数式エディター 3.0 を無効にする方法

適用対象: Office Professional 2016Office Standard 2016Microsoft Office 2013 Service Pack 1 詳細

概要


手動でレジストリ エントリを作成し、設定することで、Office とワードパッドで数式エディターを無効にする方法について説明します。 

詳細情報


数式エディター (Microsoft 数式 3.0) は、Office 2007 より前のバージョンで作成された数式との互換性のために、Microsoft Office に含まれているコンポーネントです。 Microsoft Office 用のレジストリ エントリを手動で作成し、設定すると、数式エディター コンポーネントを無効にすることができます。 無効にすると、一部の数式オブジェクトが正しく機能しなくなり、使用できなくなることがあります。

次の情報を参考にして、レジストリ エントリの作成と設定を行ってください。 

警告: レジストリ エディターの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。 マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用ください。 レジストリの編集方法の詳細については、レジストリ エディタ (Regedit.exe) のヘルプの「キーおよび値を変更する」、または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ情報の追加と削除」と「レジストリを編集する」を参照してください。

Microsoft Office (Word、Excel、PowerPoint、Publisher、Outlook、Visio) とワードパッド

 

Office のバージョン

レジストリ サブキー

Office 2007 以降

次のレジストリ サブキーの DWORD 値を変更します。 

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Common\COM Compatibility\{0002CE02-0000-0000-C000-000000000046}]

"Compatibility Flags"=dword:00000400

次の エントリを削除します。 

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0002CE02-0000-0000-C000-000000000046}]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Equation.3]

Office 2007 以降、x64 Windows 上の x86 Office 

次のレジストリ サブキーの DWORD 値を変更します。 

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\Common\COM Compatibility\{0002CE02-0000-0000-C000-000000000046}]

"Compatibility Flags"=dword:00000400

次のエントリを削除します。 

[HKEY_CLASSES_ROOT\WOW6432Node\CLSID\{0002CE02-0000-0000-C000-000000000046}]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Equation.3]

 

数式エディター コンポーネントの削除の影響

次の表は、レジストリ サブキーが有効で、数式エディターが無効な場合に表示されるメッセージの一覧です。  Microsoft Office 2007 と他のバージョンの Office ではメッセージに違いがあります。

Office のバージョン

実行する手順

メッセージ

Office 2016、2013、2010

数式エディター 3.0 オブジェクトをダブルクリックして編集する

数式エディター 3.0 オブジェクトを右クリックして編集する

"このファイルには、ポリシー設定が原因で無効になっているオブジェクトがあります" というメッセージが表示されます。

Office 2016、2013、2010

[挿入] > [オブジェクト] > [数式エディター 3.0]  

"このオブジェクトは、ポリシー設定が原因で挿入できません。"

Office 2007

数式エディター 3.0 オブジェクトをダブルクリックして編集する

数式エディター 3.0 オブジェクトを右クリックして編集する

"リンクされている外部の OLE ファイルへの参照がブロックされました。"

Office 2007

[挿入] > [オブジェクト] > [数式エディター 3.0]  

"文書のこの場所にこのコンポーネントを挿入することはできません。"

 

数式エディター コンポーネントを再度有効にする方法

数式エディターを再度有効にするには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. レジストリ エディターでレジストリ サブキーを削除します。
  2. コントロール パネルで、インストールされている Office を修復します。   「Office アプリケーションを修復する」を参照してください。
     

Office のバージョン

レジストリ サブキー

Office 2007 以降のバージョン

次のエントリを削除します。 

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Common\COM Compatibility\{0002CE02-0000-0000-C000-000000000046}]

インストールされている Office を修復します。

Office 2007 以降、x64 Windows 上の x86 Office 

次のエントリを削除します。 

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\Common\COM Compatibility\{0002CE02-0000-0000-C000-000000000046}]

インストールされている Office を修復します。