2018 年 2 月 14 日 — KB4074588 (OS ビルド 16299.248)

適用対象: Windows 10, version 1709

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 閲覧と検索の履歴が保護者に送信されている場合でも、子供のアカウントから ARM デバイスの InPrivate モードにアクセスできる問題を修正します。 この問題は、Microsoft ファミリー サービスを使用して管理され、保護者がアクティビティ レポートを有効にしている子供に属する Microsoft アカウントでのみ発生します。 Microsoft Edge と Internet Explorer に適用されます。
  • Internet Explorer ウィンドウのドッキングとドッキング解除に関する問題を修正します。 

  • アプリケーションの入力ボックスで Del キーを押すと新しい行が挿入される Internet Explorer の問題を修正します。

  • 特定の状況で選択された要素が更新されない Internet Explorer の問題を修正します。

  • Microsoft Edge でサードパーティのアカウント資格情報を使用しているときに、一部のユーザーが一部の Web サイトにログインできない問題を修正します。

  • タイム ゾーン情報を更新します。
  • 更新中に発生するブラウザーの互換表示設定に関する問題を修正します。
  • 特定のハードウェア構成で、DirectX Games のフレーム レートが意図せずにディスプレイの垂直同期の倍数に制限されていた問題を修正します。
  • Alt キーと Shift キーを押しながらキーボードの言語を切り替えるときに遅延が発生する問題を修正します。
  • 再起動後にサラウンド サウンドのオーディオ エンドポイントがステレオに戻る問題を修正します。
  • 再接続のシナリオで、特定の Bluetooth キーボードでキーのドロップが発生する状況を改善し、軽減します。
  • バッテリ レベルの状態が誤って報告されるデバイスのマウスの遅延を修正します。
  • Windows Defender アプリケーション コントロール (Device Guard) が有効な場合に、サービス、ローカル ポリシー管理、プリンター管理などの MMC アプリケーション スナップインが実行される問題を修正します。 エラーは、"オブジェクトはこのプロパティまたはメソッドをサポートしません" です。
  • テスト署名が有効な場合に、Windows セットアップの実稼働前の Onesettings エンドポイントを使用できないようにします。
  • アクティブ化された Hyper-V ホスト上で、Automated Virtual Machine Activation (AVMA) 機能を使用して Windows Server バージョン 1709 のインストールが自動的にアクティブ化されない問題を修正します。
  • UEV の自動登録受信トレイ テンプレート機能で、スケジュールされたタスクに適切なトリガーがない問題を修正します。

  • グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用してポリシーが設定されるときに、App-V クライアントが SyncOnBatteriesEnabled のポリシーを読み取らない問題を修正します。

  • グループ ポリシー エディターで [App-V Client を有効にします] ポリシーの [サポートされるバージョン] フィールドが空白になる問題を修正します。 

  • 一部の App-V パッケージが接続グループに属している場合、レジストリ内のユーザーのハイブ データが正しく維持されない問題を修正します。

  • 単一のパッケージに複数の構成ファイルがある場合、管理者が App-V パッケージに適した構成を選択するなどのアクションを実行できるように、追加のログを提供します。

  • カーネル コンテナーを使用してレジストリの仮想化と互換性のない App-V パッケージに関する問題を修正します。 この問題を修正するために、既定で以前の (コンテナーではない) 方法を使用するようにレジストリの仮想化を変更しました。 レジストリの仮想化に新しい (カーネル コンテナー) 方法を使用する場合は、次のレジストリ値を 1 に設定して切り替えることができます。

    • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\AppV\Client\Compatibility
    • 設定: ContainerRegistryEnabled
    • データ型: DWORD
  • タッチまたはスタイラス対応システムで実行されている WPF アプリケーションが、タッチ操作をしない状態でしばらく経つと、動作しなくなる、または応答しなくなることがある問題を修正します。
  • Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Internet Explorer、Microsoft Windows Search コンポーネント、Windows カーネル、Windows Authentication、Device Guard、共通ログ ファイル システム ドライバー、Windows ストレージおよびファイル システムのセキュリティ更新プログラム。 

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、『セキュリティ更新プログラム ガイド』を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
Windows Update の履歴で、エラー 0x80070643 により KB4054517 のインストールに失敗したと報告されます。

更新プログラムが正常にインストールされた場合でも、Windows Update によって、更新プログラムのインストールが失敗したと誤って報告されます。 [更新プログラムの確認] を選択して、追加の利用可能な更新プログラムがないかを確認します。 

タスクバーの検索ボックスに PC の型番を入力して、お使いのデバイスが対象の OS ビルドを使用しているかどうかを確認することもできます。 

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正プログラムは、ウイルス対策 ISV が ALLOW REGKEY を更新したコンピューターにのみ適用されます。

この問題は KB4088776 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、ノート PC の内蔵カメラ、キーボード、マウスなど、一部の USB デバイスやオンボード デバイスが機能しなくなることがあります。  Windows 更新プログラム サービス スタックで、累積的な更新プログラムに含まれる新しいバージョンの重要なドライバーについて、一部のインストールが誤ってスキップされ、メンテナンス時に現在アクティブなドライバーがアンインストールされる場合に、この問題が発生することがあります。 

この問題は KB4090913 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、一部のデバイスが INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE でブートに失敗することがあります。

Windows 更新プログラム サービス スタックで、累積的な更新プログラムに含まれる新しいバージョンの重要なドライバーについて、一部のインストールが誤ってスキップされ、メンテナンス時に現在アクティブなドライバーがアンインストールされる場合に、この問題が発生します。 

この問題は KB4090913 で解決されています。

再起動後に WID AD FS データベースが使用できなくなる AD FS サーバーの問題が原因で、AD FS サービスが起動に失敗することがあります。 この問題は KB4088776 で解決されています。
2018 年 1 月の差分パッケージをインストールした Windows 10 バージョン 1709 Enterprise をお使いの場合、2018 年 2 月および 3 月の更新プログラムを Microsoft Update カタログからインストールする際にエラーの問題が発生する可能性があります。 特に、Windows 10 バージョン 1709 の 2 月の差分更新プログラムは、エラーが表示されずに失敗することがあります。

マイクロソフトはこの問題を認識しており、2018 年 3 月 14 日に Microsoft カタログの次の Windows 10 バージョン 1709 の差分更新プログラム KB を期限切れにしました。

KB4056892 – 2018 年 1 月

KB4074588 – 2018 年 2 月

KB4088776 – 2018 年 3 月

マイクロソフトでは、Windows 10 バージョン 1709 の 1 月の KB4056892 差分更新プログラム パッケージをアンインストールし、2018 年 3 月の最新の累積的な更新プログラム KB4088776 をインストールすることをお勧めします。 差分更新プログラム パッケージの提供は、2018 年 4 月の Windows 10 バージョン 1709 のマンスリー累計更新プログラムから再開される予定です。

この更新プログラムをインストールすると、以前は機能していたポートをアプリケーションで予約またはバインドできなくなることがあります。

この問題を解決するには、次の回避策を実行してください。

バインドまたは予約するポートが、コンテナー ホストで既に予約されているかどうかを確認します。 たとえば、次のように netsh を使用して確認できます。    

netsh interface ipv4 show excludedportrange protocol=tcp

 
ポートが予約されていない場合は、使用することができます。 予約済みの場合は、別のポートを選択します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4074588 のファイル情報をダウンロードしてください。