2018 年 2 月 14 日 — KB4074590 (OS ビルド 14393.2068)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Microsoft Edge から Internet Explorer にリダイレクトするために、エンタープライズ モード サイト リストを使用して開かれたリンクに含まれているフラグメント ID に関する問題を修正します。

  • Internet Explorer のグラフィック要素のレンダリングに関する問題を修正します。 

  • Internet Explorer が動作を停止する原因となることもあったスクリプトに関する問題を修正します。

  • アプリケーションの入力ボックスで Del キーを押すと新しい行が挿入される Internet Explorer の問題を修正します。

  • Microsoft Edge でサードパーティのアカウント資格情報を使用しているときに、一部のユーザーが一部の Web サイトにログインできない問題を修正します。

  • 更新中に発生するブラウザーの互換表示設定に関する問題を修正します。

  • タイム ゾーン情報を更新します。

  • CVE-2017-5715 ブランチ ターゲット インジェクションの脆弱性に対処するために Microsoft HoloLens の CPU マイクロコードを更新します。 この HoloLens 用 KB をインストールすると、関連するすべての OS とマイクロコードの更新プログラムが適用されます。 詳細については、アドバイザリ 180002 を参照してください。

  • 必要な CRL サーバーにアクセスできないネットワーキング環境が原因で、UTC を使用してテレメトリ データをアップロードできない問題を修正します。

  • Windows Defender アプリケーション コントロール (Device Guard) が有効な場合に、サービス、ローカル ポリシー管理、プリンター管理などの MMC アプリケーション スナップインが実行される問題を修正します。 エラーは、"オブジェクトはこのプロパティまたはメソッドをサポートしません" です。 

  • 入出力要求の調整中に MPIO のフェールオーバーが発生した場合、使用可能なすべてのパスが失敗する可能性がある問題を修正します。

  • IIS を実行しているときにアプリケーション プールの CPU が調整される問題を修正します。

  • SMB サーバーに KB4057142 または KB4056890 をインストールした後、サーバーでホストされているディレクトリ ジャンクション ポイントまたはボリューム マウント ポイントのファイルにアクセスすると、失敗することがあります。 エラーは “ERROR_INVALID_REPARSE_DATA” です。 たとえば、次のような現象が発生する可能性があります。

  • ドメイン コントローラーにこの更新プログラムをインストールした後に、GPMC または AGPM 4.0 を使用して一部のグループ ポリシーを編集しようとすると、エラー "再解析ポイント バッファーにあるデータは無効です。 (HRESULT からの例外: 0x80071128)" で失敗することがあります。

  • Microsoft Edge、Internet Explorer、Adobe Flash Player、Microsoft Windows Search コンポーネント、Windows カーネル、Device Guard、共通ログ ファイル システム ドライバー、Windows ストレージおよびファイル システムのセキュリティ更新プログラム。

注: Windows Server 2016 の高速インストール ファイルでは、この更新プログラムを使用できません。 

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正プログラムは、ウイルス対策 ISV が ALLOW REGKEY を更新したコンピューターにのみ適用されます。

この問題は KB4088787 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、Credential Guard が有効なサーバーが、"システム プロセス 'lsass.exe' は、状態コード 1073740791 で突然終了しました。 システムをシャットダウンし、再起動します" というエラーで突然再起動することがあります。

アプリケーション ログのイベント ID 1000 には次のように表示されます。

'C:\windows\system32\lsass.exe' は、状態コード 1073740791 で突然終了しました

障害が発生しているアプリケーション: lsass.exe、バージョン: 10.0.14393.1770、タイム スタンプ: 0x59bf2fb2

障害が発生しているモジュール: ntdll.dll、バージョン: 10.0.14393.1715、タイム スタンプ: 0x59b0d03e

例外: 0xc0000409

この問題は KB4077525 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、以前は機能していたポートをアプリケーションで予約またはバインドできなくなることがあります。

この問題を解決するには、次の回避策を実行してください。

バインドまたは予約するポートが、コンテナー ホストで既に予約されているかどうかを確認します。 たとえば、次のように netsh を使用して確認できます。   

netsh interface ipv4 show excludedportrange protocol=tcp

 
ポートが予約されていない場合は、使用することができます。 予約済みの場合は、別のポートを選択します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4074590 のファイル情報をダウンロードしてください。