 をインストールし、再起動した後に、カーソルのみの黒い画面が表示され、正常にログインするには再起動が必要な問題を修正しました。
  • Internet Explorer で、イントラネット サイトがインターネット サイトとして扱われていた問題を修正しました。
  • 内部プロセスの起動時に発生する Microsoft Edge のメモリ リークを修正しました。
  • Windows PE システムの HTML ダイアログの起動に関する問題を修正しました。
  • Microsoft Edge が応答しなくなることがあるスクロールに関する問題を修正しました。
  • 大きなフォントサイズ設定を使用するコンピューターで Internet Explorer がクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • クラウドバックの Web サービス サイトから PDF ファイルを開くときに、PDF ダウンロードの進行状況バーが止まる問題を修正しました。
  • JavaScript と asm.js を使用するユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションが動作しなくなり、再インストールが必要になる問題を修正しました。

  • ユーザーが同じネットワークに接続しようとしたときに (ウィンドウの外をクリックするなどして) サインイン ダイアログを意図せずに閉じて、その後にサインイン ダイアログが表示されなくなるネットワークのフライアウトの問題を修正しました。

  • Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Windows カーネル、Windows カーネルモード ドライバー、Microsoft Graphics コンポーネント、Microsoft Windows Search Component、および Windows Media Player のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この KB をインストールした後、SQL Server Reporting Services (SSRS) を使用している Internet Explorer 11 ユーザーは、スクロール バーを使用してドロップダウン メニューをスクロールできなくなることがあります。

この問題は KB4053580 で解決されています。

x86 および x64 ベース システムにこの更新プログラムをインストールすると、Epson SIDM (Dot Matrix) および TM (POS) プリンターで印刷できなくなることがあります。

この問題は KB4055254 で解決されています。

Current Branch for Business (CBB) 上の Windows Pro デバイスが予期せずアップグレードします。 この問題は KB4053580 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4048954 のファイル情報をダウンロードしてください。